娘が父に、父が娘に。

アクセス・バーズ/催眠療法/鍼灸 [てるこの部屋]

娘が父に、父が娘に。

2019-04-25

潜在意識からだを調整して、楽で自然な自分になる!福井てるこです。

 

友人の紹介でと、ある女性がいらっしゃいました。その方のご友人は2年程前、アクセス・バーズとボディプロセス(時間の色彩の・・)を私の治療院で学ばれました。お父様のパーキンソン症状を軽減させたいとのことでした。その後、どうされたかなぁと思っていましたが、なんとお父様はお仕事も出来るようになったとその女性から伺いました。なので、その女性はご自分のお父様の認知症も可能性があるのではないかと思い、いらしたのです。

まずはご自分がアクセス・バーズのセッションを受けられました。終わった後開口いちばん「軽くなっていいんですね」「部屋中がキラキラしています!」と!私が何も言わないのにご自分で体感され気づかれました。その方はいらした時は(父が認知症になったようだ。どうしよう。私しか面倒を見るものはいないし、、)などの思い(思考・イメージ)で頭がパンパンになってぐるぐる考え続けていました。私が途中で止めなければ、答えの出ないお悩みの話をずっとされていたことでしょう。しかし、バーズのセッションを1時間受けただけで、体感として軽くなってしまいました。人により体感は様々ですが、激変されてしまう方もいらっしゃるのです。

今まで解決方法がない、あるいはこれしか方法がないと決めつけていた頑固な考えがほどけて、楽になれるのです。まずこの楽な気持ちになることが重要なんです。これは頭で(考えたって無理だから、考えるのはやめよう!)と自分に言い聞かせてみても難しいのです。考えを考えでコントロールすることは無理なんです。泥棒に泥棒を捕まえさせるようなものです(変な喩えかな?)とにかく、思考に思考を重ねることは行動することを止めてしまいます。まずはその思考のエネルギーを解放してあげることが手っ取り早いんです。すると、可能性が増えた地点から行動し始めることが出来るのです。

そして、その女性はそのセッションの3日後にアクセス・バーズ講座を受講されました。そして、その2日後にお父様を実際に連れていらっしゃいました。なんという行動力!お父様には何も説明しなかったけれど一緒に来てくれたんだそうです。そして、私のアクセス・バーズとボディプロセス(遺伝的で強制的な・・・)のダブル使い(これが認知症に対応すると言われています)を受けられました。終わってから、その女性が気づきました。「もう効果があるみたいです。」短期記憶に問題があるようなのですが、娘さんにしかわからない変化があったのでしょう。

 

 

そして、その翌日もその女性はいらっしゃいました。認知症ではない別の疾患のほうも良くしてあげたいということで、また別のボディプロセス(MTVSS)を学びにいらしたのです。ふぅーーー、なんとパワフルな方なんでしょう。それまでヒーリングとかエネルギーとかとは全く無縁な普通の専業主婦の方なのですが、お父様に健康になってもらいたいという一心で怒涛の変貌でした。1週間の間に4日もいらしたので、からだがずっとポカポカだそうです。ずっと熱心にノートを取り、質問をするその方に私は何度も繰り返しました。「ご自分で問いかけてください」「本当は自分でわかっているんです。だから、自分で問いかける癖をつけてください。ご自分の気づきに従ってやっていくのがいいですよ。」自分の現実に制限をかけているのは自分の思考やイメージです。それが本当に腑に落ちるまで、私は何百回でも何千回でも言い続けるでしょう(笑)

少し焦りの見られたその方に帰り際、私はこうお伝えしました。「○○さん(その女性のお名前)、少し焦っていますよ。1日何十分バーズをやらなきゃいけないとか、何日おきにやらなきゃいけないとか思わないでくださいね。お父様は○○さんが実家に来てくれるだけでも嬉しいんですよ。それだけでも十分かもしれません。○○さんはお父様のためにいろいろ習って治そうと頑張ってますよね。お父様も何も聞かずに治療院まで来てくださいましたよね。お二人がお互いに思いやっているでしょう。」ちょっぴり生意気なことを言わせてもらいましたが、お二人のお互いを思う気持ちに感動しました。目に見える現実(健康になること)ももちろん大切ですが、その奥にはっきりと愛が流れているのですから、それも味わっていただきたいなと思った次第です。


お問い合わせ
お問い合わせ

PAGE TOP

ご予約はこちらから
当日のお申込みは空きがあれば、受け付けます。その場合は、必ず電話でご連絡をお願いします。
TEL:090ー4435ー9483
当院は女性専用です。男性はご紹介に限りお受けしています。
プロフィールFrofile
私の考えがわかるオススメ記事
鍼灸・遠隔ヒーリング
ご相談・お問い合わせ
癌や病気以外の方も催眠療法お請けします
よくあるご質問




MENU

CONTACT
HOME