「命は、神様に預かってもらいなさい!」 - ★★★ふくいてるこの催眠療法(ヒプノセラピー)・イメージ療法

HOME > からだ・こころ・自分 > 「命は、神様に預かってもらいなさい!」

「命は、神様に預かってもらいなさい!」

2014年12月06日

今日は、夫にカミナリを落としました。

後ろ向きな投げやりなエネルギーが伝わってきたからです。

そこで、一発ドカーンとやりました!


「命は、神様に預かってもらいなさい!」

私の口から、こんな言葉が出てきました。我ながら驚きました。

「人間誰だって、死ぬ時は死ぬ。生きるも死ぬも神様(天)にまかせて、

気持ちが開放的になるようにだけ考えなさい!」←身内なので厳しい口調ですね、、、

私は、特定の信仰を持っているわけではありません。

よって、神様というのは、「自然の摂理」や「宇宙の法則」のようなものです。

村上和雄先生のいう「サムシング・グレート(大いなる何か偉大なもの)」です。

生まれてきたのも、自分の意志ではありません。

いつの間にか、おぎゃーとこの世に出てきてしまったのです。

ならば、死ぬのも自分の意志ではできません(自殺は別ですが)。

もう、神様や天に任せるしかないのです。

誰だって本当は、そうなのです。

自分は、助かるのか助からないのか、、、考えたくなりますが、

それが、苦しみを増すのです。

そして、考えても死ぬ時は死ぬのです。


もう、命は神様(天)に預けたほうが、楽に生きられるのではないですか?

命は、きっと個人のものではないのです。

それを自分のものだ、自分がなんとかしなくちゃ、自分がなんとかできる、、、

そう思うと、どんどん苦しくなるのです。

自分の命を天に預けたら、私は開放的になりました。

いつかは、天にお返しするのですから、今預かってもらってもいいじゃありませんか?

預かってもらっても、何の不都合もありません。

自由になって、楽になれますよ。


お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop



ふくいてるこの
催眠療法(ヒプノセラピー)
  • 〒167-0032
    東京都杉並区天沼3-2-18