背中の矢は、自分を支えてきた恨みでした

アクセス・バーズ/催眠療法/鍼灸 [てるこの部屋]

背中の矢は、自分を支えてきた恨みでした

2015-11-27

私のバーズ講座を受講して下さった方が
バーズモニターでまた来て下さいました。
ご自分でも「セルフバーズ」出来るのですが
人にやってもらうのも、またいいものです。
しかし、今がターニングポイントのようで
ヒプノセラピーのような展開になりました。
今すぐには、捨てられないけれど、
自分を支えてきたものに気付くのは
重要なことです・・・ゆっくりやっていきましょう


66d053a076f55ab4b39fdd488f61e49a_s.jpg
(ここから、ご感想です)
O様  50代  東京
昨日はありがとうございました。
バーズ練習会に参加した時に背中に
矢が刺さったイメージが湧いてジンジン痛みます、
何だろうと思ったのですがそのうち痛みは
消えてしまいました。
背中を意識すると真っ黒な違和感があり、
自分でもバーズできるのですがてるこさんの
バーズを受けてみようと予約をしました。
セッション中「自分の中に何か始めようとすると
恐れを感じて辞めてしまう」事が何度もあるという
話をしたら背中がジンジン痛み始めました。
そう。長年抱えている家族問題が頭をよぎります。
自分の中の観念をとき放し・・・しますか?ハイ!
何度も繰り返し言葉を掛けてもらったのですが、
背中の痛みは消えません。
注意深く意識を背中に向けると「消えたくない」
というイメージが湧いてきます。てるこさんの
「あなたが手放したくないのよね」という声を
聴きながら、これを手放したら私自身が
今まで生きてきた証・自分らしさが
消えてしまいそうで怖いという感情が湧いて来ます。
恨みも自分の中に取り込んで苦しさをバネに
子育てや仕事を頑張ってきた自分、
頑張れる自信は私らしさ。
恨みも取り込んでその全てが私の生きてきた証。
それを捨てるなんて・・出来ない。
それを破壊したら自分が自分でなくなっちゃう・・。
そう思うと消えたくないという背中の声もよくわかる。
自分を手放す怖さ。すごくある。
でも・・手放したらどうなるんだろう・・。


お問い合わせ
お問い合わせ

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME