「無防備」の恩恵

アクセス・バーズ/催眠療法/鍼灸 [てるこの部屋]

「無防備」の恩恵

2015-01-09

チャック・スペザーノ博士の言葉は深いです。
数々ある中で、私はこの言葉がいちばん好きです。


「無防備とは、心が開いた状態であり、矛盾するようですが、安全を提供します。自分自身を防衛したり
守ろうとしたりしても、それはほとんどの場合成功せず、むしろ怖れを生み出します。怖れは私たちが
怖れている、まさにそのことを引き寄せます。エゴの世界では、これがさらに大きな防衛を作る格好の
理由になりますが、ハイヤーマインドの世界では、これはいいニュースです。なぜなら、まだ癒されて
いない問題が、完全に癒されるためにやってきたと捉えるからです。
私たちが防御しようとすると、よけいに注意を引き、怪しい魅力となって他の人たちの興味を引かずには
おきません。守ろうとするものが、私たちの防衛によってかえって強調されてしまうのです。どんな防衛
も攻撃を生みます。
隠された痛みはどんなものであろうと、表面化し、解消できる状況を求めます。完全に癒されるまで
何度でも繰り返し表面に上がってくるのです。それを目的に私たちは隠れた痛みを引き出すべく
きっかけを作り、それに感情が反応し続けるわけです。
きっかけがあると、内面の痛みが吹き出してくるので、私たちは過剰に反応します。そしてあたかも
自分の外側にある何かのせいで痛みを感じるのだと思えてなりません。エゴはこれをまた別の防衛の
格好の理由にし、さらにエゴを強めるのです。痛みをまわりの誰か、あるいは何かのせいにし、それが
自らのマインドから生じているとは思わず、自分の責任だとも思いません。他の人のせいにできない
時には、エゴはそれを私たちのせいだと思わせます。これは責任と無防備を妨げ、エゴをさらに強める
だけです。
ハイヤーマインドは、どんな心の動揺もすべて、問題の癒しを最終的に完了させる機会として捉えます。
私たちは、特定の自己概念やエゴの側面を断固として守ろうとします。しかし、私たちの真実の姿は
なんの弁護も必要もないのです。
私たちを身構えさせ、葛藤に陥らせるのは、疑い、不安、そして気づいていない正反対の観念に対する
埋め合わせなのです。実際には価値がないにもかかわらず、私たち自身や世界の目には、あたかも
何かが私たちに価値を与えてくれるかのように思え、私たちはそれを守ろうとします。
しかしそれを自分のものにしたとたん、それに自分がとりつかれてしまうのです。防衛はたいてい、
私たちを問題と一緒に閉じ込めてしまいます。防衛的になると、必死に働かなければならず、多大な
エネルギーを使いますが、それをコミュニケーション、交渉、楽しみに使うほうがすっといいはずです。
無防備は、私たちをオープンにし、受け取ることが可能なものはすべて楽しめるようにします。」
私は根っからの心配性で、あれもこれも先読みしてしまう癖があります。
大きな失敗はしないのですが、人生の大半を不安や心配の波動で生きてきたように思います。
きっと自分や周りを信頼することが少なかったからです。
性分を直すのはたいへんなことですが、まずは自覚することからですね。
ハートを緩めて、今に生きると「無防備」の心地よさがじんわり感じられます。
何かが起きたら、、、その時考えればいいだけですしね。
無防備とは、アホなようでいて、超リアリストかもしれませんね。


お問い合わせ
お問い合わせ

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME