楽に、穏やかに体を離れる方法 - てるこの部屋-アクセス・バーズ・催眠療法・びわの葉温灸

HOME > からだとこころのブログ > 楽に、穏やかに体を離れる方法

楽に、穏やかに体を離れる方法

2016年01月19日

「エンティティ」のクラスの収穫です。
唯一、遠隔で出来るバーバルプロセス、
「イグジット・ステージ・レフト」です。
翻訳すれば、「上手(かみて)に
捌(は)ける」
です。
上手(かみて)は、演劇用語です。
客席から見て上手は右側です。
出演者からすれば、左側ですね。
(私、元新劇の役者なんで、つい!)

538c58645070f7bb5caccd3988d05ae7_s.jpg

つまり、舞台から「引っ込む」わけです。
アクセスの世界では、「死」を
そういうふうに解釈しているのかもしれません。


アクセスって本当に面白いですね。
まるで、シェイクスピアのようです。
この世は舞台。誰もが役者。


そう、虚構・幻の世界を
誰もが真剣に悩み苦しんで、
そして、楽しんでいるのです。


舞台から引っ込めば、楽屋に戻り
ドーランを落とし、今日の舞台の
出来を、共演者たちと
おしゃべりします。


駄目出しを舞台監督などから
言い渡されます。


そして、遅い夕飯を食べに
街に繰り出します。
それがやっと素に戻れる瞬間です。


旅から旅の新劇役者だった
私の毎日の生活もそうでした・・
仙台の国分町、博多の親不孝通り
毎晩べろべろに酔っぱらっていたっけ。
(まるで前世の出来事です!)


私が出来る新しいメニュー、
「イグジット・ステージ・レフト」
楽に逝けるか、癒されるか、
穏やかに、肉体を離れるか、
やってみなければわかりません。
だって、選択権は
本人にあるのですから!


大切な人のために、という
ご依頼もお受けいたします。



お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop