感想と体験談 - ★★★ふくいてるこの催眠療法(ヒプノセラピー)・イメージ療法

HOME > 感想と体験談

感想と体験談

手の震えと暗い蔵

2014年07月28日 [記事URL]

N様  東京  40代


<催眠療法を受けた理由>


私には克服したいことがあります。
それは緊張すると震えること。特に手の震え。
なぜ、そんなに震えるのか?
催眠療法でその理由を探してみようと考えました。

続きを読む

<実際のセッション>


セラピーの最初は、セラピストの誘導でリラックス度が増し、
体の重みと意識の拡大を感じ始めました。


その後、幼児退行に移り、楽しかった事、辛かった事の記憶が
引き出されました。辛かった事として、幼い頃に悪さをして
暗い蔵に閉じ込められた事を思い出しました。
暗くて何も見えない、何が潜んでいるかわからない、怖い、早く出たい!
セラピストの誘導で私を閉じ込めた親に思いを伝え、
また閉じ込めた親の思いも聞き、気持ちは落ち着きました。


しかし、暗い蔵の存在が大きく心を占めていることをセラピストに伝えると、
「窓を作れますが、どうしますか?」と言われたので、
早速大きな窓を作ったところ、外の光が入って大変明るくなり、
外も中もよく見え、居心地の良い空間に生まれ変わったのです。
暗くて怖い蔵だと思われて悲しそうな蔵だったけど、私の蔵への印象が
変わったことを蔵は喜んでいる気がしました。

すっかり、手の震えという課題を忘れていた私ですが、その後以下の
セラピストとのやり取りを交わしました。
(自分の返答にびっくりです!)

セラピスト 「手は何か言っていますか?」
私     「もっと使って欲しいと言っています。」
セラピスト 「震える理由は?」
私     「あまり動かさないから緊張する。武者震いです。って」

手の震えに対し、私の潜在意識にどんな言葉(暗示文)がいいかを質問すると
「よしよししようね。」でした。
私自身が手に対し、「よしよし」と可愛がり、
私の手が触れる全ての存在に対しても「よしよし」する
イメージが広がりました。

セラピーを振り返ると、暗くて見えない、怖くて不安な蔵の存在と
手の震えがリンクしているような気がしました。
蔵が生まれ変わったので、実生活でも変化がある予感。


<セラピーを受けて2カ月後>


セラピー直後は、自分の手を一つの意識体として、手の気持ちをキャッチして
いきたいと思いました。今は、手を「よしよし」と可愛がるより、
「ありがとうね」という言葉をかけることが多いです。


手の震えは時々ありますが、その時は手が触れる存在を「木」と思うように
なりました。そう思うとすごく落ち着くのです。
木は私にとって大事な存在なのです。


子宮頚がんとインナーチャイルド

2014年07月10日 [記事URL]

N・T様  30代   女性  

●ヒプノセラピーを受けようと思った動機


数年前にも受けたことがあったのですが、今年子宮頚がんであることがわかり、
がんをつくった原因は自分の心の問題だと思い、ヒプノセラピーを受けようと
思いました。

続きを読む

●内容

子どもの頃の辛かった時のこと:

私が記憶している一番小さい時のことで、母親にひどく怒られた時のことでした。
手づくりの巾着袋を私にくれたご近所の方に「ありがとう」と言えず、母に「あ
りがとうってちゃんと言いなさい」と言われても言えませんでした。


母は「その方にありがとうと言えるまではご飯は食べれないよ」と言い、私は玄関で一人
泣きじゃくりました。そしてその方に母が電話して、私は泣きながら「ありがとう」と
言った(言わされた)のを覚えています。


その時の子どもの私に入って、どうして言えなかったか聞くと、「恥ずかしい」
と答えて、もじもじしている子どもの私がいました。


次に、その時の母に入ると、「あいさつは絶対できないといけない。大人になっ
てあいさつができないと困る、とパパ(私の父親)からも言われて いる」と言
いました。


その時の私の気持ちはさみしい、不安、心細い、どうしてできないんだろう(し
なきゃいけないことはわかるのにできない)・・・というような気持ちでした。


大人の私が、子どもの私に会いに行って、「大丈夫だよ」と声をかけ、抱きしめ
ました。「ずっとそばにいるよ」と言って、さみしくて胸がキューっとなって
いる子どもの私に「楽しいことをしよう」と言いました。


2人で森へ行き、小川の流れる森林の中で、大きく深呼吸し、気持ちよく感じま
した。木漏れ日の中で子どもの私も気持ちよさそうで笑っています。


川の水に手を入れて、おたまじゃくしを追っかて、子どもの私はきゃっきゃっと
はしゃいでいます。石の下に沢ガニもいます。
「あっちにもこっちにもカニさんがいるね」と話しかけたり、「お腹がすいた
ね」と言って、2人で川岸に座り、持ってきた手づくりのおにぎりを2つ食べま
した。お腹もいっぱいになり次は何をしようか?と考えて、次は小さな山を2人
で登りました。


ハーハー言いながら土の斜面を歩き、頂上に着きました。頂上には2人きりで、
そこからの視界は何も見えませんが、吹きぬける風がとても爽快で 清々しい気
持ちです。


「やったね。頂上まで来たんだね」と言い、子どもの私も嬉しそうに
にこにこしています。山を下りたら、2人であんみつを 食べよう、と思って、子
どもの私がわくわくして、笑顔になるようなことを思い描きました。
これからも毎日子どもの私に話しかけて、一緒に楽しいことをしようと思いました。

インナードクターとの対面:

インナードクターは白衣を着た50~60代くらいの女性で、穏やかで明るい表情を
しています。
「私の病気は治りますか?」と聞くと、「わからない」と言われました。
「生きるのが苦しい」と言うと、「大丈夫」と言われました。


●ヒプノセラピーを受けてからの変化


日常的に、子どもの自分に話しかけをしています。
自分自身では今何がしたいのか、何が食べたいのか、よくわからないとき、子ど
もの自分に聞いてみて、「緑のあるところに行きたいんだ」とか 「甘いものが
食べたいんだ」と自分の中で感じます。
公園に出かけて、子どもの自分と2人で歩きながら話をし、子どもの自分が喜ん
でいるか、安心しているか、ということを感じます。


子どもの頃の私は「しないといけないと頭でわかっているのに、できない。言葉
を発することができない。 気持ちを伝えることができない」ということで、
ずっと自分を苦しめ、悩んできたと思います。


これは、もっと幼少の時や、胎児の時に何かあるのか?もって生まれた気質、と
言っても、何でそうなんだろう?と思ってしまいます。プレ保育の 時(3歳)、
私は園内で全く話をしなくて、先生から母親に「自閉症ではないか」と言われま
した。


母は病院に私を連れて行きましたが、家庭内では今日どんな事があったかをよ
く話していたので、医者からそういうことなら問題ないと言われたそうです。家
では母親とだから話ができたのだと思います が、人見知りや言葉を発せられな
い、気持ちを表現できない原因をこれからもっと探っていって、知ることができ
たらと思います。


原因不明の心臓の息苦しさ

2014年06月24日 [記事URL]

S様  60代  女性

病院で検査しても、何の異常もない心臓の苦しさ。

この原因を探りたいと思ってヒプノセラピーを受けました。

続きを読む

<セッションの内容>


年齢退行で、小さい頃に戻りました。

昔、絵を習っていたアトリエの入り口にいる自分が見えました。

中では、10人くらいの生徒がいます。

私は、今は絵が描けなくなりました。父が喜ぶから描いていたのですが、

途中から描けなくなってしまったのです。


父を呼び出し、父の気持ちを聞きました。

「本当はお父さんが絵を描きたかったけれど、お父さんにはライバルがいて、

とても勝てないと思ってお父さんは描くのをやめちゃったんだ。

だから、おまえに描いて欲しかったんだ。」

私は、父に「絵は自分で描いて。私に無理に描かすのはやめて。」と伝えました。

父は、「自分で描くようにする。」と約束してくれました。

次の場面は、からだとの対話です。

心臓自身を感じてみました。

すると4、5日前に、兄と義姉と会社のスタッフで

うどんすきを食べに行った時のことが出てきました。

兄が美味しくうどんすきを作ろうと、あくをていねいにすくっていました。

その何気ないふるまいの中に兄の優しさを感じていました。

いつもこんなに優しい兄に対して、困った時は助けてもらうのに

あまり訪ねて行くこともしなかった私。

兄に対する優しさ、感謝の気持ちがない自分がすごく嫌で、

負担に思うその気持ちが、心臓に影響しているということがわかりました。

また、癌の養生として、どんな食べ物がいいかをハイアーセルフに聞いてみました。

「食物にも想念がある。良いエネルギーを持つ人が作った物は美味しいし、体に良い。

お料理も作る人の想念が入る。」とハイアーセルフが言っていました。


最後に、福井さんが百会に手をあてて、足の裏まで気を流してくれるイメージを

してくれました。足裏に溜まっていた想念?のカサカサが、

ゆるやかなカサカサになった気がしました。


何のために生まれてきたのか、何をしていきたいのか・・・

2014年06月24日 [記事URL]

C・H様   39歳  女性


<セラピーを受ける目的>

自分自身の気持ちでひっかかっている部分(自分の言いたいことを言えなかったり、

自分を表現するのが苦手だったり)の改善。

何のために生まれてきたのか、何をしていきたいのかを考えるきっかけに。

続きを読む

<セッションの内容>

子供の頃の幸せだった思い出。

悲しい出来事への退行。

自分を抑え込むことになった出来事。

学生時代、同級生に言えなかった言葉を催眠の中で伝えました。

ハイアーセルフとの会話で、聞きたかった事への質問では

イメージの中で、いろいろな答えをもらえました。

<感想>


福井さんの深い声に誘導されて、思いついた事を言葉にしていきました。

催眠中は、気付いたら涙を流しつつ受けていました。

ハイアーセルフとの対話では、温かい気持ちになりました。

福井さんのお人柄もあり、安心していろいろとお話することができました。

今回気付いた事を、これからゆっくり味わってみたいと思います。


息子との関係を改善したい

2014年06月24日 [記事URL]

Y・T様 43歳 女性


受ける前のドキドキ感はさほどなかったものの、

醒めてからは心も体もザワザワと興奮が残っている感じがしました。

続きを読む

<びっくりした事>

以前、息子を妊娠中に起きた出来事で、左足が痺れて骨折したことが

あったのですが、その当時のことを思い出してみましょうと言われて

チャレンジしました。


すると、どんどん左足太ももからふくらはぎにかけて重い鈍痛が発生し、

さらにピリッと痺れた時のような痛みも感じて、私自身びっくりしました。

当時を振り返り、気持ちや体の痛みを再現できる事に驚きました。


その感覚は帰宅してからも、昼寝や就寝時に体を横にすると、

復活するかのように思えました。

数日続きましたが、10日以上たった今はなんともありません。


<ヒプノセラピーを受けて>

セラピーとなると、自分が抱えているテーマに上手く誘導してもらえるか、とか

それが何を示しているのかが自分でもよくわからず、それが今後もっと

わかってくれば更にスッキリした気分になれると思います。

普通のカウンセリングは、なかなか本音が言えないものと感じていた私は、

このヒプノセラピーだと、感情を揺さぶられて本音も引き出せそうだと思いました。

受け終わって、なぜか周りの人への感謝の気持ちがじわっと湧いてきました。

心も前向きになり、スッキリした日々を過ごしております。

いぜん忙しいですが、その忙しさも楽しめています。

福井さん、ありがとうございました。

また機会があれば是非ともよろしくお願いいたします。



周りの人との関係が変化してきています

2014年06月09日 [記事URL]

K・N様   40代 女性


ヒプノセラピーを体験してから数日が経ちました。

続きを読む

セラピーでは、洞窟内に入って行きました。
始めはドリルで荒削りした跡がくっきりと残っている、真黒い岩肌。
奥へ歩いて行くうちに、岩肌が、真黒から灰色へ、灰色からより白みがかった色へと
変化していき、それに伴って、徐々につるつるの陶器肌へと変わっていきました。


それよりも印象的だったのが、
白い部屋の中で、白いワンピースを着て
白いテーブルの端で一人、スープを飲んでいる私。
反対側には、数人の子ども達。
その中の1人、細身のカラフルなボーダーシャツの男の子が、
ずっとこっちを見ている姿です。


人との関わり方をいろいろと試している最中にセラピーを受けたので、
セラピーを受けた結果かどうかは分かりませんが、
確実に周りの人との関係が変化してきています。


癌になった理由を知りたい

2014年06月05日 [記事URL]

A・Y様   40代  女性

<ヒプノセラピーを受けた理由>

私は自分で経験しないと信じられない性質で、
自分の人生の目的や、病気になった理由などのメッセージを
直接自分で受け取りたいと考えてヒプノセラピーを受けました。


続きを読む

とても緊張してお邪魔したのですが、ふくいさんの優しい笑顔で
迎えていただきました。


ヒプノセラピーについての説明や、ご主人のことなどいろいろお話する中で
ずっと前から知っていた方のように思い、すっかり緊張がほぐれ、
リラックスした状態でヒプノセラピーを受けることができました。

<実際のセッション>


ふくいさんの声は、とても心地よく、そのまま眠りについてしまいそうでした。

草原の中の自分は、今でもイメージすることができます。

前世の自分や家族については、はっきりとした映像ではなかったものの、
その時に感じたイメージだったのですが、まったく想定外のものでした。
自分でも驚く内容でしたが、過去生での臨終場面で、魂の解放と再生を味わうことができました。


また、がん細胞の意識体からは、
「自分も混乱している」とのメッセージを受け取り、
一緒に治していくという気持ちになりました。

<ヒプノセラピーの後>


ヒプノセラピーの後は、気持ちがとても落ち着いています。
病気を治すのは、自分自身、自分の中に答えはあると思うと、
漠然と抱いていた不安がなくなりました。
残念ながら、イメージの続きの夢は見れていませんが、直により
鮮明なイメージが受け取れると思います。


病気になってから、様々なご縁があります。
ふくいさんにも巡り会うことができました。
私自身が何をしたかったのか、何をするべきなのかを気付かせてくれました。
病気に感謝しつつ、早く体を元に戻して、第二の人生を満喫します。
どうもありがとうございました。


心と体の健康を取り戻すために・・・

2014年05月30日 [記事URL]

S・K様   悪性リンパ腫   60代 女性

今回は、初回から二週間たった二回目です。
年齢退行というものをして、現在の自分の価値観(信念)の元を探っていきました。

続きを読む

<実際のセッション>

二回目なので、スムーズに催眠状態に入っていきました。
辛いと思った場面に行きましょうと言われると、
母親の葬儀の場面が見え、集まっているお客様たちも見えました。
福井さんが、お父さんの中に入ってみましょうと言うと、
もうどうしていいいかわからないほど取り乱している父親の感情を感じました。

次の辛い場面に行くと、今度は弟の葬儀の場面でした。
とても悲しく、弟を支えてあげられなくて悔んでいる気持ちが甦ってきました。
福井さんが、弟さんを呼んでみましょうと言うと、
亡くなった弟が現れて
「僕はもう生まれ変わっているから、何も心配しなくていいよ」と、
言っているのがわかり、ホッとしました。


それから、場面が変わり、
一回目のセッションのあと10日目に嘔吐で、プルプルした透明な物を
吐いた胃袋を呼んでみました。
何を吐いたのか尋ねると、
「抗がん剤の残骸」と言っている気がしました。


また、私は左耳が聞こえにくいので、左耳さんも呼び出してもらいました。
しかし、呼んでもなかなか出てこず、
しばらくすると、エネルギーのなくなった左耳が現れました。
「いつもほったらかしにされて、元気がなくなった。少し気にかけて欲しい。」と、
言っているような気がしました。
そういえば、意識はいつも右耳に向けることが多く、バランスが取れていないことを
言っているように思えました。
また聞こえるようになりますか?どうしたらいいですか?と尋ねると
「ありがとうと言ってほしい。マッサージをしてほしい。」とのことでした。

<セッションを終えて>

からだのいろんな部分と会話できるのが面白く、また驚きでもありました。
臓器や細胞が感情を持っていて、しかも私に最大限の協力をしてくれているように
感じ、嬉しくなりました。
意識を向けたり、声をかけたり、マッサージしたり、いくらでも出来る事はあると思いました。
今は、福井さんに耳のマッサージを教わり家でもやっています。


一回目のヒプノセラピーを受けてからの変化

2014年05月30日 [記事URL]

S様 女性 60代

第一回目のセラピーを受けてから起こった変化です。

①すぐに歌舞伎座へ
いつも歌舞伎を見に行ければなぁと思いながら、チケットも高価だし、いけないとあきらめていた。
セラピーを受けて自然体になったのか、ふと情報に気がつき、一幕見というものがあるのがわかり、早速とんで見に行く。フットワークが軽くなる。思いたったらすぐ実行出来るようになった。

続きを読む

②人が集まるようになった
約8年ほど前までお仕事していた(販売職)時のお客様からご連絡を頂き久しぶりにお目にかかることが出来た。また、しばらく会っていなかった義姉より連絡があり、久しぶりに兄を交えて食事するなど、周りに人が集まる環境に変化したように感じる。

③植物との対話
鉢植えの花の様子が、喜んでいるのか、嫌なのかわかるようになった。朝になると外に出たがっているのがわかったり、お水を優しくかけて欲しいと言っているのがわかるので、今までより注意深く、植物と接するようになった。

④顎関節症
食事の時は主に右で噛むのだが、出来あいのお惣菜(春巻き、餃子)などを食べると、左の顎の奥がセンサーのように反応し痛くなる。自分の手作りの食事だと大丈夫なので、食事に気をつけるようになったら、急な痛みは少なくなった。

⑤こむら返り
寝ている時に足がつり、激痛で目が覚めていた。ヒプノで「歩けることに感謝して欲しい」と足に言われたので、「ありがとう」とさするようになった。感謝の気持ちが芽生えてから、痛みが少なくなった。

⑥心のこもったメールのやり取り
ヒプノを受けてから、二人の方から久しぶりにメールを頂いた。優しい心使いがにじみ出ているのが文面だけでわかるようになった。


抗がん剤の副作用で悪くなった胃袋との対話

2014年05月16日 [記事URL]

S・K様 悪性リンパ腫 60代


<ヒプノを受けるきっかけ>

おととし、14センチの悪性リンパ腫が見つかりましたが、

幸い、医師や治療法に恵まれて良くなりました。

「体の健康と心の健康」を取り戻すためにヒプノセラピーを受けることにしました。

続きを読む


<実際のヒプノセッション>

階段を下りて、前世に行くと16世紀の時代だと感じました。

自分は、18歳で目がブルーで色が白く、髪が長い女性のような気がしました。

その当時住んでいる家に行くと、家族が5人いました。

私の弟を見ていると、現在の孫のように感じました。

そう感じたとたん、すごく涙がボロボロと溢れました。


それから、臨終を迎え、魂は中間生というところに行きました。

前世の魂の隣に、現在の私を呼び、エネルギー交換を行いました。

いらない物を前世の魂さんに渡しながら、

「ごめんなさい、ごめんなさい、、、、、。」

と謝っている私がいました。

しばらくすると、気持ちがさっぱりしました。


そして、事前の面談で「胃が悪い」と福井さんに話していたので、

胃袋を呼び出してもらいました。

「胃袋に聞いてみましょう。」と言われると

胃袋と私が話をするように感じました。

胃袋から声が聞こえるように感じて、話していることもわかりました。

「僕たちは(え!僕たち?僕って男?しかも複数形だ)、ちゃんと働いているのに

あなた(私のことらしい)が、胃が重い、物が食べられないといつも言っている。

あなたは、食べ物をよく噛まないで飲み込むように食べるから、消化させるのに

時間がかかるし、いつもマイナスの感情を胃袋に溜めるから、

胃のスペースが狭くて、僕たちが動きづらい。

僕たちはちゃんと最大限働いているのに迷惑だ!」

と怒っている声が聞こえました。

私は、ごめんなさいとお詫びしました。

福井さんから、「宇宙に無限にあるエネルギーを胃袋に送ってあげましょう」と言われ

私は、白くまあるく光る玉が胃袋に入っていくのを感じました。


<その後の変化>

催眠療法を受けて10日たった真夜中2時頃に、突然下痢と嘔吐が始まり、

こんなに入っていたのかとびっくりするほど大量の物を吐きました。

これはデトックスかもしれない、よく見てみようと思って見ると

透明のプルプルした物が固まりでありました。

そんな物は食べていませんし、不思議です。

それが、抗がん剤のデトックスであれば嬉しいです。

普通なら3日は寝込むと思うのですが、体調は良く過ごしています。

「体と心の健康」を取り戻すために、また催眠療法を受けるつもりです。




 1  2 


お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop



ふくいてるこの
催眠療法(ヒプノセラピー)
  • 〒167-0032
    東京都杉並区天沼3-2-18