からだとこころのブログ - てるこの部屋-アクセス・バーズ・催眠療法・びわの葉温灸

HOME > からだとこころのブログ

最新!4月のアクセスバーズ講座

2017年04月10日 [記事URL]

脳の断捨離、思考のデトックス
アクセスバーズを学んでみませんか?
問いかけ好きな鍼灸マッサージ師が
楽しく丁寧にお伝えします。


エネルギーなんて自分には無理だと
思うかもしれないけれど、
やってみたらすごく簡単!
誰でも感じてしまいます。
たった1日で出来るようになります。
本当です!


<講座でやること>

・アクセスバーズとは?
・エナジーって?
・ジャッジメント
・問いかけるとは?
・無限の存在
・思考、感覚、感情
・様々なツール
・クリアリングステイトメント
・やらないほうが良いこと
・こういう時は?
・セッション2回ずつ実際に行う

続きを読む

62c9b54f1ae15267ada8477b3aee4be9_s.jpg


4月23日(日)10~18時 予定
  27日(木) 9~17時 残3


となっております。
この他、平日や2日に分けてなど
リクエストは1名様から承ります。
お気軽にお問合せ下さいませ。


場所 杉並区天沼3-2-18
   にれの木クリニック2階
   てるこの部屋

受講料 初めて 37000円
    再受講 18500円

持参するもの   筆記具
         楽な服装(パンツ類)

昼食  持参してもOKです
    お勧めは歩いて1分のガレット屋!  




伊豆高原の仙人

2017年04月07日 [記事URL]

私の催眠療法の師匠の一人、
伊豆高原の仙人、はるさん。
本名は松本東洋さんという方ですが、
会ったことのある人は皆
「はるさん」と呼びます。


最近なんだか、はるさんの本が
私を呼んでいるような気がしまして。
(はるさんは何冊か本を
出していますが、そのどれもが
素晴らしいのです)

続きを読む

b99dc17381e88e19cc064127da00e86d_s.jpg


その中のいちばん新しい本。
「あなたをリセットする本」
(といっても5年前ですが・・)

CDブックです。
小さな本ですが、わかりやすく
なんとびっくり72分のCDです。
私はこの付属のCDを聞きながら寝ると
熟睡し、しかも朝パキッと目覚めるのです。

最期のあたりに
「成長していく生き方」という項が
あります。
吉福伸逸さんと話した時、
「人の成長にとって最も大切なのは
結局『自分に正直であること』ですね」
というところで意見が一致したと
書いてありました。


自分に正直というのは
もちろん、ただわがままに振る舞う
ということではないし、
「私って○○なんです」と
弱みに思う部分をさらすことでも
ありません(さらしてもいいけど)。

自分に正直であるとは、
本当のところはどう思っているのか
本当のところはどうしたいのか
このあたりのところを丁寧に丁寧に
気付いていくしかないように思います。

はるさんほど、催眠誘導が
上手な人に会ったことがありません。
はるさんの繊細な優しさやユーモアに
また触れたくなりました。
伊豆高原、行ってみようかな・・・



この紋所が目に入らぬか!

2017年04月06日 [記事URL]

「控え!控え!控えー!
この紋所が目に入らぬか!
こちらにおわすお方をどなたと心得る。
恐れ多くも先の副将軍、水戸光圀公に
あらせられるぞ!


ご老公の御前である。頭が高い!
控えおろう!」

♪人生、楽ありゃ苦もあるさー
♪涙の後には、虹も出るー

ご存知、水戸黄門のテーマです。
ある癌患者さんのコーチングを
していたら、私の頭の中に
流れてきました。
黄門様が出てきました・・・
格さんも出てきました・・・
助さんも出てきました・・・

続きを読む

de957f845c8bf44edc9aa54ecd027827_s.jpg

あぁ・・・この患者さんにとって
癌は黄門様の印籠だったんだな。
母も夫も子供も同僚も友人も
みんな、ははーとひれ伏す。
印籠がないと、みんな言うことを
聞いてくれないですもんね・・・

癌という名の印籠を
切り札として使っている人は
意外と多いのではないかな?
そのコントロール効果は絶大だけど
命と引き換えなんて怖すぎますよ!
さっさと手放しちゃって下さいね。
新しいコミュニケーションを始めましょう!


(一説によると、癌を治したいと
言いつつ、本音は治りたくない人は、
全体の2割もいるんだとか!
顕在意識と潜在意識の不一致があると
アクセルとブレーキ同時なんですよ!)



人生はモグラ叩き

2017年04月05日 [記事URL]

今まで様々なセラピーを
体験されてきた方です。
大病を克服したのですが、
また新たな病を抱えてしまいました。
心理技術のコーチングで
一掃したいと強い決意の方です。

続きを読む

ac3490ea9e076ee3dc4af7aec49c2756_s.jpg


(ここから、ご感想です)

M様  50代   埼玉

乳癌を克服したと思ったら、今度は
股関節の痛みが出てきました。
いずれ手術かも!と言われています。

そんな時、福井さんの心理技術の
コーチングを知り、根本的に
解決したいと思い
モニターをさせて頂きました。

最初は家族の一人一人との
不完了な思い、出来事を完了させて
いきます。
話しているだけで変化があるのかなと
思っていると、急に涙がどっと出て
泣き崩れてしまいました。
あまりの号泣に我ながらびっくり!


その時浮かんだのは、2歳の時の
父の葬儀の場面でした。


父が突然亡くなり、商売を
やっていた母は親戚から乗っ取られる
ような恐怖を覚えていたようです。
ピリピリとした空気。
大人たちの怖い顔。
両家のギスギスした雰囲気。

私は誰に頼ったらいいのだろう・・・
私は泣き出していました。
当時は怖さと不安のあまり泣くことも
出来なかったのですが。


「私とお母さんを助けて下さい!」
「お願いします!」
「私とお母さんを助けて下さい!」
「お願いします!」


たった2歳の私が
大人たちに懇願していました。


大人たちは困った顔や
優しい顔をして見守ってくれています。

50年以上も吐き出せなかった
悲しみや不安を全部出し
とてもスッキリしました。

すると様々な観念が出てきました。
①従順でなければ、ひどい目に遭う
②人生は修行、修行しなければ価値がない
③人生はモグラ叩き
④ひどい目に遭わないために
 「只今病気中」の札を立てて安心する


いつの間にか、病気を手放さず
酷い目に遭っては、自分を守るという
ループにはまる寸前でした。
感情封鎖を解き、健康になります。
次回もよろしくお願いします。




過去を解き放つ

2017年04月04日 [記事URL]

過去の体験がマインドのレベルの
あなたに付着して、依然として
離れないでいる理由は、その当時の
体験と結びついた感情を、あなたが
完全に感じることを自身に認めなかった
からです。

そのために、過去の体験が付着して
あなたの内面の無意識のレベルに抑圧
されたままになっているのです。


過去からの感情をあなた自身に体験
させると、過去の体験は完結して解放されます。

続きを読む

0158adfea51bab954733e67bc3d71177_s.jpg


幼少期に父親に何らかの理由で怒った
ものの、その怒りを抑圧させているので
あれば、その抑圧した怒りはなおも
あなたの内面で存続して、時折、
不適切に表に現れてくるでしょう。


父親が目の前にいると想像して、
彼に対する怒りを完全に表現するので
あれば、その過去からの怒りは解放
されるでしょう。

激怒、悲しみ、無力感、恐れ、不安、
不相応感という感情も同様です。あなたが
経験したことのすべては、完全に表現
されることを必要としているのです。

ある経験の感情からあなた自身を
切り離すことは、あなたの一部分を
抑えつけることです。

人々は過去からの感情を体験して
表現したときに、途轍もないエネルギー
として生きているという実感を得ます。

なぜなら、それらの感情を抑えるために
使われていたエネルギーのすべてが、
突然、解放されるからです。

これらの感情の解放のプロセスでは、
感情が過去からやってきたものだと
理解することが重要です。

感情と一体化せずに、怒り、悲しみ、激情
無力感、絶望感を、あなたは思いっきり
完全に表現することができるのです。

これらの感情の何れをも深刻に
受け取らないことです。
それらの感情は、今この瞬間の現実とは
まったく関係がありません。
恐れるものは何もありません。


実際に、恐れはそれらの感情を避けた
結果として生じます。
感情を感じて表現すると、恐れと不安は
消えていきます。


「沈黙からの言葉」
レナード・ジェイコブソン



「原因と結果の囚われの解放」講座

2017年04月04日 [記事URL]

私も大好きなボディプロセスです。
「物理的現実をなくすギフト」と
言われています。


一体どんなエナジーなの?って
感じですが、まぁ受けてみてください。
(としか言えません!)
私自身は大きくドーンと前に
出ていく事が出来ましたー。

続きを読む

24238b7ba5de2210f022786cef12535b_s.jpg

☆4月10日(月)10~13時

☆受講料 12000円
    (認定書付き)

杉並区天沼3-2-18
にれの木クリニック2階
ふくいてるこはりきゅう室




ただ、認めるだけ。

2017年04月03日 [記事URL]

今年の1月から
「病人でいることをやめる・
やめさせる心理技術」を学んできました。


講座初日、あっと驚いたのは
私も同じような概念を使って
治療をしていたからです。
○○レベルを上げなければ
健康になることは難しいと
私も思っていたのです。
どんな治療をやるかではなく、どう在るか
そう、「在り方」なのです。


(写真は、以前から私が説明に
使っていたものです)

続きを読む

1490883303367.jpg


この○○レベルを上げることが重要だと
便宜上言いますが、実を言うと
上げなくていいのです。
は?って感じですよね。
私も上げなきゃ健康にならないって
ずっと思っていましたから!

上げようとしなくていいのですよ。
下位の状態をやめれば
自然に「上がって」しまうのです。


だって、私たちは元々上位のところの
状態だったのだから。
産まれたばかりの赤ちゃんには
「不安」や「絶望感」「罪悪感」など
みじんもないのです。
それが親や周囲からいろんなこと言われて
これではいけないと思い、
どんどん分離感なんかを感じて
下へ下へ下がってしまっただけなのです。

それらは全部、後付けされたものです。
いわば、お洋服のようなもの。
だったら、脱げばいいだけなんです。
○○レベルを上げなきゃって
思うと、難しいってなっちゃいますもんね。


元々、私たちは
愛や自由や喜びや感謝だから。
それそのものだから。
元に戻れば良いのです。


そして・・・
写真の図を見て下さい。
実は・・・
上位の意識は下位の意識を
内包しているのです。
だから、下位のネガティブ感情を
受け入れないで認めないでいると
上位の意識にいかない「仕組み」に
なっているのです。

つまり、不安や心配、恐怖などから
逃げよう逃げようと思ってもダメなんです。
拒むと、逆にその場所に留まるのです。
認め、受け入れるのです。
味わってみることがいちばんです。
それを未完了を完了させるといいます。


愛がなぜ偉大か・・・
それは、愛以外のものも含むから・・
(と、『なまけもののさとりかた』に
書いてありましたっけ。)
その方法は、心理技術にちゃんと
あるのでご安心を~。



難病のコーチング その1

2017年04月02日 [記事URL]

身体が動きにくくなるという難病です。
今年1月に入って医師から診断をされた
という方へのコーチングが続いています。


ご感想には載っていないですが
私の治療院に来ると、
手が温かくなるそうです。
(それはなぜなのか・・・
もちろん理由がちゃんとあるのです!)
また、様々なことに気付くように
なったとおっしゃっていました。
ご主人の優しさや思いやりも
以前にも増して感じるようになったということです。

続きを読む

db792fbbfb68b49052dcf3e3823ce950_s.jpg


(ここから、ご感想です)


M様  50代   東京


私は難病と診断されてから、
いろいろやりましたが、催眠療法に
興味を持ち、こちらのHPを見つけました。
病気になった理由を知りたかったのですが
理由を知っただけでは・・ということで
このコーチングを受けることにしました。

「病人を病人でいられなくする心理技術」
未完了の過去を完了させるセッションを
これまで6回受けました。


1回目の日の夕方、犬の散歩の時
いつも犬のほうが私を引っ張っているの
ですが、その日はおとなしく歩いて
いました。どうしてかはわかりません。


それ以降、追っかけまでしていた
アーティストのDVD、CD、
その他関連グッズも含めてほとんど
捨ててしまいました。
処分するのに躊躇しませんでした。


その次は、娘たちの小さな頃の思い出の
作品も処分しました。娘に話したら、
「よく取ってあったわね!」と
驚かれました。


他にも趣味で描いていた
トールペイントの作品も処分しました。
押入れがスッキリしました。

処分するのに体力が要りますが、
私にこんな力があったんだと
改めて思いました。

父とのことも心理技術で処置して
もらいました。すると少したって
愛知の実家から高齢の父が
「東京へ行く」と言い出し、
先日訪れてくれました。

私の病気の話はあまりしませんでしたが
無口な父がよく話しよく笑っていました。

この心理技術がどう影響しているのか
わかりませんが、不思議なことが起きてます。



病気の隠された目的

2017年04月01日 [記事URL]

石川眞樹夫さんというお医者さんが
北海道にいらっしゃいます。
なんとバッチのフラワーレメディを
使って治療をなさっているそうです。


フラワーレメディとは何かというと
1930年代に、イギリスの医師
エドワード・バッチ博士が完成させた
ものです。
花のエネルギーが転写された水を使い
否定的な感情や精神に働きかけ、
肯定的な感情に置き換える、と
言われています。


実はバッチ博士は私の恩人なのです。
(え?とっくに亡くなっているって!)
はい、そうなんですが・・・
不思議治療院「てるこの部屋」では
困っていると必ず助けが来るのです。

続きを読む

1490940195230.jpg

あれは2012年のこと・・・
夫は悪性脳腫瘍(グリオーマ)の手術の
後、廃人のようになってしまいました。

「2週間位経ってみなければわからない」
担当の医師は少し自信なげに言いました。
術後のせん妄がひどく、点滴の管も
引きちぎってしまうので、薬で眠らせて
いました。いつもぼーっとしてヨダレを
垂らし、お見舞いの友人たちも言葉を
失うほどの有り様でした。


私には頼る家族もなく、、、
ひとり毎日病院に通い、
自分の名前も言えない夫に話しかけ、
そして、人目も憚らず泣きながら
家に帰るという日々を送っていました。


誰にも頼れない私は、
気力を振り絞って働きました。
不安なんかとっくに通り越して、
絶望的な気持ちだったでしょうが、
それさえもわからないくらい必死でした。
何が私を頑張らせてくれたのか
今でもわかりません。


ある時、自分の治療院でため息をつくと
隣の待合室でバタンと
ものすごく大きな音がしました。
?と思って行くと、1冊の本が
本棚から落ちていました。


私の治療院に来た方はわかると
思いますが、ぎゅうぎゅうに詰まった
あの本棚から1冊の本だけ落ちるなんて
あり得ない状況なのです。


その本とは・・・
「フラワーレメディーズウィズダム」
とっさに開くとそこには
こう書いてありました。

『不安、すなわち目的の不安定さと
弱さは、高我への従属を拒むときに
芽生えます。人はこの弱さから他を
裏切ることさえします。

私たちが自分自身である無敵の神性に
ついての知識を培っていれば、
このような状態は起こりえません。』


見えない力が働いている・・・
私は大丈夫かもしれない・・・
そう思えるような出来事でした。


フラワーレメディを扱う医師、石川先生は
こうおっしゃっています。
「自分自身の決断で自分の命の責任を
引き受けて(それまでの生き方を変えて)
楽しく、自分らしく生きると決めた人は、
癌になっても苦しむことはなく、
しばしば癌も消えていくという事実。
『病気には生き方の変容をせまるという
隠された目的がある』というのが
私の観察の結論です。」

病気は失敗でも、災難でもありません。
「本来のあなたからズレているよ」と
いうサインなのです。
まぁ、かなり手荒い迫り方でしょうが
とにかく生き方を変えることです。


ズレを戻せばよいのです。ただそれだけ。
すべてを見越してサインを送ってくれる
ありがたい救済者です。
病を得たという方は、
またとない統合のチャンスも得た、
ということだと私は思うのです・・・



脳腫瘍(乏突起膠腫)のコーチング その1

2017年03月31日 [記事URL]

脳腫瘍の方に心理技術を使って
コーチングをさせて頂いています。

14年前に手術、抗癌剤をしたそうです。
また少し大きくなっているからと
手術を勧められ、来院されました。

最初の時はMさんは身体を斜めにして
(斜に構えるって本当ですね)
固い表情をされていましたが、
○○レベルが少しずつ上がって気持ちも
体も軽くなってきつつあるようです。


病は、闘うべき敵ではありません。
災難に遭ったわけでもありません。
病は「本来のあなたからズレている」
という、魂からのサインのように
私は捉えています。


なので、そのズレの元になった
考え方、観念、信じ込みを
心理技術で一つ一つ処置していくだけなのです。


続きを読む

62c9b54f1ae15267ada8477b3aee4be9_s.jpg


(ここから、ご感想です)

M様  40代  東京

私は14年前の30歳の時に脳腫瘍が
見つかり、手術、抗がん剤での
治療を行いました。


その後はしばらく経過観察をしながら
なんとか元気に過ごしてきましたが、
徐々に大きくなってきているから
そろそろ手術をした方がいいと
半年前に主治医から言われました。


しかし、前回の治療の後遺症で
けいれん発作を起こし、その後5年間
パニック障害に悩まされた経験から、
簡単に手術を受け入れることが出来ず、
食事療法を始めとして色々な代替療法を
試してきました。


そうした中、ネット検索で福井さんの
HPにたどり着いたことがきっかけとなり
以前から興味があった心理療法を
試すことになりました。


正直、最初はどんなことをするのか
全く知らなかったので不安もありましたが
福井さんが長い時間をかけてじっくり
私の話に耳を傾けて下さり、事前に
詳しく説明して頂けたので安心して
受けることが出来ました。


実際のセッションでは、
私の観念や信じ込み、ものの見方の
大元になっている記憶を体を使いながら
処置していきました。

その時の私は過去の辛く悲しい感情が
蘇り、涙が止まりませんでしたが、
終わって帰るころには頭がスッキリし
心身共にすがすがしく晴れやかな気分で
帰宅することができました。


今までは生理前など体調の良くない
時期になると必ずといっていいほど、
母に対する怒りの感情が湧き上がってきて
自分では対処できずにやり過ごして
きましたが、それ以来母に対して
そういった感情がなくなり、話して
いてイライラすることもなくなりました。


毎回心理療法を受ける度に気分も明るくなり
頭の中がスッキリしていると感じています。
今までの自分はいかに過去の自分に
縛られながら過ごしてきたのかを
知ることができました。


これから先も心理療法の力を貸りながら、
本来の自分が在るべき姿になり、
病気を克服できると信じています。

(Mさん、信じなくていいんですよ~。
必ず出来ることは「信じる」ことさえ
いらないですよ~。)




《 前 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13 


お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop