癌になったら、引き寄せの法則。 - てるこの部屋-アクセス・バーズ・催眠療法・びわの葉温灸

HOME > からだとこころのブログ > 癌になったら、引き寄せの法則。

癌になったら、引き寄せの法則。

2015年07月06日

私の大好きな「喜びから人生を生きる」
アニータ・ムアジャーニさん。
これは、臨死体験をし、末期癌が
完治してしまった女性の話ですが、
読めば読むほど、「引き寄せの法則」なんです。

引き寄せといえば、「ザ・シークレット」や
ナポレオン・ヒル、マーフィーの法則、
最近では「エイブラハムとの対話」とか、
まぁ、古くからいろいろありますね。


私が昨年末から勉強し始めたダスカロスも
引き寄せの法則をエレメンタルという概念で
表しています。


ダスカロスは厳密なので、
思考や感情に気をつけなきゃってなります。
なんせ、一度作った想念は、永遠に消えないのです。
自分からいったん離れ、またエネルギーを吸いに
戻ってくるのです(夜、寝る前に帰ってきます)。


だから、活性化させないように
エネルギーを与えないように
眠らせておくしかないのです。
おー、こわ!


そして、良い想念(幸せ、歓び、健康などなど)を
意識的に作っていくことがとても重要です。
物事にパワーを与えるのは、
「今この瞬間」しかないので、
「今この瞬間」、徹底的に
幸せや喜びや健康にフォーカスしていれば
いいだけの話です(と、いうのは簡単ですが)。


私にとって、
・「サラとソロモン」(引き寄せを子どもにもわかるように書いた小説)
・「喜びから人生を生きる」
・ダスカロスの様々な本
これらは、癌治癒のヒントの宝庫です。


人間良い時は、いくらでも良い気分でいられます。
しかし、癌を宣告され、お金も使い果たし、
お先真っ暗という時に、
「明るいいい気分」を意識的に選択できるかどうか、なんです。

f22de65811003d110f359b18cc3cca31_s.jpg

それだけなんです。
口先だけ、「幸せ~」って嘘をつくのではないですよ。
本当に「いい気分」になれる状況を選択し続けるのです。
そこは、工夫と努力が必要です。
アニータさんは、言いました。
思考はパワーがある。しかし、感情にはもっとパワーがある、と。


もし、いい気分をちっとも感じられなかったら、
寝てしまってもいいでしょう。
暗ーい悲しい辛い気分を感じるより、ずっとましです。
さぁ、どうにかして、いい気分を選択しましょう。
いい気分が、「いい出来事」を引き寄せるのです。


根本から変える可能性があるのは、ヒプノです。
意識がまちがいなくふわっと拡大します。
固く縮こまっていた気持ちが緩みます。
それまでの問題は、小さくなります。
自分の力じゃどうにもならない時、
せっぱつまったら、ヒプノセラピーも有効ですよ。



お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop