癌になったらヒッチハイク巡礼!? - てるこの部屋-アクセス・バーズ・催眠療法・びわの葉温灸

HOME > からだとこころのブログ > 癌になったらヒッチハイク巡礼!?

癌になったらヒッチハイク巡礼!?

2017年08月11日

今、日本をヒッチハイクで縦断している
不思議で素敵な3人組がいます。


中心人物は今年の2月に
ニュージーランドで覚醒したYさん
そして、そのお母様。
そして、途中から加わった方。

04ed179b58a9fd787cda1f18974f365b_s.jpg


Yさんは、7月に帰国しました。
日本中を回って、お話会でもしようかと
いう計画だったようです。
(なんせ、覚醒しちゃったんですから!)
しかし、お母様と一緒にヒッチハイクを
することを選んだのです。
(承諾したお母様が素晴らしい!)
3か月の旅の予定だそうです。


コンビニで段ボールをもらうことから
始めるのです。
マジックで「青森」とか書いて。
どういうところに立てばドライバーに
見つけてもらいやすいか、
拾ってもらいやすいか、
どんどん智恵?を身に付けていったそうです。

旅の途中で東京に来た時は
第一回宇宙人会議を私の治療院で
開催しました。
どういう人たちが集まるかまったく
わかりませんでしたが、実際は
ピュアな宇宙人たちが10人集まりました。
(また行う予定ですのでお楽しみに~)


また、Yさんが創り上げた
アセンションのための「○○○レイキ」も
無料で伝授してもらいました。
夫もやってもらいましたが、夫はすべての
チャクラが開いているとのこと。
波動がめちゃくちゃ高いってことでした。
(思考をほとんど使っていないので当たり前かな・・)

東京から西へ向かう時から
素敵な仲間が加わりました。
Yさんにとってもお母様にとっても
ヒッチハイクは普通になってしまったので
難易度をあげるためにも
仲間を増やしたそうです。

で・・・私は思いつきました。
お母様がぱっか~んと開いたのだから
きっと誰もがヒッチハイクをやると
いいんじゃないかって。
特に何かをすぐに変える必要がある人。
癌を宣告された人とかね。

ヒッチハイクは、ただの移動手段では
ありません。「巡礼」にもなりうるのです。
巡礼とは、日本では平安時代から
始まったようです。修験道や僧たちの
修行としてのものが、やがて江戸時代からは
庶民のものになっていったそうです。


従来は仏様とのご縁を結ぶものでしょうが
「自分を見つめ、再発見し、蘇生する旅」
とも言えるのではないでしょうか?


うちの治療院にやってくる患者さんにも
「ヒッチハイク」をお勧めしたいなと
思っています。
どういう治療をしようか・・・
どういう食事をしようか・・・
どういうサプリを飲めばいいのか・・・
自分を守ることや癌から逃れることに
はまっている人は特にお勧めです。
ヒッチハイクをして自分を「広げる」のです。


「癌」にばかり「病気」にばかり
目が向いているところを
どうやったら車に乗せてもらえるか
人に頼むこと、頼ってみることを経験し
生の人間の繋がり、温かさを
感じたら、きっといい方向にいくんじゃないかな?


病気になる時は
繋がりが絶たれた時だと、私は感じています。
その逆をやればいいんです。
今日泊まる場所も決めずに、
誰かから助けてもらわないと
寝る場所もない状況を作るのです。
何でもかんでもコントロールしなきゃ
不安だったのを手放し、偶然や直感に
任せきって委ねきってみるのです。
私はいいと思うなぁ、ヒッチハイク巡礼!

以前、知り合いがスペインの巡礼の道を
歩いたそうです。
有名な「カミーノ巡礼」ですね。
その人は、必要なものはすべて与えられると
いう経験をしたそうです。

iPhoneの充電器が、電圧の関係なのか
壊れてしまって万事休すになったと思ったら
巡礼の道に落ちていたそうです。
「あら、ラッキー!」

飲まなきゃいけない薬を前日泊まった宿に
忘れてきてしまったら、その次の宿に
以前泊まった人の忘れた薬があって
それをどうぞ使って下さいともらったそうです。
「ありがたや~」


同伴の友人が洗濯したブラジャーを
リュックにつるして干していたら
落としてしまい、困ったと思ったら
またしても巡礼の道にブラジャー?!が
落ちていたそうです!!!
(それを使ったのかしら?)

知り合いは言います。
「巡礼の道はシンプルだからわかりやすい。
しかし、私たちの人生は複雑でわかりにくい。
特に都会の暮らしはね・・。


でも、巡礼の道と同じように
その人に必要な物はすべて与えられている
と思うんだ。
充電器が必要な人には充電器が。
薬が必要な人には薬が。
ブラジャーが必要な人にはブラジャーが。
きっとすべてそうなっているんだよ。


私たちの人生に必要なものは
きっとすべて与えられていると思うんだ。」


この話を思い出すといつも涙が溢れてきます。
私たちには、たくさんのものがすでに
与えられています。
そして、これからも与えられ続けます。
出来事もそうです。
それは・・・
素敵で幸せな出来事だけでなく、
なんてひどいんだと思える出来事も
やっぱり、与えられているものだと思うのです。
それは・・・
その人にとって必要なものだから
与えられているのでしょうね。

いつか行ってみたいスペインの
「カミーノ巡礼の道」
でも、日本にいても巡礼は出来ますよ。
自分と繋がることは、聖なるものと
繋がることです。
いつでも必要なものが
与えられていることを再確認する旅。
それが巡礼ですね。

他人と関らずには成就することが出来ない
ヒッチハイクの旅。
もし、あなたが今すぐ価値観を変えなきゃ
いけないピンチの状態ならばお勧めします。
「ヒッチハイク巡礼」

荷物は出来るだけ少なくするのです。
他人の温かさがわかりやすくなりますよ。

あなたの今いる場所がスタートです。
そこから一歩足を踏み出すだけです。
そして、ゴールはいつも「自分」です!
さぁ、いってらっしゃい!!!



お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop