変化のプロセスに飛び込め! - てるこの部屋-アクセス・バーズ・催眠療法・びわの葉温灸

HOME > からだとこころのブログ > 変化のプロセスに飛び込め!

変化のプロセスに飛び込め!

2015年09月04日

『自分の内面への旅は、
 深刻な人生の危機の結果として
 始まることが多い・・・』

キャロライン・メイスはこう言っている。
そう・・・まったくその通り。
ピンチは、次の展開へのチャンスなんだ。
そしてそれこそが、恩寵なんだ。

04cf43f64a4a3589f61a53bcdab463f1_s.jpg


夫が悪性脳腫瘍の手術の後、
ICUに入っても、ひどいせん妄が続いた。
私は、ひたすら自分に言い聞かせた。
(これには、意味がある。
何か大きな意味がある・・・)


せん妄が続き、2週間も自分の名前が言えなかった時。
私の名前も忘れて、ただヨダレを垂らしていた時。
視野が欠け、半盲がわかった時。
病院内のポスターのひらがなも読めず、
小学1年生の計算もできなかった時。
階段を降りることもできなかった時。
(これには、意味がある。きっと意味がある・・)


そして、私は気付いた。
これまでの生活がたまたま平和だっただけ。
誰にでも突然こんなことが起こりうる。
自分だけじゃないんだ。
今、自分の番が回ってきただけなんだ。


・・・様々な考えで自分を慰めても、
その瞬間しかもたない安堵感。
答えを求めて、東へ西へ。
焦るとロクなことはありませんね。


抵抗しないで、今は「変化」の時が来たのだと、
思い切って身を任せてしまえば良かったのです。
ずいぶん、お金をドブに捨てました。
(おかげで、生活が苦しいです!)


『身体を変えられるだけの力を持つような
感情的・心理的変化を起こすくらいなら、
自分の癒しのプロセスを無意識に妨げてしまうと
いう人がたくさんいるくらい、
変化とは恐ろしいものなのだ』


『感情面を変える、気の面で変える。
そうすれば身体も変わるのである。
履歴が身体をつくっていくのだ。
治癒の保証はありえないが、変化のプロセスへと
飛び込んでいくことができれば、
その可能性を最大限に高めることだけは
確かなのである。』キャロライン・メイス


変化の中に自ら飛び込んでいくのは
怖いものです。
飛び込むのは、本人ですが
私はずっとついていきます。


私の鍼灸治療や催眠療法は
本質的だと自負しています。
向き合うのが怖いと感じる方もいらっしゃるかも。
小さな子が泣いているから飴をあげる・・
そんなごまかしではありません。
一時の慰めでもありません。
「人生いちばんの難所を
どうやって歩いていくか・・・」

それをサポートするのが私の仕事です。



お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop

催眠療法予約
当日のお申込みは空きがあれば、受け付けます。その場合は、必ず電話でご連絡をお願いします。
TEL:03-3391-9989
当院は女性専用です。男性はご紹介に限りお受けしています。
プロフィール
ふくいてるこ

20代はプロの舞台俳優として全国を回り、33歳から鍼灸の道に入る。
もっと詳しいプロフィールはコチラ

感想と体験
よくあるご質問
癌や病気以外の方も催眠療法お請けします
催眠療法について相談
お知らせ
からだとこころのブログ
アクセス

てるこの部屋
JR荻窪駅から徒歩4分
東京都杉並区天沼3-2-18