ミッション:インポッシブル(どうやって可能にする?)

アクセス・バーズ/催眠療法/鍼灸 [てるこの部屋]

ミッション:インポッシブル(どうやって可能にする?)

杉並区西荻窪の治療院、てるこの部屋です。

 

 

また奇跡を起こしてしまいました。詳細は省きますが、ほとんど実行不可能な案件をクリアさせました。その道に詳しい方に「ああ~、それは無理ですね」と言われたのですが、私は全く無理な気がしなかったのです(←ココ大事)。実はこういうことはちょいちょい起こします。昨年もプリンタが壊れて、凄腕SEさんも直せなかったのに機械オンチの私が修復しました。また、私のアクセスバーズ講座を受講した方なら、言葉でトイレを直した話をご存じですよね?

どうやるかって?そりゃもちろん問いかけるんです閉じて固く重く縮こまったエネルギーをほぐしていくんです。閉じた部分を無理なくちょっとずつ開いていくだけです。どこからだったら開くか感知しながら問いかけていくのです。これだけです。

エネルギーがこんがらがっている時、なかなかうまくいきません。それをほぐすのです。そのセンスがたぶんピカイチなのでしょう(笑)というか、最近私自身の自己認識が固まっていません(笑)いつもほぐれているのです。ほぐれている時、柔らかいので変化しやすいのです。このほぐれているというのはある意味、ジャッジが少ないとも言えるでしょう。いい悪いではなく等価に見ているのです。なので、難しいとか簡単だとかの認識が薄れているのです。自分が難しいと決めれば難しくなってしまうだけのことです。ただ、これを思考で「難しくない、簡単だ」と思い込もうとしても無理なのです。努力すればするほど(今現在は違うのだ)という反作用を生んでしまうからです。

 

 

意味不明なことを書いていますが、最近の私の世界はこんな感じです。説明不可能な世界です。ただ感じます。感知しています。クライアント様のどこがどう固まっているのか、その心象風景が見えるのです。それを言語化して提示するだけです。「今、こんなんなってますよ。これ要りますか?もう要らないですか?」という感じです。

この感覚を皆様にお伝えしたいです。この感覚をキャッチ出来れば、うまくしかいきません。そういう認識になってしまうのです。弱者・被害者・犠牲者のフィールドから出て、100%当事者意識のフィールドに立つということです。今年も後半戦に入りました。あなたもそろそろ本気でステージを上げませんか?

 

 

扉を開くセッション
問いかけ言葉の鍼(痛くないですよ)や空間(これ、特徴です!)を使って意識をシフトしていきます。問題が問題でなくなります。お申込みはこちらからどうぞ。


お問い合わせ
お問い合わせ

PAGE TOP

ご予約はこちらから
当日のお申込みは空きがあれば、受け付けます。その場合は、必ず電話でご連絡をお願いします。
TEL:090ー4435ー9483
当院は女性専用です。男性はご紹介に限りお受けしています。
プロフィールFrofile
私の考えがわかるオススメ記事
鍼灸・遠隔ヒーリング
ご相談・お問い合わせ
癌や病気以外の方も催眠療法お請けします
よくあるご質問




MENU

CONTACT
HOME