魂に響く本「ピュア・バランス」 - てるこの部屋-アクセス・バーズ・催眠療法・びわの葉温灸

HOME > からだとこころのブログ > 魂に響く本「ピュア・バランス」

魂に響く本「ピュア・バランス」

2015年07月21日

宮崎ますみさん、とてもお美しい方です。
2日間の講座で初めてお目にかかった時、
その美しさだけでなく、
「大きさ」に圧倒されました。
とにかく、その「存在」が大きいとしか
言いようがないのです。

KC3R0084 (1).jpg

この本は、ますみさんの2冊目の本です。
1冊目の「至福へのとびら」も素晴らしかったです。
神秘的な体験をまっすぐに書いています。
もちろん、この「ピュア・バランス」も
最初の数ページで号泣!泣きながら読みました。


表紙カバーの裏にこう書かれています。
『この本は、人生の苦難に直面している方、
生きることの意味を失っている方、
自分が何者かわからなくなってしまっている方に
贈りたいです。
何かになろう、としなくても
何かを得よう、としなくても
すでに「在る」あなたを見つけ出すだけでいいのです。』


本当にそう思います。
自分の中にすべてがある・・・
しかし、それをどうやって見つけるか・・・
そこがたいへんなのです。
ますみさんだって、簡単にできますよ
とは、おっしゃっていません。


私が涙した部分・・・
『厳しい人生は自分に対する罰ではなく、
進化した魂が選んだ道であることを
思い出す必要があります。』


ヒーリングの先生にもこう言われました。
『てるこさんは、非常に勇敢な魂です。
古い魂です。ありとあらゆる経験がしたくて、
このような人生を選んでいます。』
だから納得なのです、ますみさんのいうことは。


また、この部分にもうなづきました。
『人は誰しも、魂の治癒力を授けられている以上、
時が満ち、カルマを超えられるだけの精神性の機が
熟したとき、川の水が流れていくのと同じくらい自然に
事は運ばれていきます。予想もしていなかった形で。』


今なら超えられそうだから、「試練」がやって来たんです。
試練の裏側には、「成長のチャンス」があるのです。
本当の自分になるための大きなチャンスです。


ますみさんの熱い思いがひしひしと伝わってきます。
この世的な「生き死に」を、
いつか誰もが超えなくてはなりません。
真正面から向きあって大丈夫、あなたは大丈夫。
そんなエールが聞こえてきます。


ヒプノセラピーについても
詳しく書かれています。
催眠って怖い、怪しい、
そんな誤解もなくなります。
魂を振動させたくなったら、お勧めの本です。
とにかく大丈夫!と元気いっぱいになります。




お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop