「チャクラ発見」 ヴィパッサナー瞑想修行 その5 - てるこの部屋-アクセス・バーズ・催眠療法・びわの葉温灸

HOME > からだとこころのブログ > 「チャクラ発見」 ヴィパッサナー瞑想修行 その5

「チャクラ発見」 ヴィパッサナー瞑想修行 その5

2016年08月08日

本当によく出来たコースです。
全く瞑想の経験のない人が
10日間である程度まで
わかるようになるのですから。


期待もせず、予測もせず、
ただただ言われた通り行うのが
コツのようです。

1800652289342cbdd2ef47da15188188_s.jpg


この瞑想を世界中に広めた
ゴエンカ氏は既に亡くなっていますが
研修中は生前の肉声のテープを流し、
それに従って行っていくのです。


「○○してごらんなさい」
指示通り、意識を動かすと
まるでポップコーンが弾けるような
誰かにタッピングされるような
感覚が意識と共に移動しました。

頭に意識を持ってくると
百会が激しくなりました。

あれれ?百会ってこんなに
大きかったっけ?

私は鍼灸師です。
頭のてっぺんのツボ、百会の位置は
もちろんわかっています。
そこにピタッと一致しているのですが
大きいのです。

大体、ゴルフボールくらいの大きさで
まるでナウシカに出てくるオームの
足が叩きつけるような激しい感触なのです。


鍼のツボは点のはず・・・
それが直径4センチくらいなんて!
ツボがこんなに大きいんだったら
神経とがらせて打つ必要なかったな。


ところが、10日の最終日話すことが
許されるのですが、スピリチュアルな
方に伺ったところ、それはチャクラとのこと。


まぁ、百会でもありますが、
クラウンチャクラだったのですね。
だからそれなりの大きさだったわけです。

それにしても激しい体感でした。
他にも体が球体(直径80センチ~1m)
になり、強電流に包まれたり。
自分自身の中身が見え?
ブラックホールだったり。


おっと、いけない。
こんなことはどうでもいいんです。
アニッチャ、アニッチャ、アニッチャ。
平静に、平静に、平静に。
これも変わる、これも変わる、これも・・・

5日目と7日目だったかな。
瞑想の始まる前に
涙が溢れて困りました。
突然、何も考えていないのに
ぶわ~っと。
(それは、感謝という感情に近いものでした)

私、感謝の「か」の字もないのです。
常日頃、豊かさと感謝はセットに
なっていると感じてはいるのですが、
自分が豊かになれないのは
この「感謝」がないからだと
わかってはいたのですが・・・・
それが、身体のどこかにあったのですね!


「体験」とは、すごいものです。
昨今、様々な本やネットの影響で
知識だけは誰でも腐るほど
持っているでしょう。


しかし、知識では役に立たないのです。
知識を生きた「智恵」にするまでが
たいへんなのですね。


このヴィパッサナー瞑想センターでは
それを10日間である程度経験出来る
ようにプログラムされています。
一人一人が最大限の効果を体験出来る
ように配慮されているのです。


続く・・・
(まだ続くんかい!!!)




お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop