「いつもちゃんと教えているよ」・・・ガイドより

アクセス・バーズ/催眠療法/鍼灸 [てるこの部屋]

「いつもちゃんと教えているよ」・・・ガイドより

2015-02-22

私の友人が、催眠療法に来てくれました。
とても不思議な直観力のすぐれた人で、いろいろメッセージをもらっていたそうです。
それが、ある病気が治ってから繋がらなくなったというのです。


それで、催眠療法なのですね。
お仕事のことを見ていきました。
クリエイティブな仕事をされているのですが、
古ーい古ーい前世と関係があったのです。
友人には、目から鱗の新しい認識が生まれたようです。
焦っていた気持ちが解消されたようです。
良かったぁ!!!
その友人から、メールが来ました。
ガイドやハイアーセルフと直接的に繋がっていないように思えても、
「いつもいろんなところで、ちゃんと教えているよ」と浮かぶということでした。
例えば、
・自分でひらめいたり、
・誰かに言われたり、
・それでも駄目なら病気にしたり、
とのことでした。
私もそう思います。
私は、立て続けに誰かに言われるってことが多いです。
シンクロニシティっていうものもあります。
例えば、ある知人からもっと休んだほうがいいと言われます。
(と言われても、具体的にはどう休めたらいいんだろ?)
と思っていたら、別の知人が腕の良いオイルマッサージセラピストを教えてくれたり。
(でも、もう少し休んだほうがいいけど、私の頭じゃ思いつかない!)
と思っていたら、ゆっくりできる旅行の話を持ってきてくれる友人がいたり、と。
遭遇した事柄から、ガイドからのメッセージを推察することもあります。
例えば、出かけようとしたら、鍵が見つからないとか、
電車に乗り遅れてしまったとか、
喧嘩を見てしまったとか、
こんな時は、「注意」したほうがいいよ、「落ち着いて」というメッセージかも。
この広大な宇宙の中で、自分が何に着目してしまうか、
これには意味があるように思います。
良いと思われることも、悪いと思われることも、
自分の意識がどこにフォーカスしているのかを冷静に見ていればいいのです。
また、意識的に問いかけることも出来ます。
コツは、具体的にこれこれについて教えて下さい、とお願いするのです。
来たメッセージがあいまいだったら、
私にわかるように具体的に教えて下さい、とまたお願いするのです。
きっと立て続けにやってきます。
私は、いつも通る坂道で空に向かって「助けて下さい」と言います。
間髪入れずに、自分の胸に湧きおこります。
「助けているよ。」
また、別の日も「助けて下さい」と言います。
また、すぐ返ってきます。
「助けているよ。」
涙が溢れてきます。
「助けているよ。」
いつでも、「それ」は、ずっとずっと、
これまでもこれからも私を助けてくれているのです。
聞けば、教えてくれるのです。
メッセージを受け取れないのは、聞かないからなのかもしれません。
「いつもちゃんと教えているよ」ということですから。


お問い合わせ
お問い合わせ

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME