反応でそんなに悩まないで!

アクセス・バーズ/催眠療法/鍼灸 [てるこの部屋]

反応でそんなに悩まないで!

こんにちは、てるこの部屋です。

緊急事態宣言が延長されそうですね。
仕事をバリバリしたいのは山々ですが、
今は自分と向き合う貴重な機会です。
私は深く深く沈潜しますよ~。

 

 

話は変わりますが、
セッションの時にすると
皆様になかなか反応のよい話があります。
私のくだらない体験の話ですが
皆様が驚かれたり、気づきがあったり
なぜか貢献しているんです。
あんな話で役に立つのだったら
いくらでもお話しますよ~という
気持ちで今日は書いてみますね。
それは反応の話です(笑)
反応は勝手に出ちゃうものだということなんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それはある日の朝のことでした。
コーヒーに豆乳をいれようと
冷蔵庫を開けるとなんと!
豆乳が2つ開いていたのです!

(ブチッ)

瞬間的に頭に血が上り
すぐ夫を呼びつけました。
おい、ちょっと来~い!

夫が一生懸命歩いてきました。
豆乳が2つ開いてんだよっ!
どういうことなんだよっ!

 

 

(冷静に考えて事実だけ見れば
どういうことでもありません。
事実は豆乳が2本開いているという
だけなんですが、もう怒りの反応
勝手にビューッと走ってしまうのです。
そういうものなんです、反応って!)

脳腫瘍の手術で注意力が低下して
まるで認知症のようになった夫には
自分がなぜ2パックも開けてしまったか
まったく説明することが出来ません。

その困った顔を見ていたら
私はさらにさらに頭にきて
今度やったら、こうだからなっ!」と
中身が少ない方の豆乳を(笑)
シンクにビューッと捨てました。
夫は「やめて~」と叫びます。
うるさいっ!

よーく覚えとけよっ!
しかし、私の怒りは
さらにエスカレートしました。
む~~~~~~っ

実はこのあとすぐ
その場でタッピングをしました。
トントントントントントン・・・
ぎ~~~~~~っという
言葉にならないくらいの怒りを
タッピングしながら感じ続けました。
すいません、怒りの沸点が低すぎて

トントントントントントン・・・
すると、抑えられないほどの怒りは
すぐに消え、悲しみが現れました。
怒りは割れそうなほどで感じていました
が、悲しみにきました。
胸が潰れそうなほどの悲しみでした。

トントントントントントン・・・
すると今度は罪悪感が現れました。
また夫に怒鳴ってしまった。
私は本当に悪い人間だ・・・

やはり押し潰されそうです。

トントントントントントン・・・
すると胸を押し潰していたそれは消え
無力感が現れました。
夫には何度言っても伝わらない
弱々しい惨めな自己像の私が現れました。
消えてしまいそうなほど疲れ果てています。
からだ全体無力感を感じていました。
どうしたらいいのかわからない
まるで迷子の幼子のような私がいました。
助けて、助けてよ、誰か助けて~。

こんなことを10分程度でしょうか。
すべてが消えてなくなりました。
あれほどの怒りもケロっと消えました。

魔法でも何でもありません。
このタッピングはEFT
マトリックス・リインプリンティング
言われるエネルギー心理学です。

感情はエネルギーです。
エネルギーは動くという性質があります。
しかし、見ないようにしたり避けたり
感じないようにしたり誤魔化したり
抑圧したりすると、そのまま身体や
エネルギー場に溜まってしまう
のです。

(感情を抑圧するということは実際的に
大量の生命エネルギーを使います
なので、特に病気の方には
感情の解放をすることで
抑圧に使っていたエネルギーを
治癒力に回すことが出来るということを
ご説明し、お勧めしています。)

感情を身体に溜めていることは
実際に身体にとって不快です。
(東洋医学では感情とは
各臓器が感じているバイブレーション

だという捉え方もあります。怒りは肝臓、
喜びは心臓、思い悩むのは脾臓、
悲しみは肺、恐れは腎臓など・・・)
その不快な感じから逃げるために
過食したり買い物したり、あるいは
成功したら自分を愛せるようになって
きっと気分が良くなるだろうから
成功するように頑張ろうとか、
あるいは悟ったらすべての問題が
なくなるだろうから悟りを目指そうとか、
多くの方が不快感という結果のほうを
駆逐しようと戦い続けます。
その不毛な抵抗を一生やり続ける方も
いらっしゃるでしょう。
しかし、
その気分の悪さ・痛みの本当の原因を見ず
解決することは本当に難しいのです。
人生がどんどん複雑になっていってしまいます。

結局
傷の手当をするには
傷口を見ないと出来ません。
膝を擦りむいているのに
肘に絆創膏を貼っても効かないのです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・

この豆乳事件の話はいつも大好評です。
「てるこさんでも怒るんですか?」と
驚かれるのですが、もちろんそうです。

怒りでも悲しみでも淋しさでも恐怖でも
無力感でもみじめさでも、感情だけでなく
思考でも感覚でも湧き起こってしまうもの
は仕方ありません。反応ですから!

ただ、私は反応出たら
すばやく対処し、不快な気分でいる時間を
短くする方法を明確に知ってるだけです。

それにはどういう構造で反応が起こるのか
正確な仕組みを知らないと出来ません。

 

 

パブロフの犬は習いましたね。
いわゆる条件反射のことです。
パブロフさんが犬に餌を与える時
ベルを鳴らしていました。
するといつしか、ベルが鳴っただけで
犬は餌が出てくるものと感じて
ヨダレを垂らすようになってしまうのです。

これと同じようなことが起こっています。
思考や感情や感覚などの反応
ヨダレのことです。
悲しい、淋しい、みじめなどの感情や
こんな自分ではダメだと言う自己否定の
思考も単なる反応なのです。

しかし私たちはこの反応に翻弄され
反応をコントロールしようと躍起になります。
感情を感じないように気を逸らしてみたり
思考に思考を重ねて誤魔化したりします。
(これやっている方はひじょうに多い!)

私たちの多くはこの反応で悩んでいます。
しかし、その反応(ヨダレ)を創り出す
エサが何なのか見つけて
解放・解体しないことには
反応(ヨダレ)は止まりません。

そのエサとは、
「私はバカだ」
「私は悪い人間だ」
「私は間違っている」
「私は醜い」
などの
コア・ビリーフだったり、
助けを求める迷子の幼子の
自己像(セルフ・イメージ)なのです。

それを見つけることが
医療で言えば検査診断です。

そして、その信じ込みや自己像を支えている
感情やムードのエネルギーを解放していきます
これが医療で言えば治療手術にあたります。

私のセッションでは
通常のタッピングの他に
ハイヤーセルフに不要なエネルギーを
解放してもらうやり方
も行っています。
スピっぽいと胡散臭く思われがちですが、
百聞は一見に如かず、一度お試し下さい。
どういう解放の仕方をしても結果が出れば
いいのですから。効果の少ないものは私はやりません。

 

そして実は、解放しなくても
自分の反応を作り出す自己像や
コア・ビリーフを知っただけで
苦しみが格段に減るという方も多いです。

また、感情を感じていいのだと理解する
だけで楽になる方も実は多いのです。
感情は感じてはいけない、無視するものだ
信じ込んでいる方のなんと多いことか!

なので、実はセッションは
思考や感覚や感情について、
自我の構造について、どうして反応が
起こるのかについてなど、医療で言えば
解剖学・生理学・病理学にあたるものを
お伝えすることもとても重要な気がします。

それをわかりやすく説明するために
私の恥ずかしい話をこうして公開して
いるというわけで・・・
決していつも怒っているわけでは
ないんですよ~(笑)
今、コロナで在宅が増え、蓋をしてきた
様々な感情
が湧き上がってきています。
その感情はただ解放されたがってるだけ。
てるこの部屋のオンラインセッションで
スッキリした5月を楽しみませんか!
 

 

<扉を開くセッション>
上記のタッピングのみならず
言葉の鍼(問いかけ)や
遠隔エネルギー調整など
おまかせしていただければ
あなたの制限がガバッと外れます。
タッピングの方法を知りたい方もぜひ!
対症的ではなく根本から変えたい方に!
5月末日までの特別価格
1時間20000円→10000円
2時間33000円→16500円
お申込みはこちらからどうぞ


お問い合わせ
お問い合わせ

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME