希望という名のレメディ - てるこの部屋-アクセス・バーズ・催眠療法・びわの葉温灸

HOME > からだとこころのブログ > 希望という名のレメディ

希望という名のレメディ

2015年08月23日

気分が落ち込んで仕方ない時、
レメディもいいかもしれません。
バッチ博士のフラワーレメディです。
アロマをやっている方の中には
懐疑的な方もいらっしゃいますが。

KC3R0106.jpg


レメディは、心や感情のバランスに
作用するシステムと言われています。
身体に害はなさそうだし、
あくまでも自己責任です。


私の場合は、とても合います。
絶望にからめとられている時、
毎日何滴かずつ水に入れて飲んでいます。


「HOPE」・・・希望
にっちもさっちも身動きがとれなくて
苦しくて苦しくてたまらない時、
ぽちょん、ぽちょん、と垂らします。


気の持ちようなのかもしれません。
自己暗示なのかもしれません。
刷り込みなのかもしれません。


でも、たった4000円足らずで
希望が買えるなら安いものです。


私が不安でたまらない時、
ぎゅうぎゅうの本棚から
1冊の本が、バタンッと落ちてきました。
よく聞く「メッセージ」というものですね。
それが、エドワード・バッチ博士の本でした。


開いたページには
「不安とは、自分の中の神性を信じない・・
高我への従属を拒むことである・・・」と
というようなことが書かれてありました。
メッセージは、いつでもどこでもあるのです。
私はあまりにも自分を信じていなかったので、
バッチ博士の本がバタンと落ちてきたのです。



お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop