亡くなった人との会話(悲嘆療法)

アクセス・バーズ/催眠療法/鍼灸 [てるこの部屋]

亡くなった人との会話(悲嘆療法)

催眠療法の一つに、悲嘆療法というものがあります。 グリーフ・セラピーともいいます。 一体何を嘆き悲しむのかというと、亡くなった方の魂を呼び出すのです。
えっ?恐山のイタコ? いえいえ、実際にセラピストに憑依するのではありません。 (でもね、私自身は時々、「ゴースト ニューヨークの幻」の ウーピー・ゴールドバーグのような存在になったような気がする時があります) 悲嘆療法は、クライエントのイメージの中に小屋(部屋)を作り、 そこに亡くなった方の魂を呼び出すのです。 魂というと誤解を呼びそうなので、エネルギーと言ったほうが良いでしょう。 亡くなった方のイメージやエネルギーは、残された人の中にあるのです。 そのイメージやエネルギーを使った心理療法なのです。 愛する人に先立たれた悲しみは筆舌には尽くせません。 残された人は、まるで自分自身の一部を失ってしまったようです。 今まで、愛する人の中に自分自身を見ていたのです。 相手は、自分の鏡であったのです。 その鏡が突然失われると、自分を認識することが出来なくなります。 残された人は、自分を見失ってしまうのです。 また、未完了という辛さが残る場合があります。 言いたかったこと、伝えたかったこと、聞いておきたかったこと、、、。 完了されていなければ、宙ぶらりんの苦しさがいつまでも付きまといます。 この未完了を完了させるのが、「悲嘆療法」です。 かつて愛する人を失い、極度のうつ状態だった方が たった一回の「悲嘆療法」で劇的に明るくなった事例を聞きました。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 残された妻「なんで、死んじゃったの?」 亡くなった夫「仕方ないだろ、病気だったんだもん。」 妻「あなたと会話できないから、淋しいよ。」 夫「元から、会話なんてあんまりしなかっただろ?」 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 意外と、普通の会話が行われるのです。 もちろん、「愛しているよ~」というドラマチックな展開も起こるでしょうが、 まるで生きている時の続きのような、なんでもない会話なのです。 そして、伝えきれなかった思いや言葉を伝えると、 完了されていきます。 こちらとあちらと、居場所がほんの一時変わっただけ、 まるでちょっと長い単身赴任のような、 魂は永遠なので、必ず会えるという確信が生まれるのです。 残された人の未完了を完了させる、、、それが悲嘆療法です。 悲嘆と書くと、涙涙かなと思ってしまいますが、 心があったかくなり、安心感が生まれる素晴らしい療法です。 死別後の空虚感がなかなか取れない、胸がひっかかりがあるようだ、、、 そんな方は、悲嘆療法を試してみてはいかがでしょうか? 荻窪のウーピー・ゴールドバーグがガイドをさせて頂きます(笑)。

お問い合わせ
お問い合わせ

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME