「自分を大事にすることが初めてわかりました」(オンラインセッションの体験談)

アクセス・バーズ/催眠療法/鍼灸 [てるこの部屋]

「自分を大事にすることが初めてわかりました」(オンラインセッションの体験談)

2020-04-14

こんにちは、てるこの部屋です。

 

 

昨日もおまかせセッション「扉を開く」のオンラインセッションでした。ありがたいことにオンラインセッションのご要望が立て続けに入っていますが、せっかくの治療院は活躍出来ずです。治療院は必要なかったのかな~なんてちょっと微妙な私です。もう肩書はオンライン鍼灸師にしようかと考えています~(笑)

さて、とても深いセッションでした。以前にも癌や病気と対話する催眠療法をさせていただきました方です。体調はいいそうです。しかし、病気のことよりも心の持ちよう、日々の過ごし方に問題があるということでした。具体的には「時間を無駄にしている気がする。だらだらしている。やらなければいけないと思っていることが出来ない。睡眠や食欲を満たすのみ。動物みたいだ。」ということでした。前に進んでいる感覚がなく、停滞していて焦っているというお話でした。

さっそく言葉の鍼を繰り出しました。いくつか行い、最後のこれだ!と思ったものがやはりビンゴでした。私のゲップで不要なエネルギーを解放するのでわかります。ご自分には価値がないと思っていたことについてでした。

そして「時間を無駄にしている」と考えているのは単なる思考であり解釈であり、事実ではないとご理解いただきました。本来はただそうあるだけです。ただそうあることを〇〇しているからいけないとかいいとかジャッジしているだけです。どうせジャッジしてしまうならば、もっともっと俯瞰して観察者の視点を持つと良いのです。私たちはいつもジャッジしてしまいます。いい悪い・正しい間違っている・損得・上下・・・思考で二極に分断するのは瞬時のことなので、自分がそれにはまっていることさえ気づかないのです。どうせいつも考えてしまうなら、ここまで気づくと何も問題はないことがわかります。

クライアント様はおっしゃいました。「自分に心があるのかないのかわからない。私は他人との約束は守るのだけれど、自分が決めたことは守れないのです。」「自分のことはどんなことをしても(いいかげんにしても)かまわないと思っています。」

ビデオチャット越しにずっと頭で考えているのが伝わってきます。かつての私もそうでした。筋金入りの思考タイプだったのです。正しいか間違っているか、それ以外の基準は持っていませんでした。内なる会話についてお話しました。時間を無駄にしている自分に対してどんな言葉を投げかけているか、一日だらだら過ごしてしまった自分に対してどんな言葉を投げかけているか、欲を満たすのみで動物みたいな自分だと思ってどんな言葉を投げかけているか、、、他人には決して投げかけないであろう言葉をずっと浴びせ続けているのではないかという話になりました。

自分が自分のお母さんのようになってみるのはいかがでしょうかとご提案しました。母親が子どもにむかって「お前なんか嫌いだ。お前はだらだらして何もやっていないじゃないか?お前は時間を無駄にしているだけだ。お前なんか生きている価値がない。お前は自分の欲を満たすだけの動物だ!」と毎日膨大な時間言い続けていたら、子どもはどうなってしまうでしょう。たとえ、素敵な服を着させて美味しいご飯をきちんと食べさせても、です!私たちが本当に欲しいものはいったい何でしょうか?

 

 

クライアント様はおっしゃいました。
「自分を大事にするっていうことがどういうことか、やっとわかりました。」

FBの投稿によくあるように流行りのものを食べたり、自分にご褒美を買ってあげるのも良いでしょう。疲れたら昼過ぎまで寝ているのもいいでしょう。しかし、自分を本当に大事にするとはそのレベルの話ではないのです。大事にするとは単なる言葉ではないのです。頭で考えて理解しようとすると言葉の上っ面をなぞるだけになってしまいます。つまり例えるなら、マスクメロンを味わうことなくマスクメロンが入っていた箱を見て食べた気になっているようなものです。私たちに必要なのはマスクメロンを実際に食べる体験です(マスクメロンじゃなくてもいいんだけど!)。それは言葉のない、言葉が付かないものです。あえて言葉で「自分を大事にする」と表現しているだけなのです、本当は!自分を大事にするとはあえてあえて言うならば、自分との内なる会話・態度がどうあるか、なのです。アクセスのツールでは「自己批判・非難をやめる」というものがあります。シンプルですがイージーではありません。自分を大事にするとは自己批判の量をコツコツ減らしていくということから始まるのだと私は思っています。

最後は、30分ほど特別なエネルギーを流しました。これはその方のハイヤーセルフを始め、その問題解決が出来る方々を呼んでやってもらうという手法?です。突然出来るようになりました。主に3人?の存在がレギュラーでやってくれています。敏感な方ならばかなりの体感があるはずです。どんなに距離が離れていても繋がります。クライアント様は「ただシンプルに。」というメッセージを受け取ったそうです。←(これはこれで新しくハイヤーセルフと繋がるオンラインヒプノとしてメニュー化いたしました)

病気をやめていくにあたって大事なのは「前に進んでいる感覚」です。それが最近なかったとおっしゃっていたのが「突破口が見えて嬉しいです。」とエネルギーが変わったのがとても印象的でした。これこそが前に進んでいる感覚なのです!!!

 

今までになかった深いレベルの変容が起こる「扉を開くセッション」はコロナのこともあり、オンライン(メッセンジャーのビデオチャット、電話等)で承ります。5月末日まで通常の半額です。
1時間20000円→10000円
2時間33000円→16500円
お申込みはこちらからどうぞ


お問い合わせ
お問い合わせ

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME