本当にあった不思議な話

アクセス・バーズ/催眠療法/鍼灸 [てるこの部屋]

本当にあった不思議な話

2015-08-31

今日のクライエント様の話には驚きました。
亡きお祖母様が「行きなさい」と言ったそうです。
私のホームページを見ていたら、
「ここに行くんだよ。今ここに電話するんだ。」
と、亡きお祖母様の声が聞こえたそうなのです。
思わず、よくあることなのですか?と聞きました。
でも、そんな体験は初めてだったそうです。


544b1331ebd63da8ea1bafd2f1874dca_s.jpg
それでも、そのクライエント様は躊躇したそうです。
それは、私の治療院が定休日だったからです。
(水曜は休みだって書いてある・・・)
でも、亡きお祖母様は電話しなさいと言います。
(じゃ、電話して繋がらなければやめよう・・)
そんな気持ちで電話したそうです。
実は私、そのお電話のことはよく覚えています。
その日、九頭龍神社に呼ばれて箱根にいたのです。
ちょうどお蕎麦を食べて、芦ノ湖を眺めていました。
ふと、ポケットの携帯電話が気になり、取り出しました。
その時は、サイレントマナーモードでした。
つまり、音も振動もすべて切っていたのです。
ポケットから出した瞬間、着信がありました。
(あらっ?偶然だ!)
通常は気付かないはずでした。
休みの日だけれど、転送していたのです。
出ると、そのクライエント様でした。
それでアクセスバーズの予約が完了したのです。
何か大きな力が働いているような気がします。
なぜ、その方のお祖母様は私の治療院を勧めたのでしょうか?
それはいずれ明らかになってくるのでしょう。
今は深く考えなくてもいいのでしょう。
私たちはすべてつながっている・・・
誰一人見捨てられるものはいない・・・
目には見えないけれ、「大いなるもの」を
信じなさいと言われているようです。
なぜなら、そのクライエント様と私は
つながっているような気がするからです。
今まで全くスピリチュアルに興味がなかったその方。
20歳から30年間スピリチュアルを探求してきた私。
しかし、同じ道を歩いているような気がするのです。
私はいつも思います。
助けてもらっているのは、私のほうだと。
クライエント様や患者様のお話を伺っていると
気付いたり、心が癒されるのは私のほうだと・・・
真実はそんなものかもしれません。
癒すもの、癒されるものの境界はなく、
時々、立場を入れ替え、助け合っているのかもしれません。
セラピストや治療家などど気負う必要はないのかもしれません。
すべては必然なら、ご縁があって出会っているのでしょう。
その不思議を見せられ、
「これなら、信じるか?」と
宇宙や大いなるものから問われているようです。
もう全面的にゆだねることしか、応える道はありません。


お問い合わせ
お問い合わせ

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME