問いかけは「RAS(網様体賦活系)」へのリクエスト

アクセス・バーズ/催眠療法/鍼灸 [てるこの部屋]

問いかけは「RAS(網様体賦活系)」へのリクエスト

潜在意識からだを整えて、楽で自然な自分になる。てるこです。

 

なんだか難しそうな言葉です。RASとは哺乳類の脳幹にある「網様体」という神経の集まりで、身体の生命活動を維持する働きのことだそうです。ふぅ~(笑)超簡単に言えば、脳内の意識と無意識の仕分け場だそうです。私たちは外界からの情報を受け取り、それに対して自分に必要な情報だけをピックアップするというわけです。自分の興味のあるものや思考や感情に合わせたものを勝手に選んでいるんです!

これを私の鍼灸の師匠は簡単に説明してくださいました。「君がぎっくり腰になるとするだろ~?そうしたら、今まで気がつかなかった鍼灸院や整体などの看板が急に目につくようになるんだよ。人間ってこういうふうに出来ているんだよ。」さすが師匠です。私たちは現実を等価にありのままに見ているわけではないのです。もしすべての情報を全部認識していたら、頭が爆発してしまうでしょう(笑)なので、自分に必要な情報と必要でない情報をより分けるシステムがあるのです。そのおかげで、スムーズに生きていけているわけなんです。RASよ、ありがとう~。

 

 

人間ならば誰もが持っている便利なこのシステムを積極的に使っちゃおうというのが、例えばノートに書き出したりすることです。この文章化するという行動が「これが大事なんだよ~。これを探して持ってきて~」とRASにリクエストすることになるというわけです。私は問いかけもそうだと思っています。私がやっているアクセスでは、問いかけは答えを得るためのものではないと言っています。気づきを集めて可能性を開くためのものだと。答えを求めるのは私たちの性ですが、それでは物事は確定されてしまうのです(自分がこうだと決めつけたこと・真実だと思ったことが、真実になってしまうのですから)。なので決めつけない、固定化しない状態にしておくのです。放っておいたら自我は結論づけてしまいがちなので、問いかけ続け、問いかけの状態でいるということが推奨されているということなのです。

まぁ、答えを欲しい人は持っていいし、決めつけてもいいんですけどね。各人の好みです。私は制限された人生ではなく、可能性を広げていろいろやってみたい人なので、問いかけをしています。「今日も意識的であるには?」例えば、こんな問いかけをします。するとRASはそれにふさわしいものを「こんなん出ましたけど~」と見せてくれます。しかし、見せてくれたものを絶対やらなきゃいけないわけではないのです。それも可能性の一つです。やるやらないは自分の選択です。

つい最近のことです。「もっと意識的であるには?」私がそう問いかけて3日後、驚くような展開になりました。まさか自分が新しい飛翔をするとは想像もしなかったことです。問いかけ、恐るべしです。皆さんも問いかけをして、RAS(網様体賦活系)にリクエストしてみませんか?自分の想定外の驚くようなことが起こる、かもしれません(笑)


お問い合わせ
お問い合わせ

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME