世界が輝いている・・・ - ★★★ふくいてるこの催眠療法(ヒプノセラピー)・イメージ療法

HOME > からだ・こころ・自分 > 世界が輝いている・・・

世界が輝いている・・・

2014年11月18日

どういうわけか、この一節が心に残っています。

時折、ふと浮かんでくるのは何故なんでしょう・・・


「私は皆が病室から去ったあと、カーテンを開けました。駐車場が眼下に見えます。
何台かの車が出入りし、急ぎ足で車から去ってくる人が見えます。バス亭でバスを待つ人々もいます。
私には、それらすべてが、私と全く異種の、まるで異星人でも見ているような感覚に陥っていました。
あの人たちは私とは違う。あの人たちは、生きたい所へ自分の足で歩いていける、走ることもできる、
階段も昇れる。けれども、私はもう、あの人たちとは違うのだ。情けない思いでした。」


「その夕刻、自分のアパートの駐車場に車をとめながら、私は不思議な光景を見ていました。世の中が
輝いてみえるのです。スーパーに来る買い物客が輝いている。走り回る子供たちが輝いている。犬が、
垂れ始めた稲穂が雑草が、電柱が、小石までが美しく輝いてみえるのです。アパートに戻って見た
妻もまた、手を合わせたいほど尊くみえたのでした。」

これは、若くして悪性腫瘍で足を切断し、再発、肺に転移して亡くなった井村さんという医師の

「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ」の一節です。

再発がわかった日、自宅アパートに帰りつくと、すべてのものが輝いていた、、、その一節が

ずっとずっと頭に残っていました。

あまりにも不思議だけれど、その心情のリアルさがいっそう伝わってきます。

私もいつか、キラキラを見るのでしょうか?

いや、、、もう見ているかもしれません。

日常は、あまりにも固定観念が強すぎて、

世界の本来の輝きを正確に認識していないだけかもしれません。

生死の淵に立つと、今までの観念が外れ、本当の世界の姿が立ち現われるのかもしれないです。


お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop



ふくいてるこの
催眠療法(ヒプノセラピー)
  • 〒167-0032
    東京都杉並区天沼3-2-18