からだとこころのブログ - てるこの部屋-アクセス・バーズ・催眠療法・びわの葉温灸

HOME > からだとこころのブログ

飲み込まないで!

2017年06月16日 [記事URL]

最近お会いする乳がんの方(に限らない
かもしれませんが・・・)の共通点が
あります。

とにかく、飲み込むんです。
言いたいことを飲んじゃうんです。

続きを読む

567aca003afabe885dff19c92f3e9178_s.jpg


「私一人が我慢すれば、
丸く上手く収まるから・・・」


「自分が本当に言いたいことを言うと
余計面倒臭いことになるから嫌なの!」


わかりますよ、その気持ち。
でも、解決を先延ばしにしているだけで
いつか必ず向き合うことになります。

衝突を避け続けているだけで
本当に欲しいものは得られません。
その代償は大きいかもしれませんよ!


閉じ込めたエネルギーは
出口を探します。
解放してもらいたくて
完了させたくてうずうずしているんです。


自分一人では方向転換出来ない!
と言う方は、「言葉・からだ・意識の
カウンセリング」へどうぞ~!!
がっつり変化していきますよ~!




「てるこさんに逢いに行け」

2017年06月13日 [記事URL]

・・・と、自分の中で声がしたからと
その方はバーズセッションを受けに
遠方からいらっしゃいました。
(ご本人は、まったく遠方では
ないとおっしゃいます。失礼しましたm(__)m)


実はこういうことは初めてでは
ありません。
ホームページ画面からエネルギーが
出ているから来たと言う方も
いらっしゃいました。
「てるこに聞け(よ、呼び捨て!)」と言う
声が聞こえたからといらした方もいます。
私がどうこうではなく、
そういうメッセージを受け取る方が
すんごいですよね。

続きを読む

786f977549fc19f40f43bb1976abd8fa_s.jpg

私にはまったくわかりませんが・・・
本当にありがたいことです。
遠くはイギリスから来た方もいらっしゃいましたよ。


先日いらしたその方は、
バーズセッションを1回受けて
1週間前にバーズ講座を受講したそうです。
たったそれだけ・・・
それだけで、ぐんぐん変わって来たそうです。


そして、「てるこさんに逢いに行け」
そんな声がしたような気がして
やって来たそうです。

静かにセッションをしていると
あるポイントが濡れていました。
(涙・・かな?)
私ももちろん黙ったまま・・・

セッションが終わると
キラッキラの笑顔がはじけました。
(こんな方は初めてだ~!)

キラキラが珍しいのではないのです。
こんなにアクセスをわかっている方に
出会ったのは初めてなのです。
(わずか1週間前に初めて講座を受講したのに!)
私は自分がまったくアクセスを理解して
いなかった!それに気付いてしまいました。
(そして、アクセスは理解しなくて
いいのです。理解しなきゃと思っていた
自分にも気付いてしまいました。)

彼女は、私に何かを尋ねたくて
いらしたのでしょう。
私が何かを知っていると思って
いらしたのでしょう。
しかし、彼女はすでにすべてを知っていました。
私にはそれがわかりました。
今まで出逢ったアクセス関係者の中で
いちばんわかっているのです。
もちろんきっと、CF以上です。

アクセスの細かなことは知らない。
でも、何かの制限に気付いたら破壊し
気付いたら破壊し、何一つ固定化させない。
何も持っていない感じなのです。

そして・・・
自分がただ自分であるだけでいい
そのことに気付いた悦びに
キラキラと輝いている。
何かになろうとしていた自分を認め
何かにならないくてもいいと知った。
自分であるだけでいいという安心感と
溢れんばかりの自由を掴んだ彼女。

これほどの自由と悦びを知っている人が
いったいどれくらいいるでしょう?
私も、自分はこのままでいいという感覚を
本当には知らない、体感していないと
いうことに気付きました。


あっという間に目覚めてしまった
目の前の彼女から悦びが伝染してきました。

彼女はきっと私のために
教えに来てくれたのですね・・・
逢いに来てくれたのですね・・・
Being You「あなたであれ!」
人生は、ただそれだけ。
ありがとう!!




魂は知っている

2017年06月06日 [記事URL]

先月参加した
世界的な前世療法家イングリッドさんの
「胎児期、出生時、前世療法講座」で
印象に残ったお話があります。

「飛行機事故の時の搭乗者リストは
凄まじく入れ替わるの!」

「予定していた便に、なぜか
何かの都合で乗れなくなる人がいて
またある人は、乗らないはずだったのに
なぜか乗ってしまう・・・。
こういうことが、墜落する時の
飛行機の搭乗リストは
通常より多くあるのよ!」

続きを読む

806076ed25fa703936bc9288134a5c1f_s.jpg


一般的には・・・
乗る予定だったのに
乗らなかった人は運がいいとか、
乗らない予定だったのに乗った人は
運が悪かったとか・・・
そんなふうに
見えるかもしれませんね。

しかし、イングリッドさんは言います。
「魂は知っています。
そこで亡くなる予定の人は
ああ、その飛行機に乗らなきゃ
どうしても乗らなきゃ、と急ぐんです。」
「そして、そこで死ぬタイミングでない人は
降りなきゃ、どうしても降りなきゃ、と
慌ててキャンセルするのです。」


人智を超えた視点で考えると
(あくまで想像ですが・・・)
不慮の事故に思えることでも
そこでそうなるタイミングだったのかも
しれません。


「うちのじいちゃんは
孫が着いたとたん息を引き取った」とか
よく聞きますよね。
身体が頑張っているというより、
魂はちゃんと知っているような気がします。

かなり年上のご主人の介護で
大変な思いをしている方がいます。
認知が下がり、いつもイライラしていると。
でも、ひょっとしたらですよ。
ご主人が亡くなっても
悲しみが少なくてすむように
認知症になっているのかもしれません。
ご主人が亡くなった時
「あ~、肩の荷が降りた」なんて
思って、少しほっと出来るように
わざと認知症になってくれているのかも
しれません。
奥さんが悲しみ過ぎないようにね!

魂はすべてわかっていて
その時その時の最善のことを
しているのかもしれません。
魂はすべてわかっていて
最高の愛の表現をしてくれて
いるのかもしれません。


亡くなるのもきっとベストなタイミング
人間的には悲しいけれど、
高次元では悲しみも喜びも
そんなに違いはないのかも。
大きな愛だけがあるのかもしれませんね。



神社でセッション

2017年06月04日 [記事URL]

いい季節ですね~。
あまりにもいいお天気だから
言葉・からだ・意識のセッションを
近くの天沼八幡神社で行いました。

続きを読む

1496378114012.jpg治療院を飛び出し、
いろんなところ行ってみるのって
固まっていたものの見方が
緩んできて良いですね~。

何より、大きな樹があるのが良いです。
今度は御苑とか行ってみようかな?
リクエスト受け付けま~す!



イングリッドさんの前世療法とその後

2017年06月03日 [記事URL]

イングリッドさんのセッション
書き起こすと言いながら、
全く出来ていません。
(ごめんなさいm(__)m)
4時間分なので、思い出して
書いてみますね・・・

続きを読む

525aa73c79eff6315f0a31101da0081d_s.jpg

最初は事前カウンセリング。
このセッションで扱うテーマというか
課題をお話しします。
また思いつくままに浮かんだことも
お話していくのですが、
何気なく話すことも全部意味があるのです。

ブログには何度か書いていますが
昨年の12月から治療院で患者さんに
よるチャネリングが起こったことを
お話しました。
イングリッドさんも
「これは大きな力が働いているわね。
あなたは出来なくて、他の人に起こる
というのが興味深いわ!」と。


また、私は夢ではハッキリ啓示的な
メッセージを貰うのですが、
父も私も見てきた恐ろしい夢のことも
お話しました。


その夢とは・・・
自分が誰かを殺して土の中に埋めるのです。
それがバレそうになるという夢なのですが
親子二代で見ているのです。
しかも、父も私も朝目覚めたあと
「私は人を殺してしまった」と
ひどい後悔で苦しみ、しばらくして
「ああ、夢かも。夢だったんだ。」と
理解するという妙な体験があったのです。


また、私が子供の頃から見ていた夢の
ようなイメージ。
大きな樹の下で貧しい孤児が一人
暮らす侘しい姿。
これは自分の前世なのか・・・
そんなことをイングリッドさんに
お話しました。


実際のセッションはなんと
テーブルを挟んで、通訳の方を
介して・・・まるで会議のよう!?
「連想テクニック」というのだそうです。

普通に目を開けたまま、
イングリッドさんの質問に答えている
だけなのに、何故だか思い出すのです。
時折わからないと言うと、
「わからないという答えはないわ!」
と厳しいイングリッドさん。
絶対答えさせるのです。
私はイングリッドさんへの対応を
早くも学んでしまいました。


今生の課題に関係のある過去世は
巫女?シャーマンだったようです。
10代から権力の近くにいて
邪魔な人たちを殺してしまったようです。
その一人が今の夫でした。
イングリッドさんは毒殺では?と
言ったのですが、私は撲殺という感じが
しました。そして埋めたのです。
私がたびたび苦しんでいた殺人の夢は
過去世の夫のことだったのですね!!
イングリッドさんによると
過去世で「死んでほしい、死んでほしい」
と強く思った人は今生では、
「死なないでほしい、死なないでほしい」
という関係になりやすいそうです。


また、私はとても有能で魅力的な女性
だったようです。たくさんの男性を
誘惑しては、その人たちの家庭を崩壊
させたようです。私が子供の時から
見てきた貧しい子供は、私が父を奪った
子供だったようです。


20年近くも上手く立ち回り権力の
近くにいた私ですが、あることで失敗し
大勢の人に責められ、椅子に縛り付けられ
湖に投げ込まれました。


このシーンはずいぶん昔、瞑想中にも
はっきりと見ていました。
ドボンと水の中に沈んでいく感じ。
湖面がキラキラと揺らめいて美しい。
そしてなぜか、死んでいくのに
「ここにいれば誰にもジャッジされない」
と究極に安堵したのでした。

イングリッドさんは言います。
誰でも人を殺した過去世があるし、
誰でも権力に溺れた経験があります、と。

そして過去世と対極のことをしたがるのだと。
例えば、今生医者をしている人は、
過去世で人を傷つけてきた可能性が高いと。
魂は肉体を脱ぎ捨てると、エゴがなくなり
公平に人生を振り返ることが出来ると。
なので、終わった人生で足りなかったことを
次の人生では選ぶのだと言います。

私の場合は、自分のシャーマンとしての
能力に溺れ、権力に溺れ、人を人とも
思わないようなこともしてしまったようです。

なので今生は、言葉や力を使い
多くの人を助けるような人生を
送りたいと思って生まれたようです。
しかし、能力を発揮するとまた傲慢に
なり、同じ過ちを繰り返すかもと
身動きが取れない状態になっていたようです。

これも何人かの患者さんにすでに
チャネリングで言われていました。
「傲慢になるのが怖くて、蓋をしている。」
「てるこさんに伝えなくてはならない
気持ちになりました。これは私が
考えたことではないのです。」と。


力に溺れることに気をつけながら
自分の力を使っていくこと。
今生のテーマの1つはこんなことのようです。


しかしなんと、その1週間後さらに
明確な啓示がありました。
「コーマワーク」という昏睡状態の
人とのワークの講座に参加したのです。


コーマワークの開発者で
プロセスワークの開発者、
アーノルド・ミンデルさんは
たくさんの本を書いています。
老子の影響も受けて、人生の流れ
(プロセス)に抵抗しないで・・・
世界に現れる様々なシグナルを見ていく
という素晴らしい心理療法なのです。


日本プロセスワークセンター長に
私にお勧めの本がありますかと尋ねると
「メタスキル」と「シャーマンズボディ」
を勧められました。
「メタスキル」はセラピストの在り方ですが
「シャーマンズボディ」は何でですか?と
尋ねると「福井さんはシャーマンだから」
とおっしゃるのです。
他の方にも聞いてみると
「読めばわかりますよ」と意味深な答えが!?


シャーマンなんてこれまでの人生では
興味がなかったのですが、
そういえば高齢の患者さんから
「シャーマンって何か教えて?」とか
「先生はご主人が亡くなって一人に
なったら、シャーマンの修行しに
外国行けばいいよ」などど
妙なことを言われていました。


ちなみにシャーマンはなりたいと思って
なれるものではなく、「召命」される
ものだそうです。
大病したり、精神的な病になったり、
夢で啓示を得たり、仕方なくなるものだそうです。
「召命」とは「calling」です。
私の周りにもそんな人がいます。
波乱万丈な人生という感じです。
しかし呼ばれたらやったほうがいいのです。
どうせいつかはやるのですからね!!



「6月1日にアップせよ!」

2017年06月01日 [記事URL]

相変わらずの「てるこの部屋」です。
もう各種講座や勉強会に参加するのは
やめにしようと思いつつも
5月もたくさん受講してしまいました。

20、21日は「胎児期、出生時催眠」
その講師である世界的な前世療法家の
イングリッドさんに実際にセッションを
受ける機会に恵まれ、これまでの
人生の点と点がつながりました。

続きを読む

34a08f6f3922664e8367a9520b1187df_s.jpg

しかし、それで終わりでは
ありませんでした。
翌週も「コーマワーク」なるものの
講座に出かけました。

「コーマ」とは昏睡状態のことです。
「コーマワーク」とは、昏睡状態と
言われる遷延性意識障害や認知症などの
通常はコミュニケーションが取りにくい、
無理だと思われる方とのワークです。
それによって、昏睡状態から
こちらの世界へ引っぱり出したり
やり残したことや伝えられなかったことを
伝えてもらうという極めて特殊な、
そして素晴らしい手法です。


これを開発・発展させてきたのは
元ユング派の心理療法家の
アーノルド・ミンデルさんです。
ミンデルさんと言えば、
プロセスワークというかっちょいい
心理療法を作られた方です。しかし・・・
この方の本は読みにくいというか
とにかく難しいので避けてきました。


なので今回の講座は、ほぼわからず
申し込みをしてしまったのです。
しかしですね・・・
先週のイングリッドさんの
前世療法で出てきた自分の前世と
今世の役割がこの「コーマワーク」で
まさか繋がるとは夢にも思いませんでした。


イングリッドさんの前世療法の
セッションがあまりにも長い内容なので
書き起こしがまだ出来ないでいるのですが
その間も宇宙?は、あれやれこれやれと
私に言ってきていました。

その1つが今年に入って学んだ
「心理技術」をホームページに
掲載することでした。


宇宙?は、毎週やってくる
チャネリング腰痛患者さんの口を
通して、私にアドバイス?してきます。
背骨を揺らして調整してから
首を緩めると、患者さんの呼吸が
深くなり・・・始まるのです・・・

『てるこさんが学んだ心理技術を
たくさんの存在が応援しています。
ただ、これだけではなく身体のことも
やって下さい。言葉言葉でやるのは
クライアントにとっては厳しいです。
ヒーリングも含めてやって下さい。』
(これは決して通常の心理技術に
不具合があるということではありません。
「私」が行う場合は身体に滞っている
エネルギーを解放させることも出来る
ということのようです。)

『てるこさんがこれを行う上で
重要なことは、てるこさんが楽に
やれるということです。
自分が疲弊してはいけません。
てるこさん自身が疲れるのは
クライアントのためにならないのです。
そのために○○○○○○○○。』


『まずは、5月中に原稿を書いて
6月1日に心理技術の新しいページを
アップして下さい。みんな応援しています。』

ということだったので、必死に
書きましたよ。で、ちゃんと今日
アップ出来ました。
誰だかわからないけれど、
お尻を叩かれなければずっと
やらなかったのではないかな・・・
まずは感謝です!!
ありがとう、誰かさん!!
そして、サイトを作ってくれている
○○ちゃん、いつもありがとう!!!


そして、これまでの人生の点と点が
つながった出来事は次回に書いて
いこうと思っています・・・
(召命というワードが出てきています!)




お日様さんさん!

2017年05月31日 [記事URL]

患者さんから頂きました。
待合室がぱぁーっと
明るくなりました。

続きを読む

1496143311760.jpg


見てるだけで元気になっちゃいます!
ありがとうございました!



6月のアクセスバーズ講座予定

2017年05月26日 [記事URL]

頭で考えすぎて行動しない人にピッタリ
脳の断捨離、思考のデトックス
アクセス・バーズです。

いろいろやっても上手くいかないのなら
やりすぎなんです!
そういう時は入れるより、出す!
頭がパンパンに詰まっているなら
バーズで、空きスペース作ってみては?

続きを読む

3a527b968e9f6b81d7cdda3141cef5f2_s.jpg

リクエスト頂き、平日にも行います。
お一人様でも男性でも承ります。


6月4日(日)10~18時 残3
  8日(木)10~18時 残1
 18日(日)10~18時 予定
29日(木)10~18時 残2


☆お一人様からリクエスト受け付けます
 2日に分けての開催など気軽にどうぞ
 ボディプロセスもリクエスト受付中!


講座でやること

・バーズって何のこと?
・ジャッジメントとは
・コンシャスネス
・問いかけの状態って?
・いろんなツール
・クリアリングステイトメント
・無限の存在
・やらないほうがいいこと
・セルフバーズ
・セッション2回ずつ行います

受講料 初めて 37000円
    再受講 18500円
    15歳以下   無料
    16、17歳  半額


場所 杉並区天沼3-2-18
   にれの木クリニック2階  
   てるこの部屋


持ち物  筆記具、楽な服装
昼食   持参しても外出でも!

  



「終わりと始まりは繋がっている」前世療法体験

2017年05月25日 [記事URL]

ここ最近大変でした。
不思議な治療院の本領発揮?で
お知らせが半端なかったんです。


今、世界的な前世療法家のドイツ人
イングリッド・バリエールさんが
来日されています。
催眠友達の熱烈なお勧めで
講演会や講座を早くから予約していました。

続きを読む

fd17148113c7862c0639290901367781_s.jpg


写真を見ると大物感が漂う
イングリッドさん。
経歴を読むと前世は日本の武将だった
こともあるとか(どんな経歴なんだ!)

5月17日は夜からの講演会でした。
その日はお休みでした。
いそいそと自宅から出ようとすると・・
本を左足の親指に落下させ、爪を
傷めてしまいました。
ちっ!!思わずイラッとしました。
しかし、講演はなるほどの連続!!
催眠療法40年の大ベテランの
臨床例はすごかったです。

5月20、21日は連続で
「胎児期・出生・前世催眠講座」が
ありました。
20日の朝、自宅を出ようとすると
あり得ない場所(まったくの平らな場所)で
思いっきり左足をねん挫しました。
足の感覚が無くなるほどのひどいねん挫でした。


う~む。
これは潜在意識がやめろ、行くなと
言っているのでは・・・と
思いましたが、払ってしまった受講料が
勿体ないし、イングリッドさんのお話は
本物の内容です。
足を引きずりながら出かけました。

そして21日も出かける支度を
していると手がすべり、左目に
髪留めを刺しそうになりました。
きゃ~、危ない!!!
なんなんだ、これは?!

私自身も催眠療法をするのですが
ほとんどが幼児期への退行です。
クライアント様は病気の方が多いので
過去世よりも、今生の育つ過程での
観念や信じ込みが関係していると
考えていたからです。
なので、私自身も過去世にはあまり
興味がありませんでした。

しかし、まるで戦国武将がどっしりと
座っているような堂々とした
イングリッドさんのお話を聞いているうちに
これはこの方のセッションを受けねばと
いう気持ちになってきました。


すると次の日に
セッションの空きが出たと!
しかも私の仕事の予約も
偶然にキャンセルになったのです。
これは行くしかあるまい!
イングリッドさんとの何かの因縁かも
しれないが、私の総決算になりそうな
予感がしていました。

でもなぁ、左ばっかり怪我が続く。
行って死んじゃったりしないかな。
やっぱり行かないほうがいいのかな・・
いや、違うぞ!
「ここに飛び込め!飛び込むんだ!」
そんな声も聞こえてきます。
一体、どっちなんだろう・・・

こんな時は、アクセスのツールです。
「軽いか重いか」
断然軽いんです。
私は申し込み、セッション場所の
銀座へと向かいました。

『終わりと始まりは繋がっている』
死ぬ時と生まれる時は繋がっているのだ
というイングリッドさんの声が
まるで催眠暗示のように
私の頭の中でリピートしていました・・・

(続く)



天国の知り合いが繋いでくれたご縁

2017年05月23日 [記事URL]

不思議なことがあるものです。
(まぁ、てるこの部屋は
いつも不思議だらけですが・・・)

先週の土日は
ドイツ人の催眠療法家の
イングリッド・バリエールさんの
「胎児・出生・過去世催眠講座」を
川崎で受講していました。

続きを読む

8de12da2462158a4b82cd2a4bfb66442_s.jpg

とてもなごやかな雰囲気の中
イングリッドさんの40年にも
及ぶ臨床経験のお話も素晴らしく
本当に満足のいく講座でした。

終了後、お決まりの記念撮影をした際
お隣に並んだ方が素敵な笑顔で
声を掛けて下さいました。
帰宅後、FBでその方を見つけ
さっそく友達申請をしました。
(普段は積極的にはしないほうですよ~)


するとびっくり!!!
「お会いしたことは
ありますか?」と意外な返信が!

(うわ~、やっちゃった!
人違いだよ。間違えた!!)

あ~、まったく知らない方に
友達申請しちゃったよ~!
しかし、わざとしたわけではないので
ここは慌てずに、
「昨日、催眠の講座で
お会いしませんでしたか?」と
メッセージを送りました。


すると、私が友達申請してしまった
まったく面識のないその方は
昨日は別のある講座に
出ていたとおっしゃるのです。
実は私もそれに申し込んで
いたのですが、イングリッドさんのに
参加して、そちらの受講は延期
させてもらっていました。


まぁ、どっかで繋がっているのは
珍しいことではない・・・
しかし、共通の知り合いが
いたのです。その知り合いは
あまりFBは熱心にされる方では
なかったのでびっくりしました。
しかも今年の元旦に亡くなって
いた方だったのです。

その共通の知り合いの方は
最期の時、ホスピスから
私にメールを下さいました。
私が間違えて友達申請した方も
メールをもらっていたそうです。

『身体の周りをキラキラと
金色の光が舞っている・・・
もうあと10日ぐらいで逝くのだと
いう気がしています。』

『母に手を握られながら
痛みも忘れ、まるでゆりかごに
乗っているように気持ちよく
なりました。
もう自分は逝くのだなと
思って、身を任せていました。
するとテーブルの上の軽い物が
あり得ないような大きな音を
立ててバンっと落ちました。
私は逝けませんでした・・・』


『その時、大きな声で
「○○子、天晴れ!!!」
聴こえたのです。
あれは、まぎれもなく
私自身の声でした・・・』

最期近く、そんなメールを下さいました。
ホスピスで、天国へ逝こうとした時、
自分の声が聴こえてきたなんて!
そして「あっぱれ!」なんて、
ふだん使わない言葉ですよね。

天晴れは「お見事!」という意味ですが
古くは「哀れ」から来ているそうです。
それは「哀しい」という意味ではなく
喜びも悲しみもすべて含めて
腹の底からの感情のすべて

表す語だということです・・・


もちろん、人違いで友達申請を
してしまった方とは、
友達になりましたよ。
それは、亡くなった方が繋いで
くれたご縁のように思えるからです。
私が間違えた方が昨日参加していて、
私も8月に参加予定のその講座は
「再生」という意味の講座です。


天国の共通の知り合いは
私たちをつなぎ合わせ、
何かをやらせようとしているのでしょうかね?
またまた面白いことになってきそうです。

(○○子さん、
そっちから見てて下さいね~!!
肉体がなければ出来ないことを
思いっきりやりますからね~!!)





《 前 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 


お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop