癌見つかる 6 - ★★★ふくいてるこの催眠療法(ヒプノセラピー)・イメージ療法

HOME > からだ・こころ・自分 > 癌見つかる 6

癌見つかる 6

2014年04月16日

「フライングしないようにしないとね。

急いで手術したらたいへんなことになる。

慎重に術前の検査をやっていきます。」

たぶん、グリオーマに関して日本でいちばんの名医と言われる主治医が言った。

夫の悪性脳腫瘍は、右側頭部の海馬付近にあった。

大きさは4センチ以上はあった(正確には、4×5×3,5という感じだった)

何がフライングしちゃいけないかというと、

取り過ぎると、重篤な後遺症が出る部分だからだそうだ。

海馬といえば、認知症に関係する部分だ。

短期記憶(さっき言ったことをすぐ忘れるっていうやつ)、

それから、相貌失認(相手の表情から、感情を読み取れなくなったり、

はては、誰を見ても同じ顔に見えるというか、誰が誰やらわからなくなる!)

たいへんに、ヤバイ場所なのだ。

しかも、目は確実に両眼とも、半盲か1/4盲になる、、、。


それだけじゃないんだよー。


夫は、生後7カ月の時に階段から転げ落ちて、

左脳が壊死している。

その後遺症で、右半身が片麻痺で、言語障害による吃音なのだ。

つまり、今だって、障害者手帳を頂いている障害者なんだ。

それなのに、それなのに、、、、、、

今度は右脳がやられるんですか、神様!


夫は、だるまになっちゃうよ。

悪い冗談は、よして下さい、神様ー。


人生にこんなピンチがやってくるとは思ってもみなかったよ、、、。

私たち夫婦が、どんな悪いことしたっていうんだ。

ただひたすら真面目に鍼灸師と柔道整復師をやってきただけ。

たくさんの人の身体を治すお手伝いをしてきただけなのに、、、、。



お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop



ふくいてるこの
催眠療法(ヒプノセラピー)
  • 〒167-0032
    東京都杉並区天沼3-2-18