3つのセンターで病気をやめる!

アクセス・バーズ/催眠療法/鍼灸 [てるこの部屋]

3つのセンターで病気をやめる!

こんにちは、てるこの部屋です。

 

 

うちは元々は鍼灸院ですが
催眠療法(ヒプノセラピー)や
アクセス・バーズ、遠隔の身体調整や
遠隔のエネルギー調整など、あまりにも
メニューがあり過ぎます(笑)

でも、それは必要だったからだと
今ではわかります。
癌や難病の方の病気をやめるセッションを
させていただいているのですが、
とても1つの手法では無理なのです。

 

↑まだまだ不完全ですが描いてみました。
 

病院の医療でやらない、やれない部分
私の治療院では行っています。
私たちの本質はという偉大なるものです。
なので、難しい病気をやめるには
身体の3つのセンター全部を使うといいのです。

 

まずは頭のセンターです。
これは理解や整理、戦略の場所です。
何のためにこの病気を作り出して
しまったのか
理解することが重要です。
気づきもマインドのレベルかなと思っています。
私のセッションだと病気をやめる心理技術
を使った扉を開くセッションです。
アクセス・バーズもガチガチな思考を
解放するのが早いのでとても効果的です。

 

そして次はハートのセンターです。
これは感情的な治癒の場所と言えるでしょう。
抑圧してきた感情の解放
ゆるし受容など、の体験です。
難しい病気にはここを動かせるかどうかが
鍵のような気がします。
私のセッションだとタッピングによる
感情解放(EFTマトリックス・リインプリンティング)です。
またハイヤーセルフによるエネルギー調整
も癒しの効果が抜群です。
そして、なんといっても催眠療法です。
潜在意識の奥深くに一気に辿り着くので
長年の感情の解放や癒しが早いのです。

 

最後は肚のセンターです。
身体の声を聴くことです。
ここは身口意を一致させるのに必須です。
そして、本来の自分を生きることです。
自然に、本能に従って、ゆだねることです。
理性が勝っている人には
とても難しいところかもしれません。
これも催眠療法エネルギー調整
ハイヤーセルフに繋がるのが近道だと思います。
でも、いちばんいいのは
自然の中にいることでしょう。
朝日と共に目覚め、
夕日と共にお休みモード。
動物たちがどうやって生きているか
大自然のリズムに足並みを揃えると
命の力が蘇ってくると思います。
病を病院の中だけで癒すことは
出来ないと私は思っています。

 

何がいいか迷っている方には
扉を開くセッション」を
お勧めしています。おまかせなので
O-リングテストなどで決めていきます。
お申込みはこちらから


お問い合わせ
お問い合わせ

PAGE TOP

ご予約はこちらから
当日のお申込みは空きがあれば、受け付けます。その場合は、必ず電話でご連絡をお願いします。
TEL:090ー4435ー9483
当院は女性専用です。男性はご紹介に限りお受けしています。
プロフィールFrofile
私の考えがわかるオススメ記事
鍼灸 胃上げ 背骨の調整
ご相談・お問い合わせ
癌や病気以外の方も催眠療法お請けします
よくあるご質問




MENU

CONTACT
HOME