乳がんの方のイメージワーク

アクセス・バーズ/催眠療法/鍼灸 [てるこの部屋]

乳がんの方のイメージワーク

2015-06-04

N様       乳がん       東京  40代 
感想
『先日、「癌と向きあうイメージワーク」
なるものを受けさせて頂きました。
2-3年前に、別のサロンで受けたことがあったのですが、
ビジュアルで見えるわけではなく、何か物足りない感があり、
ヒプノは自分には合わないな…と思っていました。
ところが、福井さんから、ビジュアルで見える人、
身体で感じる人、匂いで感じる人など様々だ、
ということを伺い、もう1度受けて見る気になりました。
最初に丁寧に説明して頂き、
十分理解した上でセッションに入りました。
福井さんの誘導で、どんどんリラックスして行きます。
そして草原の中に入って行きました。
今回は、その場所をよーく感じることが出来、
草の上でコロコロ転がったり大の字になったりして
味わっていました。(これは、初めて味わう体験でした。
しっかり感じることが出来て、良かった!)


そして、”身体の中で気になっているところ(患部)
に入ってみる?それともその存在に出てきてもらう?”
と聞かれ、出てきてもらう方を選択しました。
(私は去年、左胸の乳癌の手術を受けています。)
すると、急に目の中が暗くなり、涙が溢れて来ました。
そして左胸と左腕が動き始めました。
“自由に動いていいですよ”と言って頂き、
動くに任せていました。
(福井さんが、フランキンセンスの
エッセンシャルオイルを足の裏と手首に
塗布してくれました。フランキンセンスは、
乳香と言われ、キリストに捧げられたと言われています。
癌に効果ありとされるオイルです)
“身体に色々聞いてみたら?”と言われ、
どうしたいのか聞いてみると、
“動きたい!”と感じました。
どれだけ動くのだろう、というくらい動き続けました。
暫くすると体の動きが止まりました。
″これからどうしたいか″福井さんから聞かれ、
“これからどんどん、好きなように動いて行く!”
と決意しました。
その時感じた色は、オレンジ!
好きな色ではなかったのですが、
通常の第二チャクラの色ではなく
この場合「喉のチャクラの色=自己表現」
と教えて頂き、妙に納得。
実は、最初の草原の花々もオレンジ色だったのです。
通常は選ばない色なのに?と思っていました。
私に必要なエネルギーの色だったのですね。
福井さんから、潜在意識は「今、必要なこと」が
わかると聞いて納得しました。
最後に、色を使った体の癒しを教えていただきました。
また、ハミングで患部に響かせ、はがすと
いうようなやり方もしました。
セッションが終わり、
もっともっと自分の好きなことをして、
自己表現していけばいいんだな…
と気付かせて頂きました。
自分のイメージの感じ方が何となく分かって来たので、
次回はその涙の訳が知りたい、と思っています。
有り難うございました。』
(イメージワークをやろうと思っていても、
潜在意識が必要なことは、ソマティックヒーリング
だったようです。
その時のその時の展開にまかせて
自由に流れに乗るのがいちばんです。
潜在意識は、やりたいことと必要なことが
常に一致しています。
安心して流れに乗りましょう。
癌の言い分を聴くために
ヒプノはとてもお勧めです。
そしてさらには、毎日の生活に
落とし込むことです。
一時の不思議な体験にしないで
イメージワークのヒントを
掴んでいろいろやってみて下さい。
もちろん、疑問質問お受けします。
フォローもさせて頂きます。)


お問い合わせ
お問い合わせ

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME