人生を変容させるフィンドホーンのゲーム

アクセス・バーズ/催眠療法/鍼灸 [てるこの部屋]

人生を変容させるフィンドホーンのゲーム

2015-10-10

世の中のスピなことをかなり知っている私が
知らなかったすごいゲームを体験してきました。
その名も、「トランスフォーメーションゲーム」
人生を変容させるゲームなんです!
(どうです、名前だけですごそうでしょ?
しかも、ゲームって!?)
見た目は、むか~し流行った人生ゲームなんです。
サイコロを振りながら、自分のコマを進めるもの。
そしてなんと・・・ゲームの精霊と繋がるのです!!


KC3R0115 (1).jpg
フィンドホーンとは、スコットランド北東部の
荒れ果てた土地に、神の声に従った3人の男女によって
始められたコミューンのことです。
植物の精霊(ディーバ)たちと繋がり、出来るはずが
ないと言われた立派で巨大な野菜が採れるようになりました。
末期がんを愛を送って完治させた
寺山心一翁さんが広めたことでも有名です。
とにかく、愛にあふれた場所みたいです。
そこで1978年頃から
「トランスフォーメーションゲーム」という
ボードゲームが行われるようになりました。
日本でも一時流行った人生ゲームのような形式です。
人生の中での変容を手助けしてくれる遊び心のある
ゲームで、潜在意識とも繋がっている感覚です。
ファシリテーターは、スコットランドのフィンドホーンで
トレーニングを積んだベテランの方がやって下さいました。
(とっても素敵な方です!)
本場のフィンドホーンでは、7日間に渡って繰り広げられる
長期戦のゲームです(プロの囲碁の対戦みたい・・)。
今日は、6時間くらいでした。
ゲームだから和気あいあいと思いきや・・・
参加者4人が、涙涙となりました。
ものすご~く深いところまであぶり出される感じです。
私などは、痛み、痛みの連続で、まさに実人生をゲーム盤で
再現してしまったかのようでした。
ゲームの精霊(ディーバ)と繋がるので
本当に、ゲームの展開が人生そのものなのです。
その中でもびっくりしたのが、
ある方が、ご自分を許すことを選択するという
カードが出て、それをすると他の人の痛み、悲しみを
消すことができるという展開になりました。
他人が自分を許すことによって、
私の血の出るような苦しみが取り除かれたのです。
そして、その方も自分の力を取り戻しました。
複雑なゲームですが、ファシリテーターが
付いているので大丈夫です。
いろんな升目があって、歌を歌ったり、
肩を揉み合ったり、途中散歩に出てしまう事も選べる。
愛にあふれた、そして遊びながら
自分の隠された本音、潜在意識と繋がり
解決方法を時に鋭く時に優しく、
ゲームメンバー4人とファシリテーターの
サポートを頂き、進めていくのです。
実に良く出来ていて、最期に残ったカードが、
潜在意識の中に埋もれている資質などなのです。
私は4人の中でいちばん資質が埋もれていたようです。
今の自分を後退させているもの・・・心配
自分が気付いていない資質・・効率、思いやり、責任、解き放す
よおし、頑張るぞー!
(やってみたい方はご連絡下さい。ご紹介しますよ!)


お問い合わせ
お問い合わせ

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME