死ぬのがとっても怖い人 - てるこの部屋-アクセス・バーズ・催眠療法・びわの葉温灸

HOME > からだとこころのブログ > 死ぬのがとっても怖い人

死ぬのがとっても怖い人

2015年08月27日

人間のいちばんの恐怖は
「死」ではないかと思います。
死が怖いというのは普通だと
思いますが、異常に怖がる方が
いらっしゃるのです。

8893c661b55a2a2ad0e64156eeb4b2c1_s.jpg

ときどき鍼灸治療に伺っている方です。
70代のこの男性は、死ぬ話題ばかりなのです。
毎回毎回治療中の話題が「死」なのです。
(これって、私のせい?)


「死ぬ瞬間ってどうなんだろ?」
「焼かれるって、熱いよね?」
「無になって、永遠に眠り続けるの嫌だね。」


うーん、想像力がたくまし過ぎです。
最初は、からかわれているのかと思ったほどです。


シルバーバーチやダスカロスの話は
いきなり怪し過ぎるので・・・
丹波哲郎の「大霊界」が無難ですね。


「ご自分のお葬式で、集まった方々を見ているそうですよ。」
「肉体という衣服を脱いだ感じだって言いますよ。」
「家族の元に尋ねてきたり、自由みたいですよ。」
「病気だった方は、お楽になれるみたいですよ。」


こんな話をして差し上げると、興味しんしんです。
「それで、それで、お腹はすくの?何か食べるの?お金は?
恋愛はするの?仕事はあるの?家はどうなっているの?」


守りたいものがたくさんあるのかな?
仕事や家庭や子供や孫や・・・
私は、あんまり持っているものがないから
死が怖くなくなってきたのかな?


意外や意外、高齢の方は「死後の世界」を
信じていない方が多いそうです。
江原さんなどのスピブームや前世とかで
「魂は永遠」というように思っている方は
30~50代くらいの方が多いそうですね。


年齢的にも、70~80歳になってくると
「死」を身近に感じ、ご自分の死生観により
あれこれ考えたりし始めるようです。


いずれにしても(無理にまとめようとしたりして!)
私たちが手にしているのは、今この瞬間だけです。
味わえるのは、今この瞬間だけなのです。
過去も未来も、単なる空想・妄想です。
イメージだけなのです。


明日はやってきません。
やってくるのはいつも「今日」だけです。
死後の世界をあれこれ考えても
その時その時があるだけです。


「魂は永遠」という知識があっても、
「死んだら終わり。無になる」という考えでも
どっちでも同じこと。
絶対確実なのは、「今この瞬間」があること。
それをどう生きるか、だけです。



お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop