実存的変容

アクセス・バーズ/催眠療法/鍼灸 [てるこの部屋]

実存的変容

2014-10-16

なんとなく難しい言葉ですね。
初めて聞きました。


両国での医療催眠学会で、天外伺郎さんの講演で聞いた言葉です。
癌などの重い病気は、「実存的変容」が起こると治ることがあるということでした。
「起きた現象には、意味がある。
その本質に気付くことによって
現象自体が消える。」 と、いうことらしいです。
つまり、癌になったのには意味がある、、、
その意味や癌のメッセージ、癌の本質がふに落ちれば
癌は消えてなくなる、ということだと思います。
しかし、実存的変容に至るには、十分追いつめられることが必要なようです。
暗い魂の闇夜ともいえるようなネガティブな底なし沼を、
いったんは通過しなければならないようです。
通過儀礼というものでしょうか、、、。
よく(たまにかな、、、)癌になって良かったという方がいます。
それは、この実存的変容が起こった方なのでしょう。
治っても、治らなくてもいいのかもしれません。
人生が、あなたに求めてくるのは、
癌が治ることより、「実存的変容」なのでしょう。
あなたがあなたらしく輝いて生きている瞬間を求めているのです。
逆を言えば、今この瞬間を輝いて生きていたら?
治る!かもしれません。
今のあなたの、BE(存在する、在り方)は、どんな状態ですか?
目まぐるしく動く、自分の気分、感情、在り方を感じましょう。
今、この1秒だけなら、輝いて生きることはできそうです。
その1秒の積み重ねが、未来を変えていくのでしょう。


お問い合わせ
お問い合わせ

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME