胸からつららが抜けました(オンラインセッションの体験)

アクセス・バーズ/催眠療法/鍼灸 [てるこの部屋]

胸からつららが抜けました(オンラインセッションの体験)

こんにちは、てるこの部屋です。
オンラインのセッションが続いています。

先日は関西の方でした。
電車や新幹線、飛行機に乗れないという方
でいわゆるパニック障がいの症状です。
以前東京にいらした時は車で二日がかりで
途中静岡県で一泊したそうです。

「意識の扉を開くセッション」のベースは
梯谷先生の病気をやめる心理技術です。
様々な質問をしていくとアンビバレントな
エネルギーがあるのを知覚しました。

私のセッションは心理技術に加えて
その不要なエネルギーを解放するのです。
単なる喩で言っているのではありません。
私には引っ掛かっているエネルギーがわかります。
思考も感情もエネルギーです。
抑圧されていたエネルギーを解放すると
視点(ものの見方)が変わるのです。

エネルギーを動かすのは言葉の鍼です。
私独自の言葉の鍼とは
エネルギーを動かす問いかけです。
もちろん、ビデオチャットや
電話やZOOMの画面越しでも
対面と全く同じに機能します
その証拠に、ヒットすれば大量のゲップが私から出るのです。

エネルギーが解放されると
クライアント様の身体にも変化が出ます。
・身体が緩む・肩こりが楽になる
・呼吸が楽になる・胸が開く
・視界が明るくなる・視野が広がる

これらを確認しながらやっていきます。

 

 

さて、この日はさらに私独自の調整を行いました。
これはエネルギーの調整と言えばいいのでしょうか?
名前を何と呼べばいいのかまだ決めていません。
遠隔で、まだ残っているエネルギーや
身体症状を解放出来るように設定する
のです。

見た目は空のベッドに向かって手を
かざしているようにしか見えないでしょう。
しかし、はっきりと私は感じるのです。
まだそこに解放されていないエネルギーがあると。
それが終わるまで手を空中に置いているだけです。

この日は30分ほどさせていただきました。
終わってからまたビデオチャットをかけると
「胸からつららが抜けました。
氷の冷たいつららです。それから
木のトゲみたいなものも抜けました。」

とおっしゃいました。

本当に手の感覚だけ。
(それと本当は設定が命ですが!)
この方には1週間、エネルギーの解放が
続くよう設定いたしました。

直後は、まるでリハビリ中の人のように
壁づたいにしか歩けなかったそうです。
ずっと寝ていたい、クラクラして
起き上がれなかったそうです。

たくさんの不要なエネルギーが
解放されているようです。
たっぷりのお水をとっていただくよう
お伝えしました。

少しずつ解放されていくでしょう。
これからが楽しみですね。


お問い合わせ
お問い合わせ

PAGE TOP

ご予約はこちらから
当日のお申込みは空きがあれば、受け付けます。その場合は、必ず電話でご連絡をお願いします。
TEL:090ー4435ー9483
当院は女性専用です。男性はご紹介に限りお受けしています。
プロフィールFrofile
私の考えがわかるオススメ記事
鍼灸 胃上げ 背骨の調整
ご相談・お問い合わせ
癌や病気以外の方も催眠療法お請けします
よくあるご質問




MENU

CONTACT
HOME