もう一度、親と向き合ってみる。親を許してみる。 - てるこの部屋-アクセス・バーズ・催眠療法・びわの葉温灸

HOME > からだとこころのブログ > もう一度、親と向き合ってみる。親を許してみる。

もう一度、親と向き合ってみる。親を許してみる。

2015年06月15日

先日、友人がアクセスバーズを受けに来てくれました。
そして、こんな話をしてくれました。


「事業をやっている知り合いがいて、すご~く頑張っている。
あともう一歩ですごいことになるっていう時に、上手くいかないことが多い。
その知り合いは、徹底的に自分を愛しているのに、
自分を愛するということはクリアしたつもりなのに、
なぜ上手くいかないんだろう、と思ったそうです。
そうしたら、はっと思い当たったそうです。
それは、『親を許していなかった』ということだったそうです。」

「精神世界では、『自分を愛すればすべてがうまくいく』となっているけれど、
それだけではダメだということに気付いたんだそうです。
かつて、親との確執から、親の喜ぶ顔を見たくないと思ってしまったそうで、
だから頑張っても、成功すると親が喜んでしまう、と潜在意識でブレーキを
かけてしまう、ということに気付きました。
その知り合いは、それから『親を許し』てから、事業がスムーズにいくように
なったということです。」

なーるほど、様々なことをやっているのに今一つ上手くいかないという人は、
ご両親との関係を見つめ直すといいかもしれませんね。
親を許せない、、、親に恨みがある、、、そういう方はとても多いです。
でもね、それもこれも、親が大好きだからなのではないかなと思います。
子どもにとって、親は自分の命を左右するもの。
なくてはならないものなんです。
その親が、自分の望むような親ではなかった、、、よく聞く話です。
完璧な親なんて、ドラマの中だけであり、現実には存在しません。
子どもは、どんな親でも、親が大好きなんです。
だから、、、自分の本当の気持ちに気付いて、許したり愛したりすれば
いいのです。

もちろん、もう亡くなってしまった親にも有効です。
催眠で潜在意識につながり、子供時代に戻り、親に会ってみる。
言いたかったこと、言ってもらいたかったこと、してもらいたかったこと。
未完了を完了させて、やっと大人になるのです。
人は、親との課題を抱えていると、ずっと被害者のままです。
親との関係を、配偶者との関係に投影させて、どんどん複雑化させていきます。
催眠療法は、ときには催眠をかけるものではありません。
催眠を解いていく場合もあるのです。

子ども時代の辛く苦しい自己暗示、自己催眠を解いていくのも催眠です。
そう、辛いイメージや観念は、自己暗示なのです。
そして、体や心にまとわりついていた感情を解放させ、
ニュートラル(中立)になるのです。
被害者から脱却するのです。
こうして、自由に生きられるようになることが、催眠療法の真髄です。



お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop