他人には、私を傷つける力は無い!

アクセス・バーズ/催眠療法/鍼灸 [てるこの部屋]

他人には、私を傷つける力は無い!

2015-10-14

赤の他人から氷水をぶっかけられるような理不尽な体験。
(私だったら、怒りと驚きでワナワナ、肩をいからせ、
心臓がバクバク、全身をアドレナリンがかけめぐる、かも)
そんな体験の時に、ご自分の変化を
感じられた方がいらっしゃいました。
「本当にあった不思議な話」のクライエント様です。
私のサイトを見ていたら、亡くなったお祖母様の声で
「そこだよ、今すぐそこに電話するんだ」と
聞こえたから、治療院にいらした方です。
その1週間後、男性の声で「てるこに聴け!」と
うるさいからと、またいらっしゃいました。
で、上?からの指示でブレスレットを下さいました。
3度目は、ヒプノです。
今は亡きお祖母様から「てるこさん、ありがとうございました」
とお礼を言われて、びっくりしました・・・


bf2f5668b55049c4c003fc19bc728995_s.jpg
そのヒプノの時に事前面談で伺ったお話が
印象的で、感想をお願いしました。
すごい!とうらやましくなったほどです。
K様の内面の変容がすごいのです。
「サラとソロモン」のような世界を
一気に走り抜けた感じです。
体験した人にしかわからない驚きの変容なのです。
(ここから ご感想です)
東京  K様  40代
バーズを2回受けて、
出来事への自分自身の反応の仕方が
変わって来たと感じています。
先日の出来事は特に、わたしの在り方が
変わったのだと実感出来る事だったので
お伝えします。
オーストラリアで育った台湾人の女性から、
カフェで英語を教わっていた時のことです。
カタッと音がして、
隣に女子高生と母親らしき女性が座りました。
すると突然、女子高生が母親らしき女性を相手に
「この国の公用語は何?ここで話すべき言葉は日本語でしょう」
と始め、棘のあるいくつかの言葉を、私達に投げつけてきました。
(友人は日本語はわからないので、気がつかず幸いでした。)
その後も女子高生は、母親らしき女性を罵り、
彼女の友人、仲間への嘲りの言葉を母親相手に喋り続けていました。
彼女が誰よりも特別で、美しく優秀であるかを、
力づくで全ての人に認めさせようとしているようでした。
そして去り際には、彼女は私へ怒りを含んだ鋭い視線を投げつけてきました。
彼女の言葉が初めて聞こえた時、
私は冷や水をかけられたような気持ちになりました。
しかし、それは長く続きませんでした。
私は普段通りのリラックスした気持ちに戻り
女子高生の行動を映画のように眺めていられました。
(少々、刺激のある映画ではありますが…。)
そして同時に、この体験にどんなメッセージがあるのだろうかと考えました。
私は彼女の中に、自分自身を見つけました。
彼女は、ずっと攻撃し続けていました。
傷つけられるのを怖れているのです。
そして、他人には自分を傷つける力があると信じているのです。
私も同じです。
いつも人生の全てを怖れていました。
でもあの瞬間に初めて、
実は私はもう何も恐れていないのだと知りました。
そして、他人には私を傷つける力は無いのだとはっきり理解しました。
これは、驚くべき嬉しい発見でした。
おそらく、数ヶ月前の私なら、
「この体験のメッセージは?」なんて、考えもしなかったでしょう。
短気な私は、火がついたように怒り、すぐに席を立ったかもしれません。
また、何度も頭の中で体験を再現し彼女を許さなかったでしょう。
しまいには、自分自身では抱えきれず、家族や知り合いに、
こんな酷い体験をしたと、面白可笑しく話回らずには居られなかった思います。
怖れのフィルターを通して見る出来事は、
これまで、私に苦痛と悲しみしか与えませんでした。
そのフィルターがいつの間にか消えていたのです。
私はバーズのおかげだと思っています。
バーズを受けてから無意味なお喋りを不要に感じるようになり、
自分自身の内側にいる感覚の心地よさを覚えました。
安定した自然な気持ちでいられます。
私にも高校生の娘がいます。
私はこの体験を娘に伝えました。
すると、娘も自分のことを話してくれました。
「友人を威嚇したり悪口を言うクラスメイトに隠れた良さが見える」のだと、
「何故、彼女達がそう振舞うかわからない」と。
繋がってる…。
私たちはその事をゆっくりと話し合いました。
私は、この体験から必要な事を学び、不要なものは消化出来たと、
この文章を書きながら実感しています。
そして、これまで私は出来事に隠された、
学びやメッセージ、時には発見を、
見つけられず苦しんできた事にも気がつきました。
バーズとてるこさんに感謝しています。
(感謝だなんて、とんでもないです。
K様ご自身の中にあるものしか出てきません。
アクセスバーズは一言でいえば、
「受け取る」ことなのです。
私たちの心や体に染みついた観念は
受け取ることを制限してしまうものなのです。
そして、他人をジャッジメントしてしまいます。
それらから自由になるのが、アクセスバーズなのです。
K様の変容が明快すぎて、うらやましいです。
私などはカタツムリのようにユックリです。
これもその人その人のペースなのでしょうね・・
ご感想ありがとうございました。  福井てるこ)


お問い合わせ
お問い合わせ

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME