ヒプノセラピーの不思議 - ★★★ふくいてるこの催眠療法(ヒプノセラピー)・イメージ療法

HOME > からだ・こころ・自分 > ヒプノセラピーの不思議

ヒプノセラピーの不思議

2014年04月25日

私は、いまだにヒプノセラピー(催眠療法)の全貌がわからないんです。

まったくもって不思議なんです。


ある方と、セッションの交換をしていました。

つまり、セラピスト役とクライアント役を交代交代で

やっていたのです。

私が、セラピスト役の時、

クライアントの方が、ご自身のハイアーセルフと

出会っていました。

荘厳な様子でした。

なぜか、その時甘い匂いが漂い始めたのです。


ん?


クライアントが「甘い匂いがする!」と言った瞬間

私も感じていました。

誰か、シナモンロールを作っているのかな?

微かなシナモンとお砂糖のような甘い香りが上のほうに

漂っているのです。

しばらく、ハイアーセルフとの対話中は匂いに包まれていました。


クライアントだけが感じるならわかりますが、

私まで匂うなんて、不思議ですね、、、。


でも、その時のことを思い返すと

なぜか、また甘い香りがしてくるのです、、、、。

あのクライアントさんの高次の存在は、匂い付きなんですね!


お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop



ふくいてるこの
催眠療法(ヒプノセラピー)
  • 〒167-0032
    東京都杉並区天沼3-2-18