ぐちゃぐちゃのハンバーグ

アクセス・バーズ/催眠療法/鍼灸 [てるこの部屋]

ぐちゃぐちゃのハンバーグ

2015-01-30

サイモントン療法などのイメージ療法の中に、
癌細胞を、ぐちゃぐちゃのハンバーグに見立てるというのがあります。


癌細胞は、もともと弱いもろい細胞なのです。
不安定な細胞なのです。
ぼろぼろのハンバーグに見立ててみましょう。
それを免疫細胞という賢いお魚ちゃんが、パックパクと食べてしまうのです。
免疫細胞は、しっかりした強い細胞です。
ポロポロのもろいハンバーグを大きな口で食べつくします。
あっという間に頂きました!
ごちそうさまです!
こんなイメージ療法、合う人には合います。
もちろん、ご自分の好きなイメージで創って下さい。
関西の人なら、たこ焼きかな?
リアルに感じられたらいいですね。
リラックスして、催眠状態で行うのがコツです。


お問い合わせ
お問い合わせ

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME