人の話は聞かなくていい

アクセス・バーズ/催眠療法/鍼灸 [てるこの部屋]

人の話は聞かなくていい

思い込みの思考とそれを支えている感情を手放して、ものの見方を変えるお手伝い。福井てるこです。

 

マトリックス・リインプリンティングをやっていただいた方からまたまた素晴らしいご感想をいただきました。ものの見方が確実に変わったとのこと。思考・感情・感覚と自分が一体化していたのが隙間が出来てきたんですね。タッピングのやり方自体は簡単なのでご希望の方にはお伝えしています。ご自分でどんどん感情を解放出来るのでとっても便利です。ちなみにアクセス・バーズも脱同一化が起こり得ます。様々な心理療法やセラピー、ヒーリングなどの手法を30年以上やってきてとても効果があったこの2つを私は推しています。

私が行っているのは、現実を変えることではなくて(それは映画のスクリーンみたいなものだから、そこから変えようとするのはかなり無理!)あなたの思い込みを外してものの見方を変えるお手伝いです。あなたの肉体が映写機であり、あなたの思考・感覚・感情が映画のフィルムを毎日せっせせっせと作っています。ホラー映画が嫌でメロドラマが観たかったら、スクリーンを変えたって無理なんです。スクリーンはただの白紙ですからね。映写機に入っているフィルムを入れ替えなければいけないでしょう?あなたがこれが現実だと頑なに思っているものの見方が変われば、問題が問題と思わなくなったり、結果現実まで変わることはあり得ます。このあたりを丁寧に腑に落ちるまでご説明させていただくので、てるこの部屋にいらっしゃった方は変化変容が早いのです。

 

 

さて「人の話は聞かなくていい」・・・なんて失礼な人だと思われるかもしれません。しかし、私の周りには人の話を聞きすぎて鵜呑みにし過ぎてこじらせてしまった方が多すぎるのです。単なる対面で会った方の話だけではありません。本もそうなんです。本を読み過ぎて知識を集めすぎてこじらせているのです。右にも左にもいけないくらい身動きが取れなくなってがんじがらめになっているのです。かわいそうに・・・って、以前の私もまったくそうでした。だから、よ~くわかるんです(笑)

誰の話もその人のものの見方です。どんな有名人の話も偉い人の話も、もちろんあなたのご家族の話も友達の話も、その人の単なるものの見方です。本もそうです。単なる書き手のものの見方です。聞けば聞くほど読めば読むほど、自分には直さなければならないところがまだまだあるって感じるようになってしまうんです。今より良くなりたいという思いが強すぎると無限地獄にはまってしまうんです(笑)

私は、もし30年前に戻れるならば、自己探求の道には入るなよと自分に言いたいですね。この抽象的で概念言葉だらけの世界をやり出したらキリが無いのです。まるで海水を飲んだように飲めば飲むほど喉が渇いて仕方ないのです。もし30年前に戻れるならば、私は自分にこうアドバイスするでしょう。「自分のからだと繋がりなさい。深い呼吸をして、からだの感覚に耳を傾けて。出来れば、自然の中に多く足を運びなさい。それだけで十分です。」と。

そう・・・自分と繋がることが重要なんです。自分の内側の言葉を聴けるようになることがいちばんです。あなたが自分の内側の声を聞けるようになれば、外側の基準は必要なくなります。外側に正解を求め続けていた幻想の長い旅は一瞬にして終わります。私がやっていることは、あなたが抑圧してきた、まるでないものにしてきた感情や本音と繋がること、その痛みを自分に感じることを真に許せば、あなたの世界は変わり始めます。


お問い合わせ
お問い合わせ

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME