「もう一度生きられたら」  - てるこの部屋-アクセス・バーズ・催眠療法・びわの葉温灸

HOME > からだとこころのブログ > 「もう一度生きられたら」 

「もう一度生きられたら」 

2015年04月21日

「もう一度生きられたら」

                        ナディーヌ・ステア

つぎの人生ではもっと誤りを犯したい。

リラックスしたい。

柔軟に生きたい。

この人生よりもおろか者でありたい。

もっとチャンスを手に入れよう。

もっともっと山に登り、もっともっと河で泳ごう。

アイスクリームを今よりたくさん食べて、豆類は少なくしよう。

きっと現実面でのトラブルは多くなるだろうが、

不安や思いすごしは少なくなるにちがいない。


ごらんのとおり、私は時を日についで、

かしこく、清らかに生きている大衆の一人だ。

ああ、自分だけの時がもてていたなら。

もし、もう一度生きてそうすることができたら、

たっぷり時間をもつことだろう。

つまり、ほかのことは何も試みまい。

毎日あくせくと生きて多年を過ごすかわりに、

ひとつ、またひとつと、

ただそういう自由な瞬間のみを。

私は温度計や魔法びんや、レインコートや、

パラシュートをもたずには、どこにもいかない人間だった。

もし、もう一度それができたら、

私は身がるに旅することだろう。


もし、もう一度生きることができたら、

まだ早春のうちにはだしで出かけよう。

そして、晩秋になっても、大自然のなかにとどまっていよう。

もっとダンスをしにいこう。

メリーゴーランドにもっと乗ろう。

ひなぎくをもっとたくさん摘もう。

  
           (ケンタッキー州ルーヴィル在住 85歳)


この詩は、ラム・ダスの「覚醒への旅」の中にありました。

ケンタッキーに住む85歳の女性の書いたものです。

なぜか、涙が出てきます。


小さい頃、人生というものに大いに希望を持っていました。

やるぞ!と意気込んでいました。

でも、いつの間にかどうしてだか、私はしぼんでいました。

臆病になっていたのかもしれません。

怠慢になっていたのかもしれません。

冒険をしなくなったのかもしれません。

親や先生や社会の刷り込みかもしれません。

でも、気付いたら、今ここから生き直せるのです。

50歳でも

60歳でも

70歳でも

80歳でも

90歳でも

今日が、「人生最後の日」と思って生きるのはどうでしょう。

今日だけ、です。

私にもあなたにも今日だけしかないと思って生きる、のです。




お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop

催眠療法予約
当日のお申込みは空きがあれば、受け付けます。その場合は、必ず電話でご連絡をお願いします。
TEL:03-3391-9989
当院は女性専用です。男性はご紹介に限りお受けしています。
プロフィール
ふくいてるこ

20代はプロの舞台俳優として全国を回り、33歳から鍼灸の道に入る。
もっと詳しいプロフィールはコチラ

感想と体験
よくあるご質問
癌や病気以外の方も催眠療法お請けします
催眠療法について相談
お知らせ
からだとこころのブログ
アクセス

てるこの部屋
JR荻窪駅から徒歩4分
東京都杉並区天沼3-2-18