自然治癒力は上げるものじゃなくて上がるもの?

アクセス・バーズ/催眠療法/鍼灸 [てるこの部屋]

自然治癒力は上げるものじゃなくて上がるもの?

こんにちは、てるこの部屋です。

 

 

今、オンラインセッションで忙しいです。
私の集大成「扉を開くセッション」や
マトリックス・リインプリンティングも
大好評です。しかし何といっても
ハイヤーセルフのエネルギー調整がすごい。
ふわふわスピが大の苦手だった私が
ハイヤーセルフだなんて・・・
本当に人生ってわからないもんだなと
しみじみ思います。

コロナのせいで対面の仕事が少なくなった
から、なんとかオンラインを増やそうと
いうつもりでもなかったんです。
ハイヤーセルフと繋がりエネルギーの調整
をするということが急に出来るようになり
これってすごい!面白い!ということで
楽しくなってしまったというのが本当のところです。

 

 

さて、そのエネルギー調整セッションの時
ハイヤーセルフにお願いすることを決める
のですがクライアント様から自然治癒力を
上げる
ようにとオーダーされたのですが
(ちょっと待てよ)という感じになったのです。

私は体感覚が強いので、クライアント様の
何かがブレている時(本音と違うとか、
今は必要じゃない時など)身体に
ビリビリと反応があるのです。
(首をブルブル振ったり、ゲップしたりも)
別の方が「自然治癒力を上げたい」と
おっしゃったならばOKだったでしょうが
その方にはOKが出なかったのです。
私はこの直観を大切にしています。
対面ならばO-リングテストもしています。

東洋医学や代替医療の世界でも
とりあえず自然治癒力と言っておけば
間違いないだろう
的な感じがあります。
そういう本もたくさん出ていますしね。

この自然治癒力とは一体何なんでしょう?
ヒポクラテスは
「自然こそが最良の医者である」という
方法論を提示しました。
つまり、医者の主たる役割は
身体が持つ自然に治癒しようとする性質
助けることであり、医者は身体の働きを
観察し、治癒的な性質の妨げになっている
ものを取り除くこと
によって、結果として
身体はそれ自体で健康を取り戻すと言っています。

 

パルテノン神殿

 

あんたはすごいよ、ヒポクラテスさん。
自然に治癒しようとする力は誰にでも
備わっている。それを助け、それの
邪魔になっているものを取り除くって!
彼は自然治癒力を上げるとか高めるとか
全然言っていないんですよ!
(私は先日高めるって書いちゃいましたが(笑)

自然治癒力はある意味、エネルギーです。
ではエネルギー・氣はどうやったら
どんどん入ってくるでしょうか?
疲れすぎている方にはまず休息が必要
でしょう。(東洋医学的には、睡眠や
食事、呼吸などで氣を補充するのです)
そして、充分休んだらある程度身体を
動かしたほうがいいのです。

私的には、自然治癒力は
げるものではなくて上がるものだと
いう気がしているのです。
自然治癒力っていうものを上げようと
無農薬野菜食べてみたり、人参ジュース
飲んでみたり、サプリ飲んでみたり・・
それも本当に楽しんでやっているなら
いいでしょうが、これをしないと
上がらないという義務感でやるならば
あまり効果はないような気がします。

それよりも、自然治癒力を上げることは
脇に置いておいて、エキサイトするくらい
楽しめることをやったらいいんじゃない
かなと思うんです。
結果を気にしない純粋なパッションです。
純粋だから作戦としてやるんじゃないんです。
やりたいからやるんです。
自然治癒力を上げるためにじゃなくて
自分が楽しむためにやるんです。
え?楽しめることがないって!
その状態こそが自然治癒力下がってます(笑)
(そういう方はてるこの部屋にどうぞ)
自然治癒力は無理やり上げるものではない。
上げようと努力したって上がらない。
(大体、無理やりやってるのは苦痛系が動いている)
しかし、夢中になって何かを楽しんだら
勝手に上がるもの。楽しんだ結果としてね!

 

意識の扉を開くセッション
5月末日まで半額です
対面でもオンラインでも可
1時間20000円→10000円
2時間33000円→16500円
お申込みはこちらから


お問い合わせ
お問い合わせ

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME