等価に見る・・・ヴィパッサナー瞑想の極意

アクセス・バーズ/催眠療法/鍼灸 [てるこの部屋]

等価に見る・・・ヴィパッサナー瞑想の極意

今日は、「日曜の瞑想」でした。 今週もお一人だけでしたが、こうやって来て頂けることに感謝です。 まず、「慈悲の瞑想」から。 慈悲の素晴らしい波動で部屋を満たします。 そして、歩きの瞑想です。
五感から入ってくる情報に気付くだけでなく、 意識にあがってきたものにも、ラベリングします。 「病気はずっと治らないのではないか」とか 「治療なんてしても意味ないのではないか」とか 身体のセンセーションだけでなく、心の観察が出来たらかなり上達しています。 恐怖や不安のごくごく最初の小さな芽のうちにつんでいくのです。 ヴィパッサナー瞑想の極意は「すべてを等価に観る」です。 良い悪いではなく、他人事のように、同じ価値で見ていくのです。 人は誰でも、自分が可愛く自分がいちばんなのです(エゴってやつですね)。 だから、自分の病気は他人の病気より、たいへんなことなのです。 なんとしても、早く解決したい、あるいはそこから逃げ出したいのです。 すると、空想、妄想が始まり、悲観的になってしまいがちなんですね。 執着してしまいがちなそこを、冷静に等価に見ていくのですね。 やればやるほど上手になっていきます。 スポーツと同じで、練習あるのみです。 過去の出来事の後悔、未来への不安、恐怖、、、。 ほとんどの人は、今この瞬間に生きてはおらず、 大切な大切なエネルギーをダダ漏れさせています。 病気が治ったあかつきのことばかり考えていたら、疲れ果ててしまいます。 ましてや、「治らない病気」というものにフォーカスしていたら、 治らないことに、餌(エネルギー)をやっているようなもんです。 餌をやったら、肥え太っていきますよ。 フォーカスした部分が大きくなっていくものですから。 私たちには、今この瞬間しかないんですよ、知ってました? 知っていますよね? 今、何を感じていますか? 今ですよ、いま! そして、目の前の人を本当に見たら、何を感じますか? その人の瞳の中に何が映っているでしょうか? 今日は、しっかり見て下さい。 そこにすべてがあるかもしれません。 私は今朝、トイレに行く直前平安を感じました(なんでですかね~)。 ぎょっとしました。 あれれ、何もない。 苦しみも悲しみも不安もイライラも、そして喜びも、なかったです。 何もないってことにびっくりしました。

お問い合わせ
お問い合わせ

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME