癌の緩和ケアの医師のお話

アクセス・バーズ/催眠療法/鍼灸 [てるこの部屋]

癌の緩和ケアの医師のお話

昨日は、催眠療法の勉強会でした。 いつでも医師の方が数名参加されています。 昨日お話した方は、関西方面からの方でした。
「大体亡くなる2週間前くらいから、 潜在意識とつながり、いろいろな妄想や イメージが出てきます。」 「亡くなる前の様々な妄想やイメージは 決して良いものばかりではありません。 死神が自分を引きづり込む、なんて おっしゃる方もいますよ。」 「人は生きてきたように、死にます。 静かな人は、静かに。 怒っていた人は、怒りながら。 気配りの人は、気配りをしながら。」 「見ていて辛そうなのは、 ご家族との葛藤が多い方です。」 「子どもさんや、配偶者との 未完了が多いと、死に際して 苦しみが多いようです。」 「ご家族との未完了なものが 完了され、心と心が触れ合い、 気持ちが通じ合うと 驚くほど安らかに逝かれます。」 緩和ケア、つまりホスピスの現場の 様々なお話を伺うことが出来ました。 人間は「不死身」ではありません。 いつかは、肉体を離れます。 体の苦痛は、医療にまかせて、 心の苦痛を、どうするか・・・ 誰にでも訪れる旅立ちをどうするか・・ 私にお手伝いできることが もっと何かあるような気がしました。

お問い合わせ
お問い合わせ

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME