バナナと会話する男

アクセス・バーズ/催眠療法/鍼灸 [てるこの部屋]

バナナと会話する男

2014-05-03

今朝、夫が仏壇と神棚の前でご挨拶をしている時、こう言いました。
「バナナをどうぞ~って、言ってるよ。」


私のほうのご先祖様が、バナナが食べ頃ですよと伝えてきたと言うのです。
夫は、一本のバナナをつまんで持ってきました。
分け合って食べたバナナはちょうどいい熟れ具合!美味い!
そしてまた、仏壇の前を通ったら、
今度はバナナ自身が言ってきたそうです。
「もう食べれるよ~」
夫は、脳腫瘍の手術後の高次脳機能障害でこうなったのではありません、念のため。
元から、直観というか、チャネリングしてしまうのです。
でもでも、バナナと会話出来るようになるとは!
直感やインスピレーションって、
すごい「啓示」が来ると勘違いしている方はいませんか?
もちろん、神々しいメッセージを受け取ることもまれにあるでしょう。
(それは、どんな時なんでしょうねー)
でも、ヒプノセラピーをやっていて思うんです。
、、、、、、ふと、、、、、、、なんとなく、、、、、、
なんだか感じる。なんだかそう思う。微かな感じ、、、、、、。
仏壇の横を通ったら、バナナが気になった。
そんな微かな感じ。
小さなものを感じていくと
直観力は磨かれます!たぶんね。
ヒプノを初めて受ける時、
どんなふうに見えるのだろう、感じるのだろうと
不安な方も多いでしょう。
ドカーンと海が真っ二つくらいの衝撃度の方も確かにいます。
でも、微かな感じ、、、、それも素敵なヒプノです。


お問い合わせ
お問い合わせ

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME