抗がん剤の副作用で悪くなった胃袋との対話 - ★★★ふくいてるこの催眠療法(ヒプノセラピー)・イメージ療法

HOME > 感想と体験談 > 抗がん剤の副作用で悪くなった胃袋との対話

抗がん剤の副作用で悪くなった胃袋との対話

2014年05月16日

S・K様 悪性リンパ腫 60代


<ヒプノを受けるきっかけ>

おととし、14センチの悪性リンパ腫が見つかりましたが、

幸い、医師や治療法に恵まれて良くなりました。

「体の健康と心の健康」を取り戻すためにヒプノセラピーを受けることにしました。


<実際のヒプノセッション>

階段を下りて、前世に行くと16世紀の時代だと感じました。

自分は、18歳で目がブルーで色が白く、髪が長い女性のような気がしました。

その当時住んでいる家に行くと、家族が5人いました。

私の弟を見ていると、現在の孫のように感じました。

そう感じたとたん、すごく涙がボロボロと溢れました。


それから、臨終を迎え、魂は中間生というところに行きました。

前世の魂の隣に、現在の私を呼び、エネルギー交換を行いました。

いらない物を前世の魂さんに渡しながら、

「ごめんなさい、ごめんなさい、、、、、。」

と謝っている私がいました。

しばらくすると、気持ちがさっぱりしました。


そして、事前の面談で「胃が悪い」と福井さんに話していたので、

胃袋を呼び出してもらいました。

「胃袋に聞いてみましょう。」と言われると

胃袋と私が話をするように感じました。

胃袋から声が聞こえるように感じて、話していることもわかりました。

「僕たちは(え!僕たち?僕って男?しかも複数形だ)、ちゃんと働いているのに

あなた(私のことらしい)が、胃が重い、物が食べられないといつも言っている。

あなたは、食べ物をよく噛まないで飲み込むように食べるから、消化させるのに

時間がかかるし、いつもマイナスの感情を胃袋に溜めるから、

胃のスペースが狭くて、僕たちが動きづらい。

僕たちはちゃんと最大限働いているのに迷惑だ!」

と怒っている声が聞こえました。

私は、ごめんなさいとお詫びしました。

福井さんから、「宇宙に無限にあるエネルギーを胃袋に送ってあげましょう」と言われ

私は、白くまあるく光る玉が胃袋に入っていくのを感じました。


<その後の変化>

催眠療法を受けて10日たった真夜中2時頃に、突然下痢と嘔吐が始まり、

こんなに入っていたのかとびっくりするほど大量の物を吐きました。

これはデトックスかもしれない、よく見てみようと思って見ると

透明のプルプルした物が固まりでありました。

そんな物は食べていませんし、不思議です。

それが、抗がん剤のデトックスであれば嬉しいです。

普通なら3日は寝込むと思うのですが、体調は良く過ごしています。

「体と心の健康」を取り戻すために、また催眠療法を受けるつもりです。



お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop



ふくいてるこの
催眠療法(ヒプノセラピー)
  • 〒167-0032
    東京都杉並区天沼3-2-18