感想と体験談 - てるこの部屋-アクセス・バーズ・催眠療法・びわの葉温灸

HOME > 感想と体験談

感想と体験談

難病のコーチング その1

2017年04月02日 [記事URL]

身体が動きにくくなるという難病です。
今年1月に入って医師から診断をされた
という方へのコーチングが続いています。


ご感想には載っていないですが
私の治療院に来ると、
手が温かくなるそうです。
(それはなぜなのか・・・
もちろん理由がちゃんとあるのです!)
また、様々なことに気付くように
なったとおっしゃっていました。
ご主人の優しさや思いやりも
以前にも増して感じるようになったということです。

続きを読む

db792fbbfb68b49052dcf3e3823ce950_s.jpg


(ここから、ご感想です)


M様  50代   東京


私は難病と診断されてから、
いろいろやりましたが、催眠療法に
興味を持ち、こちらのHPを見つけました。
病気になった理由を知りたかったのですが
理由を知っただけでは・・ということで
このコーチングを受けることにしました。

「病人を病人でいられなくする心理技術」
未完了の過去を完了させるセッションを
これまで6回受けました。


1回目の日の夕方、犬の散歩の時
いつも犬のほうが私を引っ張っているの
ですが、その日はおとなしく歩いて
いました。どうしてかはわかりません。


それ以降、追っかけまでしていた
アーティストのDVD、CD、
その他関連グッズも含めてほとんど
捨ててしまいました。
処分するのに躊躇しませんでした。


その次は、娘たちの小さな頃の思い出の
作品も処分しました。娘に話したら、
「よく取ってあったわね!」と
驚かれました。


他にも趣味で描いていた
トールペイントの作品も処分しました。
押入れがスッキリしました。

処分するのに体力が要りますが、
私にこんな力があったんだと
改めて思いました。

父とのことも心理技術で処置して
もらいました。すると少したって
愛知の実家から高齢の父が
「東京へ行く」と言い出し、
先日訪れてくれました。

私の病気の話はあまりしませんでしたが
無口な父がよく話しよく笑っていました。

この心理技術がどう影響しているのか
わかりませんが、不思議なことが起きてます。



脳腫瘍(乏突起膠腫)のコーチング その1

2017年03月31日 [記事URL]

脳腫瘍の方に心理技術を使って
コーチングをさせて頂いています。

14年前に手術、抗癌剤をしたそうです。
また少し大きくなっているからと
手術を勧められ、来院されました。

最初の時はMさんは身体を斜めにして
(斜に構えるって本当ですね)
固い表情をされていましたが、
○○レベルが少しずつ上がって気持ちも
体も軽くなってきつつあるようです。


病は、闘うべき敵ではありません。
災難に遭ったわけでもありません。
病は「本来のあなたからズレている」
という、魂からのサインのように
私は捉えています。


なので、そのズレの元になった
考え方、観念、信じ込みを
心理技術で一つ一つ処置していくだけなのです。


続きを読む

62c9b54f1ae15267ada8477b3aee4be9_s.jpg


(ここから、ご感想です)

M様  40代  東京

私は14年前の30歳の時に脳腫瘍が
見つかり、手術、抗がん剤での
治療を行いました。


その後はしばらく経過観察をしながら
なんとか元気に過ごしてきましたが、
徐々に大きくなってきているから
そろそろ手術をした方がいいと
半年前に主治医から言われました。


しかし、前回の治療の後遺症で
けいれん発作を起こし、その後5年間
パニック障害に悩まされた経験から、
簡単に手術を受け入れることが出来ず、
食事療法を始めとして色々な代替療法を
試してきました。


そうした中、ネット検索で福井さんの
HPにたどり着いたことがきっかけとなり
以前から興味があった心理療法を
試すことになりました。


正直、最初はどんなことをするのか
全く知らなかったので不安もありましたが
福井さんが長い時間をかけてじっくり
私の話に耳を傾けて下さり、事前に
詳しく説明して頂けたので安心して
受けることが出来ました。


実際のセッションでは、
私の観念や信じ込み、ものの見方の
大元になっている記憶を体を使いながら
処置していきました。

その時の私は過去の辛く悲しい感情が
蘇り、涙が止まりませんでしたが、
終わって帰るころには頭がスッキリし
心身共にすがすがしく晴れやかな気分で
帰宅することができました。


今までは生理前など体調の良くない
時期になると必ずといっていいほど、
母に対する怒りの感情が湧き上がってきて
自分では対処できずにやり過ごして
きましたが、それ以来母に対して
そういった感情がなくなり、話して
いてイライラすることもなくなりました。


毎回心理療法を受ける度に気分も明るくなり
頭の中がスッキリしていると感じています。
今までの自分はいかに過去の自分に
縛られながら過ごしてきたのかを
知ることができました。


これから先も心理療法の力を貸りながら、
本来の自分が在るべき姿になり、
病気を克服できると信じています。

(Mさん、信じなくていいんですよ~。
必ず出来ることは「信じる」ことさえ
いらないですよ~。)



自分の理解を超えた変化が起きています(生きるコーチング)

2017年03月22日 [記事URL]

「生きるコーチング」は
まだ正式にサイトに載せていません。
今現在7名の方にモニターとして
ご協力頂いています。

今現在、
子宮頸がん、乳がん、悪性脳腫瘍
核上性麻痺、リウマチ、パニック障害
ニキビのお悩みを持っている方が
いらして下さっています。
(1名様は往診しています)


私の生きるコーチングの元になっている
「病をやめる心理技術」は傾聴では
なく、介入という技術を使います。
多くの方が最初はきついなぁと
感じるかもしれません。

密度の濃いセッションなので
時間的にもエネルギー的にも
私も精一杯です。
(私が疲れるのですから、
クライアント様はもっとでしょう)
本当によくついてきて下さっています。
5月には正式に公開する予定です。

続きを読む

24238b7ba5de2210f022786cef12535b_s.jpg


(ここから、ご感想です)

K様  50代   東京

私は今、癌にかかっています。
西洋医学の力も借りましたが今のところ
それだけでは限界のところにいます。

そのうちに、
生きたいと生きないの真ん中で
感情があふれ出し、自分の力では
どうしようもなくなり、てるこさんに
連絡を取りました。

体力がどんどん落ちている中での
セッション不安もあります。
今回「心理技術」という
療法を試すことになりました。

1回目 自分の信念を作った
    子供時代のこと
2回目 子供の頃「不器用な子」と
    吐き捨てるように育てた
    母との関係の処置

まだセッションは続いていますが、
少しずつ人に対して、心を開いて
いけるようになっています。


久し振りに母から電話が来ましたが
昔の母と違っていて、とても話を
じっくり聞いてくれました。

また、昔とても傷つけられた友人が
家を訪ねてくれて、和解しました。
何か私の理解を超えた変化がじわじわと
起きてきているようです。


今はまだ途中ですが私の本当の思いとは
何かをつきとめて、生きていくために
セッションを受けます。



「理由のない、どうしようもない強い不安感」

2017年02月10日 [記事URL]

「病人でいることをやめる・
やめさせる心理技術」を使いました。


やっている私もメキメキと
手応えを感じる素晴らしい技術です。
この方は早くも2~3回で
終わるのではと感じています。
記憶の書き換えを丁寧に行うこと、
その前の問いかけで充分浮上させること
基本をしっかり行うだけで結果が出ます。

続きを読む

b8c6f4f000c6d9a0d45cd220e12bc28e_s.jpg


(ここから、ご感想です)

I様  30代  東京


先日はありがとうございました。
今回、以前からある「理由のない、
どうしようもない強い不安感」が
頻繁に起こるようになり、日常生活に
支障が出てしまうこと、大切な人達との
関係にまで影響が出てしまうこと、
今までやり過ごしてきたこの不安感を
どうにかする時期なんだと思ったことから、
てるこ先生を伺いました。


カウンセリングの段階で、
脳は騙されやすいこと、また生理的に
身体に起こっている現象が、
過去の辛かった記憶とリンクして、
今現実に起こっていないにも関わらず、
強い不安を引き起こしてしまっている。
という話、「あ~なるほど!」と
私にとっては新しい発見とともに
凄く納得した話ばかりでした。


あの後も、同じような
身体の状態になりました。
そこから、不安や辛い感情が
ふっと浮き出てくる感覚に気付き、
「あぁ、こういうことか。大丈夫、
この気持ちは過去のあのときの自分の
もので、その現実は今にはない。」
と思いました。
また、「これは本当はどんな感情
なんだろうか?」と味わおうとすること
もでき、あの悩まされていた強い、
どうしようもない不安感が
出てくるまでにいたりませんでした。


また、"心理技術"を受けている間は、
今の自分、今までの自分、
子どもの頃の自分、など全てがリンク
したような感覚で、抑えられない感情が
一気に出てしまい涙が止まりませんでした。
心に引っ掛かっていた映像を思い浮かべ、
両親やいくつかの自分の視点から捉えたこと
小さい頃の自分に言葉をかけられたりした
ことは、うまく言い表せませんが、
私にとって大きかったです。
そして、自分ではあやふやなままだった
両親への気持ちも、言葉にすることで
私自身こんな想いがあったのかと明確になりました。


終わったあとは、
なんだか頭がスッキリしていて、
少しだけ喉を締め付けられるような感じが
残りましたが、喉より下まで押し潰される
感覚はほとんどなくなりました。


そして数日後、両親と話しました。
自分の気持ちを表現出来ず辛かったこと
両親からの過干渉と大事に思われている
ことなどの葛藤、けれどなんだかんだ
とても感謝していることなど、
たくさんのことを話しました。
あんな風に穏やかで落ち着いて、
お互いの気持ちを話せたことは初めてでした。


一つ、何かが変わったような気がします。
今回、このてるこ先生のセッションを
受けることは、今の自分に必要なのだなと
改めて思いました。


今後も何回か受けさせていただくと
思いますが、よろしくお願い致します。
ありがとうございました。


☆この心理技術もモニターを
募集いたします。詳しくは
お問合せ下さいませ。



「実験」の嬉しいご感想デス!

2017年02月04日 [記事URL]

早いものでもう2月ですね。
昨年末に「実験」の講座をしました。
別に大げさなものではないのです。
集まった7人の方々に


・身体を感じること
・気持ちを感じること
・ないものではなく、あるものを
 見つけること


こういうことをお伝えしまして
しばらくやってみて下さいと
宿題をお出ししたのです。
で、続々感想がやってきています。


ご主人から感謝されるようになったと
いうご感想も頂きました。
『あるもの探し』は、実は感謝です。
私たちは最初は感謝していたのに
あっという間に当たり前になっていきます。
そして、ないものを数え上げるように
なります。これでは上手くいきません。
「ないもの」ではなく、「あるもの」に
フォーカスする『訓練』が人生を
豊かにしていきます。


奥様ご自身が、ないものではなく
あるものに目を向け始めたので
ご主人も「してくれてないこと」ではなく
「してくれていること」に目を向けて
感謝して下さるようになったのかも
しれませんね。効果絶大ですね!


「ないもの以外、すべてある!」
ラーメンマンの名言だそうです!?

続きを読む

ce66ce1c15972646b666f633d2dab4d1_s.jpg

(ここから、ご感想です)

M様   50代   東京


昨年中は大変お世話になりました。
また、宿題の提出が大変遅くなり
申し訳ありませんm(_ _)m


まず、自分の気持ちに気づくという
宿題について述べます。
これは社会福祉士として相談業務を
遂行するにあたって、いつも言われていた
『自己覚知』にあたるかと存じます。


同行二人の行とも言われ、
感情的な自分とまたそれを冷静に
観察する自分がいるという事と理解しました。


仕事柄毎日、それは出来ている必要があり
いつもずっと実践しています。
それにより、相手の方や回りがどういう
状況か冷静に判断することが出来ます。

二番目に『ある探し』ですが、
これを行うようになり、
まず、主人が変わりました。
今まで常に怒られてばかりでしたが、
感謝されるようになりました。
そして色んな話しをするようになりました。

上記の自己覚知だけでは、
足りなかったパッションの部分で
補うことが出来、大変有り難かったですm(_ _)m

以上、宿題は10日間ということでしたが、
生きていく上で不可欠なことと再認識
しましたので、永続的に実践して参りたいと存じます。
ご教示ありがとうございましたm(_ _)m



「天の采配を信じ、自分を信じ・・・」

2017年02月03日 [記事URL]

特に問題はないなぁとおっしゃる方が
います。
うん・・・そうかもしれないです。
しかし、自分でも気付かないような
あるいは、変えるのは無理だからと
諦めてしまっているようなそんな
こともけっこうあるものです。
そこをガバッと動かすと、停滞していた
現実が大きく変化していくのです・・・

続きを読む

842c3a7b586de8c3ac17a8723cb87465_s.jpg

(ここから、ご感想です)

K様  50代   東京


てるこさん、
今日はありがとうございました。

今日のファミリーパノラマ、
非常に興味深く体験させていただきました。
自分で認識している内面的な想いは
あるものの、表面的な悩みはないつもり
でいましたが、てるこさんと話していると
自覚していないだけで潜在意識の
深い部分に根付いているものがあったようです。

ファミリーパノラマは、
幼少期の自分の家族や自分を取り巻く
人達(親戚など)が自分にとって、
どのような位置に居るのか?
実際に名前を書いた紙を配置して
その距離や向き、高さ、距離などで
お互いの関係や与える影響、
力関係などが浮き彫りになるのですね。

途中、自分以外の人の立場になり、
その場に存在する人達との関係性を
同様に紙を配置し直したり.....
その場面に登場した全ての人の目線で
人物を動かして行くと自然と位置や
距離も変化して行くのも面白かったです。

そして、どんどん質問に答える形で
掘り下げて行き、最終的に影響が大きい
ひとり(わたしの場合は母親でしたが)
を特定し、母から祖母、さらに、
会ったこともない曾祖母にまで
意識を飛ばすところが
このセッションの一番の醍醐味ですね。

自分ではなく、自分とDNAレベルで
つながりのある相手(わたしの場合は
母方の曾祖母)を癒すことで、
深いレベルから「今」目の前に有ると
思われる問題を乗り越えるヒントが得られました。

そして、何より納得したのは
「答えは自分の中にある」ということ。。
てるこさんに導かれるまま潜在意識に
繋がり、自分の中にある答えを
引き出してもらえたのだと思います。

今日受け取ったメッセージを
何度も心に焼き付け、
根気強く自信を持って
積み重ねて行こうと思いました。
すぐに成果を出そうとしたり、
うまくいかないと簡単に諦めてしまう
自分の弱さを克服していきたいと思います。

このタイミングでてるこさんに会いに
行ったことも、多分天に導かれているのでしょうね。
これからも天の采配を信じ、
自分を信じてへこたれない自分になります!



「ご先祖様が喜んでいる!」

2017年02月02日 [記事URL]

家族・・・
ああ、ここに手を付けるのは大変です。
実際は、覚悟の出来た方しか
いらっしゃらないんですよ、実は。


だから、ファミリーパノラマに
申し込まれた方はもう充分に準備が
出来た、今がその時なのだと思います。
そして、先祖供養とも言われる所以が
よくわかると思うのです。

続きを読む

bbf654ed7e2263bc5cf3f1178a9bd60b_s.jpg


(ここから、ご感想です)

T様  40代  東京


先日はありがとうございました。

12月に伺った時に
"来月モニター募集するので良かったら"
と声をかけていただいたので、
私に必要なことなのかな?と思い、
何をするのかなど特に考えずに
申し込んでしまいました。


家族関係はあの人はこう、この人はこう
と自分のなかで納得させているところが
あったのですが、幼児期に戻りそれぞれ
の立場から見て動かしていくと、
誰も悪くないし皆んな一生懸命だった、
という感じがしました。


父は厳しく気難しいので
いつも緊張感があったのですが、
楽しく旅行ができ朗らかに写真が撮れました。


兄とはあまり気が合わず、
きっと星が違うから仕方ない(笑)と
思っていたのですが、兄弟として
同じ立場になれて素直に良かったと
思いました。
めんどくさい人なので出来るだけ
接点を持ちたくないと兄のこと
思っていたのですが、
不器用な人なんだなぁ、損してるなぁ!
と少し理解出来たような気がしました。


一番印象に残ってるのは曽祖母のこと。
セッションで曽祖母に変わってもらい
軽くなったのですが、その影響の強さに
驚きました。
私は彼女のこと何も知らないのですが、
似ているというか同じものを
持っていると思いました。
言葉で上手く表現出来ないのですが、
家系の持っているもの、ということを感じました。


以前私は"自由と解放"を意図してワーク
していたときがあったのですが、
ある時父も私と同じように
自由になりたかったんだ!と感じ、
1週間位してご先祖様も同じだったんだ!
と感じました。
父もご先祖様も自由になりたくて
もがいていた‼︎ということは
私が自由になればご先祖様も自由になる!
ということ?もしかしてこれが先祖供養?
と思ったのですが、このセッションで
それが理解出来たような気がしました。


だから私には、
何がなんでも這いつくばってでも
生きる!という思いがあったんですね。
だって生きてないとできないから!


なんか深いというか、面白いというか。
私は20歳位から先祖供養をベースに
生きてきて、先祖供養って何?と
疑問もあったのでとても
楽になったような感じです。
これを書いていて涙が出てくるのですが
ご先祖様が喜んでくれているみたいです。
生きてて良かったぁ!


まさかこんなギフトがあるとは!
やはり私に必要だったんですね。


そう言えば、アクセスでも
95%とか99%自分でないと言いますね。
なんかそれも理解出来たような気がします。

てるこさん、
ありがとうございました( ◠‿◠ )



「稼いでも稼いでもお金が出ていってしまうのは何故?」

2017年01月31日 [記事URL]

ある心理学では6歳位までの家族関係を
通して、この世界との関わり方を
決めてしまうと言われています。
でも大丈夫!
記憶は現実ではありません。
なので自由に書き替えることが出来ます。


それをきっちり書き換えれば
「過去」に影響されなくなります。
あなたが何歳であっても間に合います!

続きを読む

55a1c43b9c358ed62cce9ed8b58120a0_s.jpg


(ここから、ご感想です)

I様   40代  千葉県

てるこ様
こんにちは~
昨日はファミリーパノラマセッションを
ありがとうございました。

母親との関係を変える為に
受けたんですけどね・・・。
原因は以外なところにありました。笑笑


そして帰宅してから(電車の中では爆睡 笑)
・・・・・・いろいろ思い出しました
物心ついた時には、気づいたときには
既に私は「変わってる子供」のレッテルが
貼られていました。


それは、食べ物の嗜好だけではなかったと
思い出しました。
私は頭ごなしの「ダメなものはダメ」が
納得できず、その理由をちゃんと
話してもらいたくて母親に
「なぜそうなのか?なぜダメなのか?」
と食い下がっていました。

そして返ってくる答えは・・・
「可愛げがない」「子供らしくない」
「屁理屈ばかり」等々そして
そのあとに続く言葉は
「おばちゃん(母の姉)もあの子は
変わってる。子供らしくないと言っている」
でした。

母にとっては伯母は母親代わり
だったのでしょう。
最も信頼をしている姉(伯母)が
そう言っているのだから、
(理由はわかりませんが、伯母にとっては
私は可愛くない姪だったのでしょうね)
長女は素晴らしい子、次女(私)は
変わっていて可愛げのない子という、
植え付けがあったのだと思います。

実際に子供の頃、偶然、私の姉が
「お母さんは私と陽子に対する態度が違う」
と母に話しているのを聞いてしまい、
母は「あの子は可愛くない」
といっていましたから。


そうやっていつも伯母のお気に入りの姉と
比べられ、ダメだしをされ
段々と家族には心を閉ざしていきました。


学校に入る頃には、自分に全く自信がなく
私はみんなとは違うからと
なかなか学校というシステムに馴染めず、
やはり社交的で大柄な姉と比べられ
ますます萎縮していきました。


いつからか、生きる術を身につけ
「いつもニコニコ」を心がけ
友達もできましたが、心には大きな闇が
スクスクと育っていたのです。

私の心の闇。
それは、母に気に入られるように、
機嫌を損ねないように
(嫌われたら捨てられるという
思い込みはありました。)
自分を偽り続け、母の為に、
自分を守るために自分を犠牲にしてきたこと。

ずっと我慢をしてきた事。
成長した私は母のお金の問題を引き受けて
家族のお金の供給源になってきた事。
いつしかそれは大きな怒り、憤りに変わり
ついには病気にまでなってしまったわけですが。

そしてファミリーパノラマを受けて、
初めて母の後ろにいる伯母夫婦が
両親を支配し、コントロールして
いたことに気づきました。

子供時代には言葉にする事は
出来なかったのでしょうけど
エネルギーとしては敏感に
感じ取っていたのですね。
支配する側と、される側の、
大人の世界の理不尽さ、不条理さ
そこに加えて母の人生やお金についての
物の見方に感化されて迎合したり、
模倣したり、でも顕在意識は抵抗していたり・・・


それが「お金」という物質を通して
問題の核心をずっと私にみせてきたの
ですが、本当に全然昨日まで気づいていませんでした。


これじゃ~いくらお金のワークを
やってもね・・・です。
でもね、これで私の中の母に関しての
物の見方は変わりましたから
あとは、いらない思考は捨てて、
お金を好き♪になることですね。
今度はDRTとバーズセッション受けたいな~。



「主演=私。 自作自演の悲喜劇」

2017年01月30日 [記事URL]

人間とは、滑稽なものです。
「私は不幸だ」
「私は幸せになれない」
「私は幸せになってはいけない」
などの観念があると
幸せな環境が整ってきても
不幸なことを「証明」しようと
するのです。
自ら不幸を創り出すのです。

本当に滑稽なものですね。
しかし、その観念を把握し
根こそぎ書き換えるのです。
あなたが自分に持っているイメージは
ただの「記憶」です。
それは「言葉」であり、「映像」です。
悲劇を喜劇に書き変えるのは簡単です。
あなたが、やるかやらないか、だけです。

続きを読む

4cfd6a6e643d02946ea6d2af4bd50b8f_s.jpg

(ここから、ご感想です)

A様  40代  神奈川県

<きっかけ>


病気になってから、家族(特に、父母)
との関係から、私が得ている信念について
考えることが多くなりました。
色々なことを手放すことが出来たらと
思い、モニターの申し込みをしました。

<受けてみて>


子どものころの私が感じている家族や
周りの人間関係について、私との距離感や
顔の向きなどを考えるワークや、
その家族に対して欠けていると思っている
資質を考えるワークをしました。

母や祖母、曾祖母とのつながりが、
私の信念を作っていることがよくわかり
ました。また、彼女たちに欠けていると
感じている資質は、まさに私にも必要な
資質であり、言っていてなんだか少し
恥ずかしいような気がしました。

私の病気がわかった頃、
私は理想としていた環境の中にありました。
日々悩みはありながらも「あれ?これは
幸せというのでは??」という気持ちが
芽生え始めていました。


母も祖母も幸せな結婚生活では
なかったのに、まさに「そろそろ不幸に
ならなければ私は幸せになってしまう」という
絶妙なタイミングで私は病気を得ていました。
ワーク中に「あ、そうか」とそのことが
納得でき、我ながら滑稽な話だなと思いました。


面白かったのは、家族で旅行に行く
ワークです。祖父は亡くなっていたし、
父も居なかったので現実にはあり得ない
メンバーで旅行に行く想像をして見ると、
その時に皆でしていることは、今私自身が
子どもたちと過ごしている内容でした。
出来るだけ父親と楽しく遊んでほしい、と
いう私の願いは、私が遊んでほしかった
父親(と祖父)との思い出作りなのでした。


記念写真を撮ってみると、ふわっと
嬉しい感じがしました。
このエネルギーをいつも持っていることで
私の人生はもっと温かく、楽しいものに
なるなと思えました。




「20年ぶりの穏やかな喜び」

2017年01月29日 [記事URL]

ファミリーパノラマのご感想です。
セッション後、「?」という方でも
水面下で大きな変化があるのが
ファミリーパノラマの特徴かもしれません。

続きを読む

47d4b447b7091aa70e6f592cdac27535_s.jpg


(ここから、ご感想です)

T様   30代    東京

先日はファミリーパノラマのセッションを
ありがとうございました。
感想が遅くなり、すみません(>_<)

でも、お時間を頂くことによって、
セッションで出てきたことをゆっくり
落とし込み、自分の感覚の変化を
実感することが出来ました。

このファミリーパノラマのセッションを
受けたのは、ここのところ顕著に浮き
あがってきていた、両親(主に母)に
対して持っているわだかまりを紐解く
ことが出来るかもしれないと思ってのことでした。

セッションで印象的だったのは、

母方の家系に対して「何があっても
大丈夫と思える自信と楽観さ」を
求めていたこと、そこを曾祖母まで遡って
定着?させることで、私の何かが安心したようでした。

そして、世の中は怖いものだから、
母とくっついていれば大丈夫と実は思って
自立しないようにしていたことは
意外でしたが、なんだか腑に落ちて
納得できました。

そして、セッションの数日後に両親と
旅行に行く機会があり、今までだと両親と
長時間一緒にいることは居心地が悪く
難しかったのですが、何か深いところの
自分のこだわりが解けたことで、
ここ20年くらいで初めて数日間ずっと、
何も違和感なく、むしろ両親に対して
穏やかな喜びと感謝とともに過ごすことが
できました。

セッションが終わったすぐ後は何が
起きたのかよくわかりませんでしたが、
てるこさんのセッションによって
こんがらがっていた自分の思いが
ゆるゆると解けていったように思います。

両親との関係性を変化させていこうと
していた私にとって、とても大きな
サポートをいただきました。


セッション後のお話もとても為に
なっています。教えていただいた
マイケル・シンガーさんの本、今の私に
必要な本のようです。とても興味深く
読み進めています。

セッションと、いろいろな情報、
本当にありがとうございました!

また何かのときはよろしく
お願いいたします(^^)。




《 前 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 


お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop