宇宙からのメッセージを受け取る方法 前編

アクセス・バーズ/催眠療法/鍼灸 [てるこの部屋]

宇宙からのメッセージを受け取る方法 前編

2019-12-17

思い込みの思考
それを支えている感情を手放し
ものの見方を変えて自由になる。
福井てるこです。

 

今日のブログは保存版で残していただきたい内容です(笑)。

11月下旬にいらしたあるクライアント様にアクセス・バーズをしていたら想定外の展開になり、武将や姫やエジプトのシャーマンなどの過去世をいくつもレトリーバル(死者の救出)してしまいました。このセッションにはシャーマンが成仏出来ていなかったという続編もあります。これらはそのクライアント様が視覚的な霊感が強いということもあって成功したものです。しかし、話はそれだけで終わりませんでした。最初のセッションからたった2週間後、そのクライアント様に2つの会社から「社長になってほしい」という依頼が同時に来たのだそうです。ご本人は「まるで、お城を貰えるような話です。」とビックリされていました。

 

 

このレトリーバル現象が起こる要因は実は私の治療院にあるような気がしています。昔、アクセス・バーズをやり始めた頃、不思議な現象(霊的なやつ)が頻発し、もうやっていけないと真剣に悩みました。バーズ中にしょっちゅう霊さんたちがクライアント様から出ていくのです。最初はそれが怖くて怖くてたまらなかったのです。で、神道の方に建物全体の浄化をしていただいたのです。するとその方が「てるこさん、これからはどんどんやっていって下さいね~。来た霊さんたちが自動的に上がれるように治療室を光のエレベーターにしときましたから~。」と明るく言い放ったのです。え~、霊さんが出ないようにしてほしかったのに!どんどん来ちゃうじゃん!・・・それからますます、離れたい、上がりたい霊さんたちがクライアント様を連れてくるようになったのです。ま、今では怖いという気持ちはなくなりましたけどね(アクセスのエンティティのクラスも受けているので、それもかなり役立っています)。*バーズをやると霊さんが出てくるのは私の体質と治療院の設定ですから、皆様ご心配なく!バーズは不要な思考や感情が電気的に解放されていくものです。よって制限がなくなり、本当に欲しかったものを受け取れるようになるものです。

話を元に戻します。クライアント様に社長になってほしいという話がきたのです。これは私が思うに、成仏させてあげた方のご加護というかお礼ではないかと思うのです。神道の方も「上げてあげると守ってもらえますよ~。」とおっしゃっていました。ちなみに除霊ではないのです。ただ「あっちいけ!」と追い払うのではなく、「光のほうに行っていただく」のです。それには愛と感謝、リスペクトの気持ちが必須だと思っています。

 

さて、以下は私がクライアント様が社長になる会社を決めかねていたのにアドバイスさせていただいた決め方の一部です。

<軽いか重いかエナジーで判断する方法>
さて、すごいご褒美がやってきたクライアント様ですが、悩んでしまわれたのです。A社がいいか、B社がいいか・・ある点はA社がいいし、また違う点はB社がいい・・・よくある話です。で、「てるこさん、どうしたらいいですか~?」とお電話いただいたのです(やっと、本題に近くなってきた(笑)。このクライアント様、クリエィティブなお仕事をされていて超優秀な方、しかしなぜかご自分のこととなると頭で考えてしまうのです。で、アクセスでも使う方法をお伝えしました。これはまさにエネルギーの感覚なのです。身体の感覚でもあります。言葉を使わないことがコツなんです。

 軽い、広がる、柔らかくなる、温かくなる
 重い、縮こまる、固くなる、冷たくなる

まぁ、簡単に言うとこんな感じで判断するのです。軽いほうが自分にとって合うものなのです。しかし、ざっくり尋ねたのでクライアント様はわからなくなってしまったようです。質問自体に工夫が必要ですね。質問力が大事なのです。私はどんな条件が大事か伺いました。すると「満足できる報酬・やりがいのある仕事・病気にならないような働き方」とおっしゃいました。う~ん、病気にならない働き方という表現は問題回避型といって、問題は避けることは出来るかもしれないけれど、目的のものは手に入らないのです。これを言い換えていただいて「プライベートの時間をしっかり持てる働き方」に変更しました。これは目的志向型といって、目的に意識がフォーカスしているのです。この条件で軽いか重いかを感じていただきました。

 

<なにげなく発する言葉で判断する方法>
さて、クライアント様、さっそくA社との面談に行って来たら、なんだか自分が働いている姿が浮かんだそうです(さすが、サイキック!)。しかし、それは(やらなきゃ・・)という思いがあるビジョンだったそうです。あ~、これはいかんです。やらなきゃとかやるべきという思考は抵抗があるのです。本当はやりたくないのです。これは脳科学でいうと脳の苦痛系が動き出してしまうのです。たかが言葉、されど言葉。人生は会話で出来ているといった人もいます。なにげなく発した言葉、漏らしちゃう言葉はあなたの潜在意識を現わしています。こういう場合、やりたいとかやろうという願望や意志の言葉なら脳の報酬系という部分が動いているのです。まぁ、スピっぽく言えばワクワクするかいやいやするかなのです。これを脳科学では報酬系・苦痛系と言っているだけです。まぁ、苦痛系を動かすことはやらないで済むならばやらないほうがお勧めです!

脳の苦痛系を動かす言葉 やらなきゃ、やるべきだ
脳の報酬系を動かす言葉 やりたい、やろう

例えば「朝起きなきゃ・・」って言葉が頭に浮かぶなら、あなたは苦痛系が動き出しています。起きたくない、起きることに抵抗しています。これは不自然なことでいつしか身体からのメッセージとして病気や症状が現れるかもしれません。掃除しなきゃ、働かなきゃ、稼がなきゃなども同様です。こんな心の呟きをキャッチしたならば、てるこの部屋においでください。説得ではありません。言葉を変えエネルギーを変えます(うちが通常の心理技術と違うのはエネルギーを動かすところ)。自然に脳の苦痛系→報酬系を動かすようにいたします。もしあなたが報酬系を動かしながら生活や仕事をするならば、宇宙と調和し何事も自然にうまくいくでしょう。

 

さて・・・やっと本題の「宇宙からのメッセージを受け取る方法」ですが・・・長くなってしまったので続きは明日以降ということで(笑)ごめんなさ~い。


お問い合わせ
お問い合わせ

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME