「泣きたいって・・何?」 - てるこの部屋-アクセス・バーズ・催眠療法・びわの葉温灸

HOME > 感想と体験談 > 「泣きたいって・・何?」

「泣きたいって・・何?」

2017年06月29日

セラピストの方が
「自我統合療法」を受けに来て下さいました。
光栄なことです。


この療法は、
鬱・PTSD・強迫神経症などに
効果があると言われています。
記憶や体験はそのままで
感情だけ取り去ります。
ご本人のやる気が重要な鍵です。


7ae4595f59e00b697258e1176c0d3364_s.jpg


(ここから、ご感想です)

M様  50代  東京


てるこさん
先日はありがとうございました。

今回のセッション、
どのような流れなのか受ける前は
あまりイメージが出来なかったため、
事前に準備した「感情の思い出」が
ポイントのずれたものになってしまい
申し訳ありませんでした。
箇条書きにするための作業で、
自分の中にある感情と向きあい
丁寧に対話することになるのですね。
その部分がすっかり抜けていたような気がします。

そして、いざ「あなたの感情は?」と
問われた時、わたしの中にあるのものが
感情ではなく思考でまとめて
いたのだと気付かされました。
自分の中にたいして大きな傷付いたり
ひどく悲しい感情はないと思っていましたが
実は、それは自分の思考で
折り合いを付けて見ないようにふたを
していただけだったのだと、話ながら
泣けてきたことでようやくわかりました。

「■歳の○○ちゃん」と呼び掛けられ、
出て来た子どものわたしは、ある時は
自分の中に箱に入れてしまってあった
感情をたくさん出して並べました。


また別の年齢で呼び出された時には、
ずた袋をせっせと運び出しました。
その様子に自分自身が「どれだけ
要らないものがしまってあったの?!」と
笑いそうになるくらいでした。


自分で認識していなかっただけで、
実は自分の中に未消化の感情が
しまい込まれていたことに改めて気付いた次第です。


また、その都度、
「大丈夫だからね~」とてるこさんに
肩を叩いてもらったのが、
とても嬉しくてなぜか安心できました。

肩や背中に触れ優しくトントンとしながら
「大丈夫だよ」と言ってもらうのが
こんなにしあわせなのだと再認識できました。
今後は自分のセラピーやカウンセリングでも
意識して取り入れようと思います。

そして、、、
その後、一件用事があり
結構ハードなスケジュールだったにも
かかわらず、とても軽やかな気持ちで
いられましたし、帰り道に
「わたしはもう大丈夫」という言葉が
勝手に口から出て来て驚きました。

その後から
「自分の中にもう悲しい感情はない」と
いう想いが何故だか強く沸き起こったのです。


悲しい感情は、多分自分で
自分を悲しむために
持っていたような気がします。
時々出して泣く材料にするために、
まるで浄化アイテムのように
大事に持っていたのかも知れません。


不思議なことに、
そんなことすらあほらしくなってしまって^^;
「泣きたいって....何??」ってなりました。


何だかよくわからない感想に
なってしまって申し訳ありません。
簡単で軽やか、そして、
心を扱う者として本当に勉強になりました。
これからも色々教えてくださいね。
どうぞよろしくお願いいたします。



お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop

催眠療法予約
当日のお申込みは空きがあれば、受け付けます。その場合は、必ず電話でご連絡をお願いします。
TEL:03-3391-9989
当院は女性専用です。男性はご紹介に限りお受けしています。
プロフィール
ふくいてるこ

20代はプロの舞台俳優として全国を回り、33歳から鍼灸の道に入る。
もっと詳しいプロフィールはコチラ

感想と体験
よくあるご質問
癌や病気以外の方も催眠療法お請けします
催眠療法について相談
お知らせ
からだとこころのブログ
アクセス

てるこの部屋
JR荻窪駅から徒歩4分
東京都杉並区天沼3-2-18