「おまえはラッキーなんだよ」と目が言った - てるこの部屋-アクセス・バーズ・催眠療法・びわの葉温灸

HOME > 感想と体験談 > 「おまえはラッキーなんだよ」と目が言った

「おまえはラッキーなんだよ」と目が言った

2015年09月17日

74歳の男性の方にやらせて頂きました。
8年間ずっと鍼灸でいらっしゃっています。
ゴルフのための調整でしたが、
最近、腱鞘炎の治りが今一つだったのです。
迷いました。バーズを勧めていいのだろうか・・
でも、勇気を出してやらせて頂きました。

2d1805c9358be1160faf4cf7c4b9c434_s.jpg

一体、アクセスバーズを何と説明していいのか・・
軽く頭に触れる手技で云々・・
「観念」を解放すると言われてて・・あやしいな
気功みたいなもので・・・違うな


しかし、その方は「何でもやりますよ!」
あらら、案ずるより産むがやすし、でした。


その方は、バリバリの商社マンだった方。
エネルギーなんて世界とは無縁に見えました。
ところが、最初から感じたようです。
エナジープールで体が熱くなり、
お腹がグールグルうるさいほどに鳴り出しました。
そして、この8年間で痛めた部分が次々と
まるで走馬灯のように痛み出しました。
足、右膝、左腰、左手、右手首、右目。


ここは、一つずつ丁寧にやっていこう・・・
まず、勝手に動き出した足に聴こう。
『ご自分で聴いて下さい。声に出してもいいし、
エネルギーをボーンと投げ込んでもいいです。
『どうしたの?』というようにシンプルに
尋ねて下さい。』


その方は、素直に声に出して聴いていました。
「足さん、教えて下さいね・・・」
(可愛いらし過ぎる!)
「無言です。答えてくれないです。」
(最初から、上手くはいかないですよ)


(ここで私が焦ってはいけません。あくまで落ち着いたふうで)
『答えは、耳に声で入ってくる感じとは違います。
ご自分の胸に湧き上がるように感じたり、
まるで、自分の考えのように浮かんだり、
脳に直接、内容を放り込まれるような感じがしたり、
情報の塊が来るので、それをほぐして味わう感じだったり
感じ方は様々なんですよ~。』
(我ながら、すごい。潜在意識と繋がっているので
必要な言葉が次々出てきます)


『静かに、足さんの隣に座ってのんびり待ちましょうか。』
(フォーカシングみたいな展開もお伝えしました)


「あ、こう言ってます!」
(早いな!)
「先日の水害の人たちに比べたら
こんな痛みなんてどうってことないだろ?」
「腱鞘炎は、こう言っています。
使わなきゃ、治るよ。使いすぎ。
ゴルフは、もう少し控えること。」


「加齢黄班変性の右目はこう言っています。
目は使いすぎ、心理的なものではない。
夜中にテニスやゴルフのテレビの見過ぎはダメだよ。
それから・・・おまえは自分の人生に感謝しなくては
いけないよ。おまえみたいにラッキーな人間は
あんまりいないんだよ。」


右目さん・・・すごいです。
その74歳の男性の方に諭しています。あぜん・・・
すると、その方がこう言い始めました。


「それは、私もわかっているんです。
自分がどれほど恵まれた人間か、
この年まで無事に幸せに生きてこれて
本当にまずまずの人生だと思っています。」


すごい展開になってきました。
そうなんです。その方は本当に
「豊かさ」を体現したような人生なんです。
とてつもなく裕福な家に生まれ、自由に育ち、
美人の奥さんをめとって、子供さんに恵まれ、
素晴らしい家に住み、たくさんの友人たちと
ゴルフを楽しむ悠々自適な生活。
本当に紳士で、たくさんの患者さんが離れても、
この方だけは毎週淡々と鍼灸に来て下さいました。
本当に愛と思いやりに溢れた、これ以上の人生なんて
なかなかないだろうという感じです。


スピリチュアルにかすりもしないような紳士に
突然の展開が起こりました。
しかも、うんうんとうなづきながら
身体の「言い分」を素直に受け入れています。
私のほうが、あぜんとしていました。


セッションが終わって、
またいつものように次の予約を取って
淡々と帰っていかれました。
私だけが、びっくりしていました・・・



お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop