「ヒーリングとはなにか」 その1

アクセス・バーズ/催眠療法/鍼灸 [てるこの部屋]

「ヒーリングとはなにか」 その1

2015-03-29

私の大好きなスティーブン・レヴァインの「癒された死」の第1章です。
ヒーリングとは、一般的には「癒し」のことですが、
単に病を治したり、健康になったりするだけのものではなさそうです。


印象的なロビンという女性の話が載っています。
ロビンは、3年近くも癌を治すことだけに集中してきて、
様々な治療法を試みていましたが、再発してしまいました。
そして彼女はこう言ったのです。
「もう治ろうとするのはやめて、自分を死なせてやるべきなのかしら?」
スティーブンは答えに詰まります。
そして、、、彼のハートは深い部分から答えをささやきました。
「ほんとうに問題なのは、「どこにヒーリングを見いだすか」だ。」
また、「完了」とは何かという自らへの問いかけにもなりました。
ロビンは、著名なヒーラーたちにパワフルなヒーリングをやってもらったのですが
(そのエネルギーは、周りの人々にもはっきり感じとれたという)
翌週には、さらに30個の腫瘍が出来たことを発見するのです。
ロビンは言います。
「ヒーリングが効いたのだと思います。生まれてはじめてというくらい、
心が大きくひらいているのを感じるし、この病気もたぶん仕上げの時期に
きたのでしょう。」
結局、ロビンは肉体という現象では死にましたが、
心と魂は大きく広がり癒されたのです。
人間は、「不死身」ではありません。
それぞれの人の「本当に」望むことが出来れば、万々歳なのでしょう。
肉体は死んでも、心は癒されたのです。
何が何でも癌を治すという頑なな不安と恐怖に満ちた心を手放し、
すべてを受け入れている自分を発見したのです。
ひょっとしたら、彼女にとっては治ることよりも
「自分を受け入れる」ことのほうが難しいことだったのかもしれません。
スティーブンはこう書いています。
「・・・それは人生をより深く見、より深く参加していくことだった。
ある者は自分の内側ふかくさぐり、愛をこめたやさしさ、いつくしみといった
資質を育てる作業に取り組むーちょうど、道にまよった子供が林の小道を行く
ように。そしてついには、「いま」という瞬間そのもの、生そのものに直接
触れたという至上の喜びを味わう。またべつの者にとってはこの道は苦闘だが、
それでも、古い怖れや執着をはっきりと手放したことに満足できる。それは
骨おって開拓した、まったく新しい生である。」
いやいや、そうは言っても・・
そう簡単に「自らの死」を受け入れるわけにはいきません。
その話は、次回に・・・


お問い合わせ
お問い合わせ

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME