宇宙からのメッセージを受け取る方法 後編

アクセス・バーズ/催眠療法/鍼灸 [てるこの部屋]

宇宙からのメッセージを受け取る方法 後編

2019-12-19

思い込みの思考
それを支えている感情を手放し
ものの見方を変え、自由になる。
福井てるこです。

 

さて・・・いよいよ本題の「宇宙からのメッセージを受け取る方法」です。
今まで「どうしたらいいですかね?」と私に聞いて下さった方で、やって明確なメッセージが来なかった方っていないんです。だから、自信を持って書いています。

やり方は、ただ宇宙に放り投げるだけです。簡単すぎるのでもう一度言いますか(笑)宇宙に放り投げるだけです。がっかりしましたか?すみません。でも本当にそれだけなんです。コツがあるとしたら「わかりやすく教えて!」と付け加えることかな。こんなふうにです。「A社とB社、どっちがいい?私にわかりやすく教えて!」

 

 

成仏セッションをしたら、そのご褒美なのか社長になってほしいという滅多にない話が2か所から同時に舞い込んできたクライアント様。そのクライアント様に最終的に伝授したのはこれだけでした。クライアント様は私との電話のあとなぜか突然眠くなり爆睡してしまったそうです。そして朝目覚めて、録画したテレビ番組を見ていたそうです。すると不思議なことに録画した覚えのないお笑い番組が出てきたそう。それに引き寄せられるように観ていると、なんと転職のことで相談した先輩と同じアドバイスが出てきたそうです。そして「こんな仕事をするといいよ~」という、胸に突き刺さるようなキーワードが!まるで自分自身に向けての内容のように思える話だったそうです。クライアント様はこうおっしゃいました。「同じメッセージが繰り返し来ていたのに、気づいてなかっただけだったんですね。」

A社かB社か、どちらを選ぶか迷っていたクライアント様は、あるキーワードを手に入れることが出来ました。B社の面談に行くとまさにそのキーワードが出てきて腑に落ちたそうです。気になっていたこともすべてクリアになって「満足する報酬、やりがいのある仕事、プライベートの時間をしっかり持てる働き方」の3つをすべてクリアしたそうです!

ああ、宇宙ってなんてうまく出来ているんでしょう。たまたまだろうって?そんなことはないんですよ。あれは5年くらい前、私の友人の外科医の男性がやはり人生の岐路に立っていたんです。「外科医のままでいくか?それともホスピス医になるか?」彼は迷っていたのです。そこで私は「問いかけてみれば~」とアドバイスしたのです。彼はびっくりして私に聞いてきました。「問いかけってどうやるの?」私はこう言いました。「簡単簡単。『外科医とホスピス医、どっちが俺を活かす仕事~?』みたいに宇宙にぶん投げときゃいいんだよ。」

あくる日、彼はやってきました。彼は私を見るなり号泣しました。「てるこさん・・答えが来ましたよ・・」アドバイスした私のほうがびっくりしましたよ。「え?え?どんなふうに答えが来たの?」彼はこう言いました。「昨日夜遅く、たった1回しかお会いしたことがないアメリカに住む女性から長文のメールが届いたんです。そこには、ご自分のお父様がホスピスでどれだけお世話になったかホスピスのおかげでどれだけ素晴らしい最期を過ごすことが出来たか綴られていました。ホスピスに入って本当に良かったと書いてあったんです。これって宇宙からの答えでしょ?」

はい、そうですね。そういうふうにメッセージってやってくるんです。どんな形でくるかはわからないけれど、問いかけてその日か翌日にはやってくるでしょう。ただし、切羽詰まっているというか真剣じゃないとダメです。私の周りではそんな感じなんです。もし来なかったとしたら、それはまだ知る必要のないことだと私は理解しています。あ、そうそう、その後外科医だった彼は大阪の大病院のホスピスで修行し、今は自分で診療所を開設して大活躍しています。

この世界って絶対全部繋がっているなぁって思いませんか?宇宙って結局自分なのだから、何も心配することはないんです。自分が自分に聞いているんです、たぶん。「求めよ、さらば与えられん。」って本当のことなんです。キリストもたまにはいいこと言いますね~(笑)


お問い合わせ
お問い合わせ

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME