エネルギーはり灸・DRT(背骨の調整)

アクセス・バーズ/催眠療法/鍼灸 [てるこの部屋]

エネルギーはり灸・DRT(背骨の調整)

私のはり灸は・・・

鍼灸の鍼
上:[刺さない鍼]刺す鍼が苦手な方に気を動かす鍼です
下:[ディスポ鍼]当院は刺す鍼は使い捨てです

私の鍼灸治療は予約した時点から始まっています。行こうと決めた瞬間からエネルギーが繋がるので、敏感な方は変化を感じられるかもしれません。いちばん大切なのは「病人でいることをやめる!」と自分が決めることです。自分で決めて自分で動く時、健康への一歩を踏み出すのです。治療院内には健康や潜在意識についての書籍を集め、日常のアドバイスも含めたすべてが自然治癒力向上のために用意されています。

私のはりは、 刺す鍼と刺さない鍼を使い分けます(鍼が苦手な方はお申し付けください)。お灸も自然治癒力アップには欠かせません。そして他の治療院と一線を画すのは「言葉やことだま」を使うことです。言葉は音であり、意味であり、強いエネルギーなのです。細胞や臓器に調和の意図(バイブレーション)を放つために欠かせないものと思っています。

また、エネルギーヒーリングも加えています。多くの方がからだ全体や背骨が温かくなった実感を持たれます。癌や病気の方の体力維持・体力アップに、週1回~2週に1回のペースでお受けになることをお勧めしています。

また、WHO(世界保健機関)では、以下のような様々な疾患に効果があると認めています。

神経系疾患 : 神経痛、神経麻痺、脳卒中後遺症、自律神経失調症、頭痛、めまい、不眠、神経症、ノイローゼ
運動器系疾患: 関節炎、リウマチ、頸肩腕症候群、頸椎捻挫後遺症、五十肩、腱鞘炎、腰痛
循環器系疾患: 高血圧、低血圧、動悸、息切れ
呼吸器系疾患: 気管支炎、ぜんそく
婦人科系疾患: 更年期障害、生理痛、月経不順、冷え性、不妊
耳鼻咽喉科系疾患: 耳鳴り、難聴、メニエール氏病、鼻炎、扁桃炎
眼科系疾患: 眼精疲労、疲れ目、かすみ目

(当院では、使い捨てのディスポ鍼や、刺さない鍼を使用しています)

DRT(自然治癒力に働きかける、背骨の調整)

DRT
上:首のコリ、肩の張りなどをチェックします。
下:優しく揺らします。身をまかせて下さい。

DRTとはカイロドクターの上原先生の考案された「ダブルハンドリコイルテクニック」の略です。

本来カイロプラクティックとは、背骨の歪みが様々な不調や病気の原因になるという理論で、背骨だけを調整するものです。マッサージや整体などと違い短時間で施術が済むという利点があります。

DRTは、自然治癒力の発動に不可欠な脳幹に関係の深い頸椎2番の調整をするものです。しかもその頸椎2番を施術せずに、胸椎、腰椎、骨盤を気持ち良く、 痛み無しで揺らすものです。検査を含めても20分足らず、2回目以降は 15分程度で済みます。

背骨に働きかけますが、慢性的な腰痛や肩こり、手首や指の痛み、内臓系の不調にも効果が期待できます。また、姿勢の歪みが正されていくので、美容にも効果が期待できるでしょう。

DRTは、その人の持っている自然治癒力(イネート・インテリジェンス)に働きかけるので、どのような方でも今以上の健康への可能性を高めていくことができます。

びわの葉温灸とは

※現在は中止しています。

びわの葉温灸
生のびわの葉には
エキス剤にないエネルギーがいっぱいです

煙立つ太い棒灸の熱で、びわの葉の力を皮膚から浸透させる療法です。エキス剤を使わず生のびわの葉の「命の力」を生かした施術です。ダイレクトに大自然の力とつながります。

棒灸のもぐさの揮発性の成分には、痛みを和らげる作用があると言われます。疲れた身体の解毒の意味で、肝臓部分から始めます。

また、びわの葉に含まれるアミグダリンは、癌に作用すると言われています。施術後も身体の深い部分に温かさがじんわり残る気持ち良さです。癌の方に多いと言われる、「冷え」の改善にも効果が期待出来ます。

化学療法にはない、素朴な自然の力だけが持つリラックス感が、心も体も癒してくれるでしょう。


お問い合わせ
お問い合わせ

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME