佐治晴夫先生講演会「どの一瞬も美しい」

アクセス・バーズ/催眠療法/鍼灸 [てるこの部屋]

佐治晴夫先生講演会「どの一瞬も美しい」

2018-10-13

日頃の行いが良いからか(笑)とっても素敵な時間を過ごすことが出来ました。渋谷プラネタリウムで行われた佐治晴夫先生の講演会です。プレミアチケットだったんですよ~。

実は佐治先生のことはまったく存じ上げていなかったのですが、心理技術の大先輩Yさんが大ファンだったのです。そのYさんがチケットを買いに行くという話をしていた時「てるこさんも行きますか?」と声を掛けられ、なんとなくハイと返事をしました。大人気のチケットだとは知らずに、大先輩に早朝から並ばせてしまったのです!!!Yさん、本当にありがとうございました。このお礼はいつか必ず、、、です!

 

 

プラネタリウムでの講演会ですから、最初はプラネタリウムなんですよ(当たり前か!)実は私、プラネタリウムが初めてでして、、、大興奮!なんて素敵なんでしょう。なんて素敵なんでしょう!(二回言う!)私の生まれ育った茨城にはこんな素敵なものは当時なかったのです。(きっとこれから何回も渋谷行きます、絶対ね)

そして、満点の星空の下、佐治先生のお話が!御年83歳の佐治先生の優しい優しいお声だけでも来たかいがありました。佐治先生は理論物理学者。東京大学を出て、ウィーン大学などで研究生活を送ったあと、いろんな大学の教授や学長を歴任されて今現在は北海道、美瑛の美宙(MISORA)天文台の台長さんらしいです。

物理学なんて私には遠い世界だったけれど、来世はやってもいいかな~なんて思いました。何でも数式で表せるなんて素敵です。探求大好きの私の来世は物理学者に決めました(笑)そんな話は置いといて、、、おなじみの宇宙カレンダーの話(宇宙が誕生して138憶年ですが、それを365日に例えると人類が出現したのは12月31日の21時過ぎ頃ってやつね。人の一生は0,2秒以下なんですって!)や人間カレンダー(個体発生は系統発生を繰り返すってやつね)など、私の大好物満載のお話でした。

中でも今回のテーマ(時、時間)の話がず~んときました。時間というものはあるのか、、、私たちは過去・現在・未来と一直線の流れを頭で想像していますが、これはこの三次元の人たちの解釈、創造物ではないかと常々思っていました。佐治先生のお話で印象に残ったのは初期キリスト教における時間の概念です。「過去は過ぎ去ったもので存在せず、未来はまだ来ていないので存在せず、過去でも未来でもない時間があるとすれば、それは現在であって、もしそれが過ぎ去るのであれば、過去となり存在しえない故、現在は過ぎ去ることせず、「永遠」である。(アウグスティウス:告白 旧約:コヘレトの言葉)

本当に美しく優しい講演会でした(しかもお値段1500円!これじゃみんな聴きたいわけだ!)。終わっても余韻が冷めやらず、渋谷からの帰り道ふらふらと歩きながら自分の意識が変わったことをうっすら自覚していました。Yさんが「数学者が、数式で時間はないってことを証明すると発狂してしまう人もいるんですってよ!」というような話をしてくれました。「それは性格によるでしょうね~」私はそう言いながら、自分が今日の講演会で安心感を得たことを感じました。どうやら私は、時間はない、今は永遠に逃げていかない、今は永遠ということが腑に落ちたようです。いつまでもいつまでもどっしりと今があることに気づけたことに感謝しています。生のお話って本では味わえないエネルギーに満ち満ちていますね。Yさん、ありがとうございました。次回は私がチケット並びます~(笑)


お問い合わせ
お問い合わせ

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME