魂の約束は完璧

アクセス・バーズ/催眠療法/鍼灸 [てるこの部屋]

魂の約束は完璧

杉並区西荻窪2分のサロン、てるこの部屋です。

 

 

昔のことです。知人を怒鳴らせてしまったことがあります。「私たちは完璧なんですよね?じゃ、なんで変わらなきゃいけないんですか?」悲しみに満ちたその人に、私はうまく答えることが出来ませんでした。

そもそもは心理的な方法で癌をやめたいということで体験しにいらっしゃいました。しかし、どんどん理屈に入ってしまい、セッションは思うようにいかず(もちろん、私の未熟さです)上記の言葉を出させてしまったわけです。実のところ、本当に私たちは誰もが完璧な存在です。しかし、自分自身が1ミリの疑いもなくそう感じていなければ何の役にも立ちません。事実や真実はどうこうという概念や知識の話ではなく「あなたが自分をどう思ってるのか?」それだけです。

つまり、意識レベルの問題です。癌などの一般的には難しいとされている病気をやめるには愛や感謝の意識レベル以上になることだと言われています(もちろん、愛や感謝の意識レベルになり、肉体を離れる選択をされる方もいます)。何かをやればいい(Do)ではなく、在り方(Be)ですから簡単ではありません。(自分を愛すれば病気は治る)などと口先だけで言うのは簡単ですが、なかなか愛のレベルは高いのです(愛はノージャッジです、てるこの部屋では在り方のセッションを行っています)。恥や罪悪感などの意識や在り方のままで「このままで完璧なんですよね?」とおっしゃっていても、そう思ってはいないことは当の本人は十分承知されていたでしょう。でも、うまくいかないもどかしさから上記の言葉が出てきたというところでしょう。そのまま継続出来ればよかったのですが、それきりいらっしゃらなくなってしまいました。

17段階の意識レベル  デヴィッドRホーキンズ博士

意識レベル    感情
1  悟り    言語を超えたもの
2  ピース   至福 ワンネスの感覚
3  悦び    平穏 思考を超えている
4  愛(感謝) 尊敬 ↑奇跡も起こるレベル
5  理性    理解 難しいものも癒えるレベル
6  包含    許し 
7  進んで   楽天的
8  中性    信頼
9  勇気    肯定 ↑達成可能なレベル
10 プライド  軽蔑 ↓達成が困難な意識レベル
11 怒り    憎しみ ↓比較・損得・善悪で判断
12 欲求    渇望
13 恐怖    不安
14 悲しみ   後悔
15 無気力   絶望(鬱、パニックのレベル)
16 罪悪感   非難(癌、難病のレベル)
17 恥じ    屈辱、みじめ(自殺のレベル)

 

様々な経験を踏まえて、今現在の私は「すべては完璧である」という視点に立てるようなサポートを始めています。これはそう思い込むことではありません。それを阻んでいる認識・信念体系を1つ1つ潰していくような根気がいる作業です。恐ろしく自分に正直になって、事実と解釈を明確に分けて、そして感情を感じることが重要です。そこを通り抜けないことには無理です。

 

 

昔、今は亡き夫がこんなことをチャネリングしてくれたことがありました。夫は見えない存在たちが見え、それらと話せる能力を持っていました。生前は疑って話半分に聞いていた私ですが、今はもったいないことをしたと思っています。完璧なメッセージばかりでした。夫は「僕が病気で知能が落ちてしまい、君に迷惑をかけ続けているのは、君の怒りと悲しみを解放するためだってさ」と言いました。認めたくはなかったけれど、そうでした。本当にそうだったんです。私には怒りと悲しみがありました。

私の父は知能が低い人でした。子どもから見ても頭が悪そうだと感じられました。愛想のいい人でしたが、半農半土方の仕事しか出来ませんでした。車の免許を取ることも出来なかった人です。田舎だから車は必要だったんですけれどね。また、母は統合失調症でした。そして、もう一人、母の弟も統合失調症患者だったので、なんと通院は小学生の私が付き添っていたのです!私は幼い頃から(たいへんなところに生まれて来ちゃったぞ)という自覚がありました。他の家の子どもみたいに普通に暮らしたい、親に甘えたい、何で私だけ頼りない大人たちの面倒を見なくちゃいけないんだという怒りと無力感にも似た悲しみがあったんです。そんなことは子ども時代で終わったと思っていました。優しい夫と結婚した時、不幸からはもう逃げ切れたと思ったんです。それがまた繰り返されるとは夢にも思っていませんでした。

しかし・・・繰り返す必要があったんです。なぜならばまた体験し、その感情を味わい尽くさなければエネルギーを解放することは出来ないからです。今生で解放できなければそれはきっと来世に持ち越すでしょう。私はそのように理解しています。ひどい話だって?いいえ、そうではありません。重い感情やエネルギーはこれからの時代には必要ないのです。それらがあるとやすらぎや愛、喜び、平和などの意識レベルに行くことは不可能なのです。ですから、また同じような状況に陥るということは完璧な采配です。もちろん自分が創り出しているのです。そして、私の怒りと悲しみを引き出すために夫はそういう役割を引き受けてくれたのです。私を救いに来てくれたと言ってもいいでしょう。1ミリの狂いもなく、すべてが完璧でした(もちろん最初はそう思えなかったし、全力で抵抗しましたよ)。

スピリチュアルな言い方をすれば、魂の約束です。お互いがお互いの信念体系を解放し、行けるだけの高みに行こう、行かせようとしている約束なんです。起きたことに何も悪いこともひどいことも間違ったこともなく、すべては完全なる調和のために起きています。その視点に立ったなら、すべてが癒しと成長の機会でしかありません。何が真実かということではありません。自分が真実だと思ったことが真実になるのです。きっとあなたにも魂の約束の相手がいます。あなたを困らせ怒らせ悲しませ、限界まで追い詰めてくれるその人がそうです。どうかあなたがその見事なまでの完璧さと深い愛に気づくことが出来ますように・・・

 

扉を開くセッション
事実と解釈を分け、ものの見方を変えていきます。「すべては完璧である」という視点に立った時、それまでの問題を問題と感じなくなるか、問題はなくなっているでしょう。お申込みはこちらからどうぞ。


お問い合わせ
お問い合わせ

PAGE TOP

ご予約はこちらから
当日のお申込みは空きがあれば、受け付けます。その場合は、必ず電話でご連絡をお願いします。
TEL:090ー4435ー9483
当院は女性専用です。男性はご紹介に限りお受けしています。
プロフィールFrofile
私の考えがわかるオススメ記事
鍼灸・遠隔ヒーリング
ご相談・お問い合わせ
癌や病気以外の方も催眠療法お請けします
よくあるご質問




MENU

CONTACT
HOME