感情を安全に解放する方法

アクセス・バーズ/催眠療法/鍼灸 [てるこの部屋]

感情を安全に解放する方法

ことばの鍼も使います!
心とからだの鍼灸師福井てるこです。

 

最近EFTにはまっています。EFTとは(エモーショナル・フリーダム・テクニック)の略です。そのテキストにはこう書いてあります。「EFTは、鍼を使用せずに、感情を癒す鍼治療です。」数々の心理療法を学んできた鍼灸師の私にピッタリの手法ですね~。

どんなことに対応できるかというと
・不眠、ストレス、イライラ、気分の落ち込みなどの解消
・不安、恐怖、悲しみ、喪失感、罪悪感、怒り、嫉妬、無力感、自己憐憫などのネガティブな感情の解放
・フラッシュバック、悪夢、突然の身体・精神反応などのトラウマの解消
・頭痛、腰痛、慢性疲労などの身体症状の解放
・悪癖(爪かみ)悪習(タバコ、飲酒、食べ物)を変えることが出来る
・感情のコントロールが出来るようになる
・自己や他者への愛が増える
などなどです。なんて素晴らしい方法なんでしょうね!

実際には感情のいちばん濃いところ(いちばん嫌なところ、キツイところ、痛いところ)をはっきりさせ(漠然としていたり、たくさんの要素が絡み合って苦しんでいる方がほとんどで、曖昧なままやっても効果は薄いです)タッピングしていくのです。このタッピングのポイントが鍼灸のツボなのです。

EFTは、エネルギー心理学に分類されます。東洋医学の鍼灸の経絡システムと西洋の心理セラピーを統合させたひじょうに実際的なテクニックなのです。つまり、人は身体の中にトラウマや不快な記憶、ストレス、ネガティブな感情などを閉じ込めているのです。それをツボを指で(鍼じゃないよ~)トントンと軽~く刺激して、経絡から体外へ流して解放していくものなのです。

 

 

このEFTを2回やったら(それとバーズ1回も)劇的に解放が起こり、実際の物事まで動いた方がいらっしゃいました。まさに大逆転するような展開でした。目には見えないけれど、子どもの頃から溜め込んだ感情エネルギーの解放の重要性を私は強く感じました。

私自身も考えることは得意ですが、感じることは超がつくほど苦手でした。以前、人気の感情解放のセラピーを受けたことがありましたが、まったく効果がありませんでした。感情を考えてしまっていたのです!そのあたりをセラピストがさらっと流してしまったのでしょうね。7時間半もかかったセッションでしたが何も変わりませんでした。

ところが今回このEFTを深く学び、実際に溝口あゆか先生に大事なポイントをアドバイスしていただいて、さらに肝がつかめました。また多くの人が苦しんでいるのは感情を感じているからではなく、ちゃんと感じて(感じきって)いないからだというのもわかりました。実際にはほとんどの人が思考レベルで感情を考えているだけなのです(もっと言えば、事態をなんとかしようと作戦を立てているだけ、思考がぐるぐるしているだけ)。そしてしっかり感じることから逃げ回っているのです。これでは、感情エネルギーは身体に留まったままなので、同じような反応、行動、出来事を繰り返していくだけなのです。

もう今までの繰り返しの人生から抜け出したいという方で、解放したい感情があるけれども自分ではなかなか難しいという方は、EFTはいかがでしょうか?EFTはZOOMやFBのメッセンジャーのビデオチャットでも出来ますが、私は最初はお会いして行いたいと考えています。モニターをやって下さる方を募集いたします。最初は1時間5000円です。感想をお書き下さい。ご興味のある方はお問合せフォームからどうぞ。


お問い合わせ
お問い合わせ

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME